タグ:梓久保林道 ( 2 ) タグの人気記事

奥秩父 さらに奥へ 2011/GW 1

今年のゴールデンウイークも奥秩父の奥深いところを歩いてきた。

2011年4月29日

早起きして電車を乗り継ぎ小淵沢へ。一本早い電車でくればここで早いお昼をゆっくり食べることができる。ひょいと食前酒にワインも・・・・

f0194599_11431320.jpg


中央線ホームの駅そばはまだ準備中だったので、改札を出たところの立ち食いで。天玉蕎麦。

f0194599_11432725.jpg



いつも連休中は観光客で混み合う小海線も今年はそれほどではない。信濃川上駅からは予約しておいたタクシー(川上タクシー)で町田市自然休暇村まで。去年と同じ運転手さんだった。料金は6000円。


11:20 出発。今年も去年と同じメンバー、息子、イジルと梓久保林道を行く。

f0194599_11452164.jpg



一つ目の作業小屋あたりで空は晴れているのに小雪が舞い始めた。

f0194599_1146168.jpg



12:20 歩き始めて一時間ほどで分岐に到着。ここを右にいけば岩屋林道(廃道)。今年は左の唐松久保沢の道を行く。

f0194599_11462628.jpg


f0194599_1156433.jpg


沢には幾つか堰堤がある。

f0194599_11464524.jpg


f0194599_1147895.jpg


1kmほど歩くと林道は消え、沢の右岸沿いの踏み跡を進む。テープがつけられ、ところどころに古い治山工事の後が残る。沢床に降りて歩くところもあり、ガレを嫌って左岸に渡渉するところもあるが水量が少ないので問題ない。

f0194599_11481874.jpg


さらに進むと下の写真の手前でテープは左岸から沢を離れるようにつけられていた。両門の頭かそれより少し国師ヶ岳寄りの縦走路に繋がっているのかもしれないが、もうこのあたりは尾根の北面で日陰なため、沢左岸は雪がたっぷり。たとえ踏み跡があっても深い雪の下。もう少し雪のない沢沿いをつめて高度を上げたいのでそのまま沢を詰める。

f0194599_11505931.jpg


f0194599_11532191.jpg



沢の水量も減ってきて、左岸の雪も増えてくる。沢の源頭方面には天竺尾根がのぞく。

f0194599_11522697.jpg



時計の高度計で2080m。もうあまり沢沿いを歩いているメリットもなくなってきたので、左岸に渡って進路を南東にとり、沢から離れ急な斜面に取り付いた。14:30。
by mobydick67 | 2011-05-03 11:59 | 奥秩父:山歩きと備忘録

梓川を遡って国師ヶ岳へ


ゴールデンウイークにイジルや息子と途中まで歩いた国師ヶ岳の北面の廃道、岩屋林道。そのときは途中から東にそれて縦走路にエスケープしたが、できれば途中にあるという岩小屋も見てみたいし、国師ヶ岳頂上までつめてみたい。沢沿いの道で中途半端に寒くなると装備選びが難しくなるので、10月の三連休、一人で歩いてみることにした。

2010年10月9日

4:30起床。
予報どおり小雨。京王線から中央線松本行に乗り継ぐが雨のせいか人は少ない。途中穴山駅で先の駅あたりの信号故障のため40分ほど停車。本来なら小淵沢駅で1時間弱の連絡で、ゆっくり立ち食い蕎麦でも食べるつもりだったが、小海線の発車時刻まで15分程度しかなく、かき込むように食べることに。結局、後続電車との連絡のため15分ほど遅れて発車。急いで食うんじゃなかった。信濃小海駅で降りたの登山者は私以外に二人で、金峰山荘の迎えの車に拾われた。私は遅れた電車を待っていたバスで梓山へ。

11:30 バス停の軒下で雨具を着てスパッツをつけ、小雨降る梓山を出発。「入山禁止」の幟が林立。きのこ採りの人向けとはいえ、歓迎されていない感じ。

f0194599_974222.jpg


梓川に沿って舗装路を登る。

梓湖。イワナが棲むという。

f0194599_993880.jpg



12:00 町田市民休暇村。舗装路はここまで。ここからは分岐右の梓久保林道をいく。熊鈴をつける。

f0194599_910024.jpg


f0194599_9102776.jpg



梓二号橋を渡って少しいくと卒塔婆が林立している。マカロニウエスタンでみたような不気味な風景。

f0194599_911344.jpg


鹿の食害から植林した幼木を守るための樹脂製の筒だった。

f0194599_9112247.jpg



12:45 一つめの作業小屋。この小屋は床は残っているけど屋根が落ちているのでビバークなどには使えない。

f0194599_9114258.jpg


作業小屋から少しいったところで30mほど下を流れる梓川本流に10mほどの滝が見えた。

f0194599_91237.jpg


分岐。「右 歩道 国師ヶ岳に至る」とある。

f0194599_914699.jpg



13:00 支流唐松久保沢を渡渉後、しばらく行くとゲート。施錠されている。

f0194599_9144850.jpg


f0194599_915797.jpg



ここからは路上につがなどの幼木が生え、人が造った道が少しづつもとの自然に戻り始めている。

f0194599_915377.jpg


f0194599_916363.jpg



東沢を橋で越えると道は少し傾斜がきつくなる。道の真ん中にきのこが好き放題に顔をのぞかせている。

f0194599_9165415.jpg


f0194599_9171155.jpg


f0194599_9173115.jpg



13:30 本流に架かる崩落した橋。ここは少し下流を渡渉して左岸に移ると、すぐにまた次の橋があり林道は右岸に戻るが、その二つめの橋は穴ぼこだらけで崩壊寸前なので渡らず、少し上流で渡渉したほうがいい。

f0194599_919176.jpg


沢沿いに少し進むとと二つめの作業小屋。ここは屋根が残っているのでビバークには使えそう。

f0194599_920879.jpg


苔むした踏み跡というよりは元踏み跡今獣道を進むとすぐに3つめの作業小屋。ここもかなり崩壊が進んでいる。

f0194599_9203548.jpg


小屋の左手には整地した林道跡が続くが、いまや針葉樹の幼木が密生している。

f0194599_9212545.jpg



しばらく藪をこいで進むと、梓久保林道跡は途絶える。ここからは沢の河床を歩くことになる。

f0194599_9215876.jpg



14:15 入渓。
by mobydick67 | 2010-10-14 09:26 | 奥秩父:山歩きと備忘録