傷を取り繕う

傷を取り繕う

GHISALLO305に乗り始めて2年。通勤で乗ることがほとんどだが、帰りに本屋や山道具屋に寄り道するときは駐輪場などないところがほとんどで、たいていは路駐でガードレールに寄りかけてワイヤーで施錠することが多い。気をつけてはいるがフォークやシートステイはガードレールに当たって傷だらけだ。もともとあまり塗装がよくないのか、ちょっと当たっただけでもすぐ傷がつく。実用の道具としてはしょうがないかと諦めていたが、あまりにひどくなってきて遠目にも目立つようになったので、車用のタッチペンとコンパウンドを買ってきて傷を取り繕ってみた。耐水性のヤスリセットと併せて全部で1000円ほど。

f0194599_17403399.jpg



タッチペンは白は何種類もあってどれが一番色が近いかわからないかったので適当に選んだら、塗ったところがもとのフレームの白色より少し青みがかっている。少し陽に焼けたら目立たなくなるかな。でも、そういうこととは別に塗り方が下手なせいか、仕上がりがいまひとつだが、まあそれはそれでよしとする。

f0194599_17412756.jpg



積算走行距離:11000km
by mobydick67 | 2011-05-22 17:44 | 自転車
<< やっぱり本屋はいいな お山の歌 Indigo Gir... >>