タイヤを交換する

今GHISALLO305に履かせているタイヤハッチンソン HUTCHINSON FUSION3はとても気にいっている。濡れた路面でも滑ることのないグリップ力、柔らかい乗り心地と軽さ。走行中のパンクゼロ。初めてもう一度買って使ってみたいと思えるタイヤに出会った。不思議だが、山を歩く時に履く靴はサイズがあっていて足首のサポートさえしっかりしていれば何でもいいというくらいにこだわりがなく、実際どんな靴を履いても重さ以外に気になることはないのに、自転車のタイヤはタイヤによって全然乗り心地が違ってあれのここがいい、これはだめとか感じることが多い。足は体のなかでも鈍感な部位なのかもしれない。

話がそれてしまったが、そんなHUTCHINSON FUSION3も使い始めてほぼ1年。耐久性もなかなかだが、最近はさすがに無理な制動をかけると少し後輪がドリフトするようになった。目を近づけてみてみるとそれなりに摩耗、劣化してきた。

前輪

f0194599_215632.jpg


後輪

f0194599_2152159.jpg



もう次のタイヤは備蓄してあるが、別メーカーのもの。もう少しこのタイヤを楽しみたいので(それにケチなので)、前輪と後輪を交換してみた。使用して伸びているせいか、タイヤレバーを使うことなく楽々交換できた。所要時間も20分程度。交換後は気のせいかもしれないが少しグリップ力も蘇ったように感じる。こんな事ならもっと早めに、そしてもっとまめに前と後を交換しておけばよかった。もう手遅れかな・・・
by mobydick67 | 2011-10-15 21:07 | 自転車
<< 森へ 神代辰巳のえんやーとっと >>