人気ブログランキング |

タグ:DON WAS ( 2 ) タグの人気記事

黒かろうが白かろうが・・・

Rhythm Country & Blues

f0194599_1935175.jpg



これもピーター・バラカン音楽日記で取り上げられていたアルバム。プロデュースはドン・ウォズ。かっこいいアルバムタイトルそのまんまの内容。ジャケットもいいけど盤もいい。

f0194599_19355868.jpg



昔は黒っぽいものに入れ込んでいて、こんな感じで、カントリーなんてバカにして聞かなかったんだけど・・・



でもだんだんジャンル分けなんてものにこだわりがなくなくなってきた。


こんな曲もあったなあ・・・




そういえば、カントリーミュージックを描いた映画センチメンタル・アドベンチャークレイジー・ハートは、そのへんのBLUESを描いた映画以上にBLUESY・・・・
by mobydick67 | 2011-12-20 19:48 | ロックンロール

Blessed

ルシンダ・ウィリアムスの新譜がいい。前作Hal Willnerプロデュースの前作Westも傑作だったが、プロデューサーをDon Wasにかえた今作もまた傑作。Blues、Folk、Country、Rock、Alternativeといったカテゴライズをするりとすり抜けて、あくまでルシンダ節。湿っぽいのに乾いていたり、冷たいのに温かったり、怒っているのに泣いていたり・・・・

現在、全米ツアー中。

Blessed/Lucinda Williams







”I Don't Know How You're Livin' ”

I Cared for you
Dared to do
What I was never prepared to do

I've talked you down
Driven you around
All but followed you underground

I've defended you
Commended you
I've seen it through to the end with you

I've supported you
Encouraged you
Comforted and consoled you

I don't know how your livin'
I don't know where you are
And you may not be willing
To open up the door

If you should ever wonder
You shouldn't have to ask
Cos I hope you know brother
I've always got your back

I've paid for you
I've borrowed for you
I've planned all my tomorrows for you
I've believed in you
Grieved with you
I've rolled my sleeves for you

I've fed you
I've clothed you
I've loved you and stood up for you

I've sided with you
I cried for you
I put my knees aside for you

But I don't know how your livin'
And I don't know where you are
And you may not be willing
To open up the door

And If you should ever wonder
Well you shouldn't have to ask
Cos I hope you know brother
I've always got your back
I've always got your back


勝手に訳してみる。


「君がどうしているか知らない」

君のことを心配して
思ってもみなかったことを
やった

君を言いくるめて
追い回し
隠れるようにしてつけ回した

君の肩をもって
君を褒めたたえ
最後まで君と見守った

君を支え
君を励まし
君を元気づけ慰めた

いま君がどうしているか知らない
いま君がどこにいるのかもわからない
君もドアを開けたくないのかもしれない

もし迷うことがあっても
聞く必要なんてない
なあ、わかっている思うけど
いつも君の味方だから

君のために金を払ってきた
君のために金も借りてきた
君のために明日の予定をたててきた
君を信じてきた
君と一緒に悲しんできた
君のために腕まくりしてきた

君に食べ物を与えてきた
君に服を着せてきた
君を愛して君をかばったきた

君の味方をしてきた
君のために泣いた
君のために疲労困憊した

でもいま君がどうしているか知らない
いま君がどこにいるのかもわからない
君もドアを開けたくないのかもしれない

そして、もし迷うことがあっても
聞く必要なんてない
なあ、わかっている思うけど
いつも君の味方だから
いつも君の味方だから



f0194599_11451318.jpg


ジャケットやブックレットに使われているJames Minchin Ⅲという人の写真もいい。
by mobydick67 | 2011-05-27 11:55 | ロックンロール