カテゴリ:自転車( 75 )

MICHELIN PRO3 SERVICE COURSE

昨年末にGHISALLO305のタイヤを交換。1年あまり、5000km前後走ったHUTCHINSON FUSION3からMICHERIN PRO3へ。PRO4の発売で型落ちして安くなっている。色はピンク。派手かなと思ったけど、意外に赤より落ち着いて見える。

MICHELIN PRO3 SERVICE COURSE PINK 700×23C 重量:204g(実測)

f0194599_22343690.jpg


これもおフランス製だけど、やはりムダ毛の処理がいまひとつ。

f0194599_22345523.jpg


1年も乗ってへたったタイヤとの比較はフェアではないが、やっぱり新しいタイヤはいい。多少無理な制動をかけても後輪がドリフトしなくなった。



話は変わるが、タイヤを交換する少し前にコケた。帰宅時、家まで自宅まであと数メートルのところで歩道に乗ろうとハンドルを切ったときパン屋で買ってメッセンジャーバッグに括りつけておいたフランスパンの入った袋が前にまわってどこかに引っかかって急に止まってコケた。


代えたばかりのフィジークの銀色のバーテープが破れ・・・

f0194599_22362250.jpg


大事にしていたBROOKS SWIFTに傷・・・

f0194599_22365960.jpg


お気に入りのファイントラックのアルパインストームゴージュパンツが破れた・・・

f0194599_22374829.jpg


バーテープは再交換、サドルは油を塗りこんで目立たなくし、パンツは繕ってもらった。怪我はなかったが、がっくり。近くてすぐだからといい加減な荷の持ち方をしていたので、自業自得。以後気をつけます。



2012年1月5日現在

総走行距離:14850km
by mobydick67 | 2012-01-05 22:40 | 自転車

タイヤを交換する

今GHISALLO305に履かせているタイヤハッチンソン HUTCHINSON FUSION3はとても気にいっている。濡れた路面でも滑ることのないグリップ力、柔らかい乗り心地と軽さ。走行中のパンクゼロ。初めてもう一度買って使ってみたいと思えるタイヤに出会った。不思議だが、山を歩く時に履く靴はサイズがあっていて足首のサポートさえしっかりしていれば何でもいいというくらいにこだわりがなく、実際どんな靴を履いても重さ以外に気になることはないのに、自転車のタイヤはタイヤによって全然乗り心地が違ってあれのここがいい、これはだめとか感じることが多い。足は体のなかでも鈍感な部位なのかもしれない。

話がそれてしまったが、そんなHUTCHINSON FUSION3も使い始めてほぼ1年。耐久性もなかなかだが、最近はさすがに無理な制動をかけると少し後輪がドリフトするようになった。目を近づけてみてみるとそれなりに摩耗、劣化してきた。

前輪

f0194599_215632.jpg


後輪

f0194599_2152159.jpg



もう次のタイヤは備蓄してあるが、別メーカーのもの。もう少しこのタイヤを楽しみたいので(それにケチなので)、前輪と後輪を交換してみた。使用して伸びているせいか、タイヤレバーを使うことなく楽々交換できた。所要時間も20分程度。交換後は気のせいかもしれないが少しグリップ力も蘇ったように感じる。こんな事ならもっと早めに、そしてもっとまめに前と後を交換しておけばよかった。もう手遅れかな・・・
by mobydick67 | 2011-10-15 21:07 | 自転車

秋、自転車通勤日和

吹く風も冷たくなり、空気も乾き、汗もすぐ乾く、自転車日和が続く今日此頃。


週刊 ダイヤモンド 2011年 9/24号 の自転車特集、立ち読みしてみた。すごいなあ。仕事のできる男は自転車に乗るぜ!みたいなノリ。いい風潮だと思うけど、自分にはあまり関係ない世界。


とりあえず、ボチボチ自転車通勤続けてます。


GHISALLO305もちょこちょこと部品換えたり、換えた部品について思ったこともあるので備忘録としていろいろ。

8月初旬にヘッドのスペーサーをダイアコンペ ホワイトカーボン製スペーサー 1インチに交換。カーボン全盛時代なので唯一のカーボンパーツとして導入。軽量化?いや気分です。見た目以外に何の実感もないけど、見た目も大事。

f0194599_2149297.jpg




同じく8月初旬にサドルバッグをTIMBUK2【ティンバックツー】 バイクシートパッグ Mサイズ ガンメタルに交換。以前はは遠出するときだけLEZYNE(レザイン) L-CADDY サドルバッグにいろいろ詰め込み、通勤時は替えチューブやポンプはショルダーバッグにまとめて入れておいたが、今はこの小さなやつに携帯工具1、替えチューブ1、パッチセット1、タイヤレバー2、ミニポンプ1を無理やり詰め込んでつけっぱなしにしている。サドルとレールがかなり離れているので、ここにワイヤー錠をサドルに付属していたサドルカバーでぐるぐるまきにして突っ込んである。

f0194599_21511922.jpg


9月初旬にチェーンを交換。前と同じSHIMANO 105 CN-5600 Chain。自分で交換するのは2度目。少し馴れた。ほぼ4,000km毎に交換というペース。これで駆動音がほとんどしなくなりとても快適。〇〇とチェーンは新しいほうがいい(小声で)。


BROOKS サドル SWIFT TITANIUMはここにきてやっと尻に馴染んできた(あるいは尻がサドルに馴染んだ?)。触るとケツの骨があたるところにうっすらと窪みができている。2週間に一度くらいオイルを表に薄く塗りこんで手入れ。ちなみに夏に実家に帰ったときは手頃なオイルがなかったので、メンソレータムで代用。メンソールがほのかに香るサドル。そういえば、純正オイルはシトロネルの香りがするけど、あれはなぜだろう?皮に虫がつくのを避けるため?

f0194599_21552665.jpg


f0194599_21561886.jpg



VP One ハーフトゥクリップ<VP-700>(ホワイト)。調子いい。効果もあると思う。でもペラペラのプラスチックで、かなりくだびれてきて貧乏くさいので、 MKS HALF CLIP DEEP Leather かちゃんとしたトゥクリップを付けたいけど、そうするとペダルごと交換の必要があって予算が嵩む・・・・


f0194599_21581712.jpg






そんな感じでちんたら走ってます。



総走行距離:13525km
by mobydick67 | 2011-09-27 22:00 | 自転車

島を北へ

8月6日

原爆の日。これといった目的はないが、海沿いに広島市街まで行ってみようかと思って10:00頃にロードバイクに乗って広の実家を出た。海沿いに県道66号をいく。

f0194599_17103186.jpg


音戸渡船乗り場を通ると、無性に渡船に乗りたくなったので目的地を倉橋島方面に変更。

f0194599_17105039.jpg


f0194599_1711290.jpg


5分も待ったら船が着いた。自転車と大人一人で90円。客は私一人。対岸までの3分ほどの贅沢な船旅。

f0194599_17112580.jpg


f0194599_17114281.jpg


f0194599_17121830.jpg


f0194599_171314.jpg


音戸側に着いたら、工事中の第二音戸大橋の下をくぐって、反時計回りに海沿いの道を走る。狭い道を車がけっこうとばして走るので注意して走る。

f0194599_1713201.jpg


音戸田原漁港

f0194599_17135523.jpg


f0194599_17141281.jpg


早瀬から先は昨夏走ったので、早瀬大橋を渡って江田島方面に向かう。

f0194599_17144342.jpg


f0194599_1715315.jpg


橋を渡ったらまた海沿いの道を北へ。

f0194599_17154362.jpg


柿浦港

f0194599_1716569.jpg


この先県道44号は海から離れる。飛渡瀬交差点で右折して県道299号に入り、ちょっとした丘を超えてまた海沿いにでる。

f0194599_17164434.jpg


下りきったところに広いは基地があって、珍しいものが・・・

f0194599_1717145.jpg


「海上自衛隊 呉造修補給所工作部 エアクッション艇整備科」と看板にある。ホバークラフト艇基地。子供の頃、瀬戸内ではホバークラフトの高速連絡船航路がたくさんあって、乗ったこともあるが、久しぶりに見た。かなり大きい。

f0194599_1719465.jpg


またここから海沿いを北に向かう。299号は車もほとんどいなくて走りやすい。

f0194599_17195715.jpg


秋月港

f0194599_8583761.jpg


が、この先をこのまま海沿いを行こうとすると米軍基地に阻まれる。

f0194599_1721530.jpg


米軍秋口弾薬庫。こんな呉の海上自衛隊基地のほぼ対岸に米軍基地があるなんて知らなかった。しょうがないので、Uターンして基地を迂回する山道を行く。

f0194599_17222138.jpg


海をはさんで手前が米軍弾薬庫、むこうが海上自衛隊のイージス艦や潜水艦の基地がある呉湾。

f0194599_17215539.jpg


かなり広大な敷地を山道で迂回して下ったところが、江田島小用港。12:00。

f0194599_17225293.jpg


ここからは呉や広島とフェリーや高速船で結ばれている。高速船には自転車を持ち込めない。次の呉行きのフェリーは14:47発。かなり時間があるのでとりあえずお昼ごはんを食べることに。街を自転車でまわって最初に見つけたお好み焼の暖簾をくぐった。

f0194599_17243867.jpg


3人も座ればいっぱいになる鉄板一枚と二人掛けテーブル一つの小さい店で、客は近所のおばさんが二人。年季の入った鉄板でお好み焼を焼いているのもおばさん。そば肉玉、410円也。ワンカップの空き瓶に入れて出された氷水が旨い。もちろんお好み焼きも旨いのは言うまでもない。

フェリーで戻るにしてもまだ時間があるのでもう少し先に行くことに。さらに北に向かう。ここからは小さなアップダウンとトンネルが続く。途中天応行きフェリーの看板がったので、港に向かう。

f0194599_17272840.jpg


切串港。江田島のほぼ北端。

f0194599_17284119.jpg


f0194599_1729674.jpg


待合室に入ってみたが、広島行きの時刻表はあるが、天応行きの時刻表がない。売店で訊ねると天応行きのフェリーは少し離れた別の港から出るという。道を訊いてそちらに向かう。

自転車で5分ほどの少しわかりにくいところにもう一つの切串港フェリー乗り場はあった。

f0194599_17295453.jpg




次のフェリーは14:14発。30分ほど待てばいい。乗船券大人280円、自転車120円。待合室前には自転車ラックもある。他にローディーも一人。

f0194599_1732057.jpg


f0194599_17305594.jpg


f0194599_17313673.jpg


着いたフェリーに乗り込み、ワイヤーロックで自転車を固定し2階デッキへ。

f0194599_1732465.jpg


f0194599_1733957.jpg


僅か20分弱の船旅。天応の呉ポートピアについた。ここからは交通量の多い国道31号で呉市街地へ。

この日は土曜日で土曜夜市の準備が進んでいたが、昔ほどの賑わいはない。銀座デパートの跡地も長いあいだ駐車場になったまま。歓楽街も休業中の店が目立つ。

f0194599_17341122.jpg


f0194599_17343955.jpg


山。山か。そこに山があったら登りたい。夜になったら出なおしてくるか?

f0194599_17455474.jpg






呉シネマもとうとうこの春閉館したようだ。

f0194599_1735548.jpg


f0194599_17352185.jpg


f0194599_17353969.jpg


このあと休山新道トンネルができて車の往来が減った呉越を超えて実家へ。



海沿いのサイクリング、船旅、賑わいを失った街・・・・いろいろ堪能・・・・


走行距離: 65.4km
by mobydick67 | 2011-08-07 17:54 | 自転車

とびしまぐるぐる 2


この岡村島もぐるりと廻ってみたかったが、帰省して上蒲刈の県民の浜に泊まっている妹一家と息子と昼食の約束をしているので、帰路を急ぐ。往路は各島の南面の道を来たので、復路は北面の道を行く。

f0194599_20343068.jpg


f0194599_2035762.jpg


f0194599_20352384.jpg



12:00 県民の浜着。昼食は、妹一家総勢5人と息子、私でわいわい賑やかに。お昼からお刺身とかいろいろご馳走。ビールも・・・。本当はこのあと一人別れて温泉に入って帰る予定だったが、勢いで海で泳ぐことに。

f0194599_20354512.jpg


f0194599_203677.jpg


f0194599_20363821.jpg



二時間ほど泳いで、遊んで、みんなと別れ近くの温泉で少し休んで帰路につく。

f0194599_20384038.jpg


f0194599_20392093.jpg


f0194599_20394853.jpg


西日をに向かって海沿いの道を走る。

f0194599_204093.jpg


f0194599_20402716.jpg


f0194599_20413443.jpg


途中、祖母のいる介護施設によって顔を見せて、17:00実家に戻る。



走行距離:105.46km



いいなあ、とびしま海道。今年のオレンジライド開催日程が決まり、エントリーも始まったようだ。

安芸灘とびしま海道オレンジライド2011

一人で走るのが好きなので、参加しないと思うけど・・・・
by mobydick67 | 2011-08-06 20:46 | 自転車

とびしまぐるぐる 1


8月4日 とびしま海道を自転車でぐるりぐるりと周遊してみた。

7:40 実家を出発し、海沿いに長浜、小坪経由で安芸灘大橋へ向かう。仁方第二トンネルは車道ではなく歩道を走る。

f0194599_192150.jpg


f0194599_1921552.jpg



8:20 安芸灘大橋は自転車、歩行者は無料。

f0194599_1923114.jpg


今、橋がかかっている女猫の瀬戸には子供の頃、橋ができるずっと前に、何度か釣りや泳ぎに来た。泳いで沖に出て潮に流されて、いまは本土側の橋脚がある女猫島になんとかたどり着き、通りかかった漁船に浜まで運んでもらったり、釣りをしていて野良犬に追いかけられた友人が磯から落ちて顎に大怪我をしたり・・・悪ガキ時代の思い出、懐かしい。

f0194599_1932297.jpg


f0194599_1943369.jpg


下蒲刈島を反時計回りにぐるりと廻る。快晴。沖縄にには台風が接近しているようだが風は微風、走りやすい。

f0194599_195383.jpg


f0194599_1951870.jpg


中古船売り場?船の墓場?

f0194599_1953797.jpg


梶ヶ浜

f0194599_1955780.jpg


すれ違う車もほとんどない。夏の海岸沿いの道を独占。

f0194599_1962285.jpg


9:10 蒲刈大橋で上蒲刈へ。南面の道を走る。ここらは県民の浜へ向かう車が少し増える。

f0194599_197332.jpg


県民の浜方面へは向かわないで、豊島大橋へ。島と島を結ぶ橋はたいてい高いところについているため、橋の前はちょっとした昇り坂、後は気持ちのいい下り坂になる。

丘から望む大浦港集落。

f0194599_1983645.jpg


9:30 豊島大橋で豊島に渡る

f0194599_1910243.jpg


f0194599_19102267.jpg


豊島も南側の道を反時計回りぐるりと廻る。

f0194599_1911064.jpg


f0194599_19112881.jpg


f0194599_19114964.jpg


内浦港

f0194599_19121242.jpg


f0194599_1913385.jpg


f0194599_19132777.jpg


f0194599_19135864.jpg


10:00 豊浜大橋を渡って大崎下島へ。ここも南側の道を行く。

途中大浜集落で、自転車を停めて写真を撮っていたら、日陰で休んでいておばあさんたちにこっちで休めと声をかけられたので、家と家の軒に渡した葦簀の下で一緒に休ませてもらうことに。

f0194599_19161094.jpg


「暑いねえ」「どっからきたん?」「何歳ね?」「おばさん一人?」「家は広のどこねぇ?」・・・・とよもやま話に加わる。みんなが食べていたアイスモナカを、ここで雑貨屋を開いている90才の竹田さん(上の写真左奥)にごちそうになる。

f0194599_19172371.jpg


喋っているとこっちに来いと路地の奥のほうに手を引かれ、かつてはみかん倉庫(この大崎下島はみかんが名産。「大長みかん」で有名)だったところを見せてもらい、さらに住んでいる家の仏間にも上がって、数年前に亡くなられたご主人の勲章や仏壇なども拝見。ご主人は戦地で足を撃たれ、傷痍軍人だった話などを聞いた。私の祖母も今93才で、戦争で夫(私の祖父)をなくしたことなどを話す。写真も是非とってくれと言われたので、撮らせてもらった。

f0194599_19195589.jpg


f0194599_19225923.jpg


そうやっておばあさんとたちと話をしているのも楽しいが、まだ先があるので、また来たら必ず寄りますと告げて出発。いろいろありがとうございました。

f0194599_19232749.jpg


沖友の集落では古い木造船が陸に上げられていた。子供の頃はこんな木造船がまだたくさん使われていたのにいつのまにかなくなってしまった。

f0194599_19241847.jpg


f0194599_1926277.jpg


11:00 御手洗

f0194599_19244154.jpg


f0194599_19253092.jpg


大長

f0194599_19263885.jpg


このあと、平羅橋で平羅島、中の瀬戸大橋で中之島、岡村橋で岡村島へ

f0194599_1929551.jpg


f0194599_19294034.jpg


f0194599_19295848.jpg


f0194599_19301517.jpg


11:10 愛媛県今治市岡村島 

f0194599_19303576.jpg



ここで折り返す。
by mobydick67 | 2011-08-05 19:34 | 自転車

輪行でGO!

今日から休みで広島の実家に帰省。天気も良いようなので、GHISALLO305も輪行で持ち帰ることにした。

まずは東京駅まで。電車だと途中私鉄からJRに乗り換えがあり、改札通ったり、階段上がったり降りたりが面倒なので、東京駅まで自転車で走ることに。PCや着替えなどが入った背中のバックパックが少し重いが、かかる時間も変わらないし、自転車を担いで歩くことを考えたらこのほうがずっと楽。

東海新幹線の乗り場の近い八重洲口側で自転車をばらして、輪行バックに入れる。パッキングには10分もかからなかった。

f0194599_2147599.jpg


f0194599_2147294.jpg


乗車券を購入して、ホームへ。まだ早朝で新幹線も混んではいない。自転車は車両客室内の最後方の座席の後ろに収納。

f0194599_21475164.jpg


広島駅で呉線に乗り換え。ここでも一番後ろの車両の運転席のすぐ前に輪行バック付属の肩がけストラップを伸ばして、ミニカラビナで手摺りに固定。

f0194599_21482525.jpg


自宅最寄り駅で、輪行袋から自転車を出して組み立て、自宅まで走る。

f0194599_2149618.jpg


f0194599_21492462.jpg



輪行も回を重ねると(といってもまだ3回目)、パッキング、自転車の置き場所などの要領がつかめて楽になる。慣れが大事。まずはやってみること。
by mobydick67 | 2011-08-03 21:52 | 自転車

ハーフトゥクリップを復活させてみる


ペダルが鳴くせいで、導入を断念したハーフトゥクリップ
を無理やり復活させてみた。

f0194599_8574865.jpg


MKS COMPACTの反射板取り付け用の溝よりVP ONE ハーフトゥクリップ VP-700 (ホワイト)の取り付け面の幅が若干広いので、そこをカッターで削って、取り付け用のバカ穴も少し広げて無理やり装着。ネジで固定されている部分が狭くなってしまったけど、別に割れたら割れたでダメもとだし、走行中に割れたからといって危険なわけではないのでよしとする。

f0194599_8581127.jpg


とりあえず、1週間くらい乗ってみたが問題はない。というか、前のダメなペダルより前後の幅が狭いせいか足の親指のつけねがぴったりペダルの芯にきてとても踏みやすい。快調。最初からこうすれば良かった・・・
by mobydick67 | 2011-07-28 09:00 | 自転車

ペダルを交換してハーフトゥクリップを導入してみる


ペダリングの効率をよくできないかとトゥクリップの導入を少し前から検討。が、クリップとバンドのフルバージョンをいきなり試すのも怖いので、足の着脱の簡単そうなハーフトゥクリップから試してみることに。GHISALLO305購入時からずっと使っているMKS COMPACTにも反射板用の穴を使えば取り付けることもできそうだが、反射板用に2、3ミリの溝がきってあるのでそこのあいだにワッシャーかなにかをかませないと無理そう。せっかくなのでペダルも交換することにした。海外通販サイトで値が下がっていたものをブルックスのサドルなどと一緒に購入。

NC-17 Trekking Pro

f0194599_0165470.jpg


f0194599_0171066.jpg


左 NC-17 Trekking Pro  124g
右 MKS COMPACT      117g (いずれも片方)

ロード用というよりはツゥーリング、MTB用か?ちなみに三ヶ島製にも似たようなデザインのものがあるが、同じアルミ製だと値段が倍以上。


ハーフトゥクリップもとりあえず安い樹脂製もの。

VP ONE ハーフトゥクリップ VP-700 (ホワイト)

f0194599_020243.jpg



最初こそ漕ぎ始めたあとにペダルを少し蹴って回してつま先をクリップのなかに入れるのに手間取った(足まどった?)がすぐに馴れた。足がたとえ緩くても固定されて踏む位置が決まるのは気持ちがいい。漕いでみた感じはもちろん引き足が使えるなんてことはないが、前に足を回すときの力は活かされているような気もする。引き足というよりは「つま先足」という感じか。ちなみにペダルが前にあるときにハンドルを大きくきるとタイヤがあたって干渉するが、走行中にそんなに大きくハンドルをきることはないので、問題ない。


だが、通勤で5、6日、距離にして200kmほど乗った頃から右側を強く踏み込むたびに音がするようになる。付け方が悪かったのかと思いクリップを外して付け直したが音は消えない。で、クリップをとって乗ってみたが、それでもまだ消えないのでので、原因はペダルのようだ。ペダルを取り外してネジを外して分解。再度組み立ててみた。音が消えた。が、また2、3日するとミシミシ・・・。ということでNC-17は却下。もとのMKS COMPACTに戻した。

NC-17 Trekking ProとMKS COMPACT、鳴る鳴らないは別にして単体だとMKS COMPACTのほうが踏み心地はいい。最初GHISALLO305買ったときに、たかがペダルなのに随分高いなあと思ったけど、こうやって2年経って初めて他のペダルと比べてみると値段だけのことはある。

結局、いろいろ手間がかかったが、ペダルにかける金をけちったせいで、元の木阿弥・・・・・・トホホ。
by mobydick67 | 2011-07-22 00:23 | 自転車

羽田へ

潮の匂いが嗅ぎたくなったので、午後遅くに自転車で出かけた。家から一番近い海、東京湾の羽田へ。多摩サイを下って終わった先をトンネルでくぐってさらに南に進み、多摩川河口近くまで。

f0194599_2341343.jpg


f0194599_2342952.jpg


と、かっこつけてみたけど、空港のターミナルまで辿りついたところまではよかったが、なかなかその近辺の敷地から抜けることができずグルグル。違う道で戻ろうと思っていたが、自転車では走れない道ばかりで結局きたとき通ったトンネルでこちら側に脱出したころには日は西に傾いていた。

f0194599_2353148.jpg



帰りは急ごうと思って環八経由で帰ったが、行楽帰りの車で渋滞・・・




いしだあゆみシングル・コレクション 番外篇

アワー・コネクション / いしだあゆみ&ティン・パン・アレイ・ファミリー 


文句なしの名盤。いしだあゆみ・しんぐるこれくしょんに全曲いれてしまったのは、ちょっと野暮だ。
by mobydick67 | 2011-07-10 23:07 | 自転車