人気ブログランキング |

A CASE OF YOU   最強のラブソング

Blue Joni Mitchell

A Case of You

Just before our love got lost you said,
"I am as constant as a northern star."
And I said, "Constantly in the darkness
Where's that at?
If you want me I'll be in the bar."
On the back of a cartoon coaster
In the blue TV screen light
I drew a map of Canada
Oh Canada
With your face sketched on it twice
Oh, you're in my blood like holy wine
You taste so bitter and so sweet
Oh I could drink a case of you, darling
And I would still be on my feet
Oh I would still be on my feet

Oh I am a lonely painter
I live in a box of paints
I'm frightened by the devil
And I'm drawn to those ones that ain't afraid
I remember that time you told me, you said,
"Love is touching souls"
Surely you touched mine
'Cause part of you pours out of me
In these lines from time to time
Oh, you're in my blood like holy wine
You taste so bitter and so sweet
Oh I could drink a case of you, darling
Still, I'd be on my feet
I would still be on my feet

I met a woman
She had a mouth like yours
She knew your life
She knew your devils and your deeds
And she said,
"Go to him, stay with him if you can
But be prepared to bleed
Oh but you are in my blood
You're my holy wine
You're so bitter, bitter and so sweet
Oh, I could drink a case of you, darling
Still I'd be on my feet
I would still be on my feet



勝手に訳してみると・・・

私たちの愛が失われてしまう少し前にあなたは言ったわね
「俺は北極星のように不変不動さ」
で、私はこう言った「暗闇のなかでじっと動かないって
どこにいるのかわからないじゃないの?
もしも私が欲しければ私はバーにいるから」
マンガの印刷されたコースターの裏に
テレビ画面の青い光のもとで
私はカナダの地図を描いた
ああ、カナダ
そしてその上にあなたを顔を二度描いたわ
あなたは聖なるワインとして私の血のなかを流れる
ああ、あなたはとても苦くてとても甘いの
うん、私はあなたなら一箱分飲めるわよ、愛しい人
そしてそれでもしっかり立っていられるわ
そう、ふらついたりしないわ

私は孤独な絵描き
絵の具の箱の中に住んでいる
悪魔に怯えて
だから、恐れない人たちに惹かれるの
あなたが私にこう言ったときのことを思い出すの、あなたは
「愛は心の触れ合いだ」と言った
ええ、確かにあなたは私の心に触れたわ
だってあなたの一部が私から溢れだすのよ
ときどきこんな言葉の中にもね
あなたは聖なるワインとして私の血のなかを流れる
あなたはとても苦くてとても甘いの
うん、私はあなたなら一箱分飲めるわよ、愛しい人
そしてそれでもしっかり立っていられるわ
そう、ふらついたりしないわ

ある女の人に会ったわ
あなたによく似た口で
あなたの暮らしを知っていて
あなたのいやなところ、いいところを知っていた
そして彼女はこう言ったの
「彼のもとへ行きなさい、できるならば一緒にいてあげなさい
でも傷つくことを覚悟してね」
ああ、あなたは聖なるワインとして私の血のなかを流れる
あなたはとても苦くてとても甘いの
うん、私はあなたなら一箱分飲めるわよ、愛しい人
そしてそれでもしっかり立っていられるわ
そう、ふらついたりしないわ


74年のライブアルバム
Miles of Aisles

オーケストラをバックにしたセルフカバー
Both Sides Now

などでも聞け、どれもとても良いけど、オリジナルでは「Go to him」というところで声色を変えて歌っていて凄みがある。


カバーもたくさんあるようだが、2007年、Herbie Hancockが様々な歌手を招いて一枚まるごとジョニにトリビュートした、RIVER The Joni Lettersには、日本盤のみA Case of Youがボーナストラックとして収録されていて、インストだけどハンコックにしては出色の出来。

またPRINCEがファンクラブ会員向けに販売したCDに収録されていたカバーが同じく2007年に出されたTribute to Joni Mitchellに収録されているが、これは何故かいきなり2コーラス目から始まるが、原曲よりよりビターでスイートな曲になっている。傑作。





最初に聞いたときは題名だけみて、「あなたの場合」というタイトルだと思い、「ワイン(=あなた)一箱」を呑むという凄いラブソングだとは知らなかった・・・
by mobydick67 | 2010-11-01 18:16 | ロックンロール
<< 1対1で自然と対峙する 奥秩父は遠くなったのか?  秩... >>