人気ブログランキング |

GHISALLO305のハンドルを丸ハンに交換

先日プチ事故に遭ったときに、ハンドル(NITTO M153STI 400mm)の左側の下ハン部分のバーテープが破れ、ハンドル本体にも傷がついてなんだか曲がってしまったような気がしたので(実際には曲がっていなかった)、前から試してみたかったシャロータイプ(マルハン)に交換。

NITTO Neat Mod.185

f0194599_1857520.jpg


アルミ合金
幅/380mm
センター径/φ26.0
バー径/φ24.0
ドロップ/140
リーチ/82
重量/330g

f0194599_18573055.jpg


f0194599_18574776.jpg




これまでのM153STIもアナトミックの割にはかなり丸かったが、さらに丸いもっさりした感じに。肩幅も広いほうではないのでWも380mmとコンパクトに。手も大きい方ではないので(ただし身長の割には腕は長い)、下ハンのときにブレーキレバーも近くなって握り易くなった。ただロングライド時にはハンドル幅が広いほうが安定性もよくて乗りやすいようだが、まだ通勤にしか使っていない。とりあえずはこれまでよりスピードを上げたい時に力が入りやすくなって満足。

f0194599_1858926.jpg


乗り始めてほぼ2年 。結局いろいろパーツを交換して、もともとついていてまだ残っているのは、 フレーム、シートポスト、コンポくらいになってしまった。こんなことなら最初から完成車を買うんじゃなくて、好みのパーツで組んでもらえばよかったと思うけど、乗ってみないとわからないこともたくさんあったんだよなあ・・・・


積算走行距離 :11626km
by mobydick67 | 2011-07-01 19:02 | 自転車
<< Affinity 今年こそは自家栽培のゴーヤを肴... >>