あの山を越えてみんなに会いに行く 

先日、山の宴に招いていただいた。ただ行くだけではつまらないので山を越えて歩いてみることにした。

2012年3月2日

一番早い電車に乗って奥多摩へ。平日、雨模様、奥多摩駅で降りた登山客は自分一人だけ。小雨降る道を登山口へと向かう。いつものように羽黒神社で身支度。フリースを脱いで、スパッツをつけ、ストックを準備。

f0194599_23594321.jpg


8:40 石尾根登山口

少し登って尾根に乗る手前あたりから、踝程度の雪。3日ほどまえに都心でも降った雪がかなり残る。往復一つずつトレースもある。

f0194599_0091.jpg


少し歩くと雨がみぞれになり、霧がたちこめてきた。寒いけど、いい雰囲気。途中菓子パンとコーヒーで昼食。10本爪のカジタのアイゼンを着けて少しスピードを上げて、尾根通しに進む。

f0194599_00596.jpg


f0194599_011420.jpg



13:00 鷹ノ巣山 誰もいない。

f0194599_012958.jpg


鷹ノ巣避難小屋で、歩き始める前に脱いだフリースをヤッケの下に再度着用。ストックのバスケットをスノー用の大きいやつに交換。ここまであったトレースは巻き道のほうに進んでいるが、もちろん尾根筋を行く。

f0194599_0214100.jpg


日陰名栗峰

f0194599_023748.jpg


14:50 高丸山

雪は雨になったりみぞれになったりまた雪にもどったり・・・・積もった雪も少し深くなり・・・・霧はいっそう濃くなる・・・・

f0194599_0399.jpg


千本ツツジ

f0194599_033384.jpg


七ツ石山の手前の鞍部で再びトレースが復活。嬉しいような残念なような・・・・


16:00 七ツ石山

下りきったブナ坂から先はかなり積もった雪にくっきりと刻まれたトレースを辿りながら先へと進む。奥多摩小屋の幕営地にもテントはゼロ。

f0194599_041276.jpg


そのまま先へと進み、小雲取を超えたあたりで暗くなってきたので、鞍部の道の脇の倒木の陰を今夜の宿に決めた。結局歩き始めてからここまで誰にも会わなかった。整地してテントを張り終えたらもう17:30を過ぎていた。テントはBIG AGNES COPPER SPUR UL1。保温性の期待できないインナーは省略してフットプリントとフライだけ。

f0194599_04422.jpg


とりあえず雪を溶かして湯を沸かしつつ、ワンパターンのつまみを温めながらボンベイサファイアを・・・・

f0194599_06313.jpg


ラジオで明日の天気を確認。今晩は荒れるが、明日の昼頃には晴れ間もでるらしい。iPodでゴキゲンな音楽を聞きながら杯もすすむ。

OUT OF THIS WORLD / JINO WASHINGTON


腹が減ったのでラーメンを作って食べた後に飲み直していたらすぐに眠くなって寝てしまった。



が、夜中1時頃に寒くて目が覚めた。今回はテントもペラペラ、マットもモンベルのU.Lコンフォートシステムパッドの一番短いやつだけ。寝袋はいつものモンベルU.Lダウンハガーの旧3番にゴアのシュラフカバー。カイロも持参していない。外に出てみると、風がビュービュー、雪が舞っている。このままだと寝つけそうもないので、湯を沸かしてペットボトルに入れて湯たんぽを作って懐へ入れると、なんだか幸せな気分になり、またジンに手が伸びて・・・・つまみも温めなきゃ・・・・喉が渇いたのでまた湯を沸かさなきゃ・・・・早く寝なきゃ・・・・そんなこんなで夜更かし・・・・
by mobydick67 | 2012-03-11 00:21 | 山歩き
<< 山を越えてみんなに会いに行った... そこに道があるから・・・ >>