山の宴

よっちゃん、つとぴ夫婦に誘っていただいて奥多摩を歩いてきた。今年初めての山歩き。


2011年2月8日

青梅線車中で合流し、車中でそれぞれ持ち寄った食料などを口頭で確認。鷹ノ巣山に稲村岩尾根コースから登るために奥多摩駅で8:10の日原鍾乳洞行き乗り、車中で色々話しているうちに、何故か酉谷もいいね、ということになり急遽石尾根の鷹ノ巣山から長沢背稜の酉谷山に目的地変更。


8:40 日原鍾乳洞 出発

ひたすら林道を行く。このコースを歩くのは2年前の12月に息子と歩いて以来。

f0194599_22171630.jpg



途中林道沿いの斜面の落石防止防護工事中。ご苦労様です。

f0194599_22182429.jpg


これは何に使う道具だろう?

f0194599_22184264.jpg



小川谷林道終点から三又までのあいだは多少ザレているところがあったが、問題ない。

f0194599_2219248.jpg



11:10 三又 

ここが静かなのも渓流釣り解禁前の2月いっぱいで、解禁後はつり人が増える。私も10年以上前に二度ほど解禁直後にテントを張って釣りにきたことがあるが、数は釣れるがリリースサイズがほとんどだった。年によっては解禁時に雪がたっぷり残っていることもある。放流ものではないサビつきの岩魚が釣れる。今年は雪はなく、水量も少ない。

f0194599_22213487.jpg


ここからは何度か高巻いて沢から離れることもあるが、概ね酉谷沢に沿って付いた道を行く。このあたりの道も昔に比べ、高巻きが多くなった。

f0194599_2223526.jpg


f0194599_22224744.jpg



途中、旧酉谷小屋跡のあたりで、沢が枯れる前に水を4Lほど汲む。避難小屋前の水場が枯れていると困るので、駅で汲んだ2Lと併せて6L、ザックが重くなったが、ここからはあと一息。


13:20 酉谷避難小屋着

f0194599_22235955.jpg


無人。水場は枯れてこそいなかったが、雫がぽた、ぽた程度。コッフェルを置いておいたが、30分で1L貯めるのも難しい。

f0194599_22244180.jpg



荷を解いてひと休みしたあと、空身で酉谷山頂上へ。尾根上と秩父側には雪が少しだけ。薄雲が出ていて展望はいまひとつ。

f0194599_22272351.jpg



小屋に戻ったあとはそれぞれ持ち寄った材料を出して、つとぴが背負ってきた鍋とカセットコンロでおでん。酒はワイン、泡盛、麦焼酎。4時くらいに単独年配ハイカーが一人到着。前夜鷹ノ巣避難小屋に泊まり雲取経由で長沢背稜を歩いて来られたという。あつあつのおでんと酒で体を暖めて、会話も弾む。春に一緒に歩いた真の沢林道の話や、これから歩きたい奥秩父の藪の話・・・・話は尽きないが、酒が尽きて20時頃にはお開きに。



2011年2月9日

5時過ぎに起きて、湯を沸かし3人でコーヒー。外は-4℃だが室内はプラス2℃。この小屋は狭くて密閉性が高いので暖かい。前夜のおでんの残りを温めなおしてうどん、粗びきウインナーを加えて朝飯に。食後コーヒーを飲みながら今日の予定を検討。とりあえず、長沢背稜を東に向かうことに。荷をまとめて小屋の中を掃いて出発。

7:30 出発。期待した夜半の雪はそれほどでもなかったようで小屋の前で5cmほど。それでも昨日とはまったく違う光景に心踊る。

f0194599_22285476.jpg


まずは下のトラバーズ道ではなく県境の尾根道を行くことにする。軽アイゼンをつけて尾根に踏み跡を刻む。

f0194599_22292582.jpg


f0194599_22295244.jpg



坊主山、七跳山までは尾根を辿り、そこからは昼過ぎのバスに間に合うように通常の登山道に降りて軽快に距離を稼ぐ。


10:30 一杯水避難小屋。雪もやんだ。ヨコスズ尾根を下る。この尾根を歩くのは久しぶり。

f0194599_2231581.jpg


f0194599_22312482.jpg



12:40 東日原。バスで奥多摩へ。

f0194599_22322679.jpg





「天益」の餃子でビール、と決めていたのに本日休業の札。他も週の中日で定休の店が多くしかたがないので、駅の2階の蕎麦屋で酒と蕎麦。ここはつまみは漬物くらいしかない。物足りないので駅前をうろうろしていたら天益の路地の奥に一軒だけ暖簾のかかっている店を見つけて入ってみた。「蕎麦処 おく」。家庭的な味のつまみが揃っていて酒がすすむ。さしの入った馬刺しも旨い。また遅くまで・・・
[PR]
by mobydick67 | 2011-02-10 22:39 | 山歩き
<< 寒い冬には・・・ 手抜き牡蠣料理 >>