人気ブログランキング |

タグ:川又 ( 3 ) タグの人気記事

奥秩父は遠くなったのか?  秩父方面バス事情の変化

別の記事にコメントとしても書き込んだが2010年9月30日をもって秩父鉄道観光バスが川又線を廃止、10月1日より秩父市営バス「川又線」として運行中。

秩父市HPの秩父市内路線バス案内からリンクの張ってあるバスの時刻表を検討してみた。

これまでの秩父湖~川又間の運行から、大滝温泉~川又間の運行に延長され、大滝温泉まで川又から乗換なしで行けるので、山行後の風呂&ビールは近くなったが、これまで1日6往復の運行だったのが、4便に減少。さらに往路(川又から入山時)に関しては、大滝温泉で乗り換えるにしても、秩父湖で乗り換えるにしても西武観光バスと秩父市営バスとの連絡はよくない。そしてこれが一番の問題だが、これまで往路は東京早朝発で西武線、(あるいは秩父鉄道)を乗り継けば、10:30には川又に着いていたが、これから通学日なら11:49、休校日なら11:39になり、復路に関してもこれまで終バスが17時台だったのがなんと通学日16:00、休校日15:30となってしまった。

川又から雁坂峠へと至る黒岩尾根道と秩父往還、甲武信ヶ岳へと向かう柳小屋経由の真の沢林道と股の沢林道、栃本から十文字越えなど、この奥秩父のどんづまりからは奥秩父主脈へと繋がるすばらしい道がたくさん伸びているが、歩く人はあまり多くない。秩父鉄道観光バス時代もこれまで乗ったときに自分以外に乗客がいることなど稀だったので、秩父市が市営バスとして引き続き運行してくれるだけでもありがたいことだが、登山時往路復路に利用するバスとしてはかなり利便性が低くなったことは否めない。残念、奥秩父が遠くなってしまった・・・・


と・・・・・ここまで書いて、先程の秩父市HPの秩父市内バス一覧を再度見ていて、なんか気になる文字が下のほうに・・・・

中津川線 三峰口駅~(大滝総合支所)~川又~中津川


おおおっ、なんと西武観光バス中津川行きの経由地に「川又」の文字が!!!これまで中津川行きは大滝の先で分岐してそのまま中津川に向い、川又を通過していなかったはずだが・・・・このへんの道路事情に詳しくないのでどのような経路で川又を経由するのかよくわからないが、これなら土休日なら三峰口8:50発に乗れば、川又着9:25とこれまでより1時間も早い!都内早朝発なら、8:50に三峰口に着くのは難しくない。平日でも三峰口9:40発川又10:15着という便がある。もちろん復路も川又発17時台がちゃんとある。でもこのバスって栃本は通るんだろうか?秩父往還を通って自由乗降区間ならいいんだけど・・・

でもとりあえず、これからはルー秩か扇屋に前泊か?とかタクシーか?とか心配したけど杞憂に終わってよかったよかった・・・


f0194599_1875098.jpg



なんだ、奥秩父、近くなったじゃん!
by mobydick67 | 2010-10-28 17:58 | 奥秩父:山歩きと備忘録

奥秩父縦走 さらに奥へ その4 柳小屋から川又へ



2010年5月5日 子供の日?いい歳してみんないい加減なガキです・・・


5:00 起床 

f0194599_2240893.jpg


外のベンチでイジルにコーヒーをご馳走になってから朝食。マカロニオニオンスープ。マカロニ茹で時間3分なので手早くて便利。コーヒー。
今日は急ぐ必要がないのでゆっくり出発。

6:40 出発

小屋からすぐの入川本流左岸の狭いへつって通るところは単管とアルミ足場板で補強してあった。右に入川を見下ろしながら沢を高巻くトラバース道を進む。

ぽかぽか陽気、春の気配の濃い山道を歩く。

f0194599_224136.jpg


先を急ぐ必要はない。

f0194599_22403665.jpg


f0194599_22424811.jpg


前日のことを思えば目を瞑っていても歩けそうな程度だが、この柳小屋~赤沢の出会いのあいだの道もあまり整備されていなくて、谷筋は崩落していたり倒木が多く決して良い道とは言えない。ただそのぶん幽玄な森の雰囲気を堪能できる。

f0194599_22414377.jpg


f0194599_22431562.jpg


f0194599_22422997.jpg


f0194599_22435218.jpg



下るにつれ、花が咲き新緑が芽吹く。

f0194599_22443379.jpg


f0194599_22445719.jpg


f0194599_2332396.jpg


f0194599_22454410.jpg


ここまで来るとあと少し。森林軌道跡の道をゆく。左の「山道」と記され道は白泰沢沿いの道。地図ではかなり奥まで道が付いている。一度歩いてみたい。

f0194599_22461358.jpg


9:20 赤沢の出会い。山道はここまで。ここからは新緑の中の散歩。

f0194599_22463839.jpg


f0194599_22471938.jpg



途中管理釣り場の食堂で缶ビールを買って乾杯。歩きながら飲む。少し行ったキャンプ場の管理棟では生ビールを売っていて、こちらにすればよかったと後悔。

f0194599_22481570.jpg


f0194599_22475577.jpg



11:10 川又。扇屋では定番のはちみつをお土産に。蜂蜜通の息子が言うにはここのやつはいろんな味がして美味しいらしい。

f0194599_22485038.jpg


秩父鉄道バスに乗り、秩父湖で西武観光バスに乗り換え、大滝温泉へ。汗を流したあと休憩室で念願の生ビール。乾杯。お子様はアイスクリーム。

f0194599_224995.jpg


連休最終日、観光客で混み合うバスに乗り秩父市街へ。
西武秩父駅の仲見世で焼き鳥。ビール。乾杯。ここの焼き鳥屋台のお兄さんはとても感じが良くてついつい買ってしまう。

足りないので秩父ワインも。源作印。乾杯。美味。いじると息子が買ってきてくれた皮が固めの美味しい稲荷寿司。

f0194599_22494529.jpg



みんながいい感じになってきて、よっちゃんもいつもの調子になってきたところで、徳さんも誘って、夜の秩父の影の手配師といわれているKさん(??)にもご登場願って・・・

高砂山。開店前に並んだ。

f0194599_22502266.jpg


すぐに川上さんと徳さんが合流。乾杯。乾杯。

f0194599_22504785.jpg



次へ・・・

f0194599_22544330.jpg


菜苑沢。乾杯。

f0194599_2255625.jpg


f0194599_22552360.jpg



川上さんいろいろ心遣いありがとうございました。徳さんごちそうさまでした。

山も危険だが、秩父の夜も危険。下手するとまた家に帰れなくなってしまう・・・・
私と息子、イジルは後ろ髪引かれる思いで赤い矢最終便で秩父を後にした。


友や息子と奥秩父の一番深いところを静かな山歩き。楽しい秩父の夕べ。満喫。

あまりに濃い山行だったため、未だに体だけ街にあって頭と心はあっちのほうにある感じ。取り戻すためまた行かないと。



ちなみに、お気に入りのこのサイトでも最近秩父がとりあげられた。今度下山したときはこっちの秩父鉄道秩父駅あたりを攻めてみるか・・・
by mobydick67 | 2010-05-16 23:04 | 奥秩父:山歩きと備忘録

冬の甲武信ヶ岳 3日目

2009年1月12日

5:00起床。少し曇り

昨夜ひまなので地図を見ながら下山路を検討したが、突出峠経由は道があまりよくないのでパスしたい。甲州側沢伝いの道は帰路の交通機関が往路と同じでつまらない。黒岩尾根はこれまで通ったことはないが、よく整備されていると以前ここの小屋番の方に聞いていたので黒岩尾根経由で川又まで向かうことにする。

アルファ米の五目御飯、コーンスープ、コーヒーの朝食を済ませ、5:40まだ暗いなかヘッドランプを点けて雁坂小屋を出発。

道は、しっかり幅もありよく踏まれているので雪があっても気にならない。念のためアイゼン着けて出発したが、ゆっくり歩くならなくてもどうにかなりそう。できれば川又9:00のバスに間に合わせたいので走るようにして下る。

f0194599_1841514.jpg


日が昇ると尾根の東側側をトラバースする道からは進行方向に和名倉山、右側に秩父主脈の稜線がシルエットになって浮かぶ。さらに明るくなってくるとその稜線の秩父側の険しい山腹がよく見えた。雪はところどころ溶けてなくなっているところもあるが、積もっているところで30cmくらい。

f0194599_18412246.jpg


8:10 林道終点着。林道に着くと雪が降り始めた。

8:20 豆焼橋を通過。橋からは豆焼沢を挟む渓谷の絶景を眺めることができる。ここでもう9:00のバスはあきらめる。

f0194599_18423893.jpg


途中、秩父名水ゴボゴボ水の水場、雁道場からのショートカットルートの終点などを通りすぎ、歩き難い舗装された林道を1時間以上あるいてやっと9:30に川又バス停に到着。スパッツを取ったりアイゼンをザックのなかにしまったりして身支度をと整えるが、次のバスは11:20までない。待っていても寒いので秩父湖まで歩いてみることにした。直線距離で5kmくらいだろうか。いつもはバスで通りすぎるだけの秩父往還を歩くのもよいだろう。10:00川又出発。

栃本の白泰山、十文字方面への登り口。

f0194599_18433244.jpg


道は舗装されているが雪がけっこう残っていて通る車はほとんどなかった。
途中2,3度土地の人とあいさつを交わしたが、秩父湖まで歩くというとみんな親切に道を教えてくれた。

11:35 結局途中でバスに追い越されそうなので秩父湖の二つ手前の停留所、麻生でバスを待って乗った。

f0194599_1844843.jpg


秩父湖から三峰口行きのバスに乗り、いつもは途中下車して大滝の日帰り温泉に寄るのだが、帰りが遅くなりそうなのでそのままパスして三峰口で下車。
腹がへったので前から気になっていた駅前の福島屋で天ぷら蕎麦とビール。旨くて安い。
店内の柱、梁には三峰神社の厄除けなどいろいろな護符がたくさん貼ってある。セットになっていて貼る向きなどが決まっている護符もあるそうだ。安いがよく効く護符らしい??

f0194599_18443986.jpg


その後電車を乗り継ぎ夕方無事帰宅。
by mobydick67 | 2009-01-16 18:33 | 奥秩父:山歩きと備忘録