奥秩父は遠くなったのか?  秩父方面バス事情の変化

別の記事にコメントとしても書き込んだが2010年9月30日をもって秩父鉄道観光バスが川又線を廃止、10月1日より秩父市営バス「川又線」として運行中。

秩父市HPの秩父市内路線バス案内からリンクの張ってあるバスの時刻表を検討してみた。

これまでの秩父湖~川又間の運行から、大滝温泉~川又間の運行に延長され、大滝温泉まで川又から乗換なしで行けるので、山行後の風呂&ビールは近くなったが、これまで1日6往復の運行だったのが、4便に減少。さらに往路(川又から入山時)に関しては、大滝温泉で乗り換えるにしても、秩父湖で乗り換えるにしても西武観光バスと秩父市営バスとの連絡はよくない。そしてこれが一番の問題だが、これまで往路は東京早朝発で西武線、(あるいは秩父鉄道)を乗り継けば、10:30には川又に着いていたが、これから通学日なら11:49、休校日なら11:39になり、復路に関してもこれまで終バスが17時台だったのがなんと通学日16:00、休校日15:30となってしまった。

川又から雁坂峠へと至る黒岩尾根道と秩父往還、甲武信ヶ岳へと向かう柳小屋経由の真の沢林道と股の沢林道、栃本から十文字越えなど、この奥秩父のどんづまりからは奥秩父主脈へと繋がるすばらしい道がたくさん伸びているが、歩く人はあまり多くない。秩父鉄道観光バス時代もこれまで乗ったときに自分以外に乗客がいることなど稀だったので、秩父市が市営バスとして引き続き運行してくれるだけでもありがたいことだが、登山時往路復路に利用するバスとしてはかなり利便性が低くなったことは否めない。残念、奥秩父が遠くなってしまった・・・・


と・・・・・ここまで書いて、先程の秩父市HPの秩父市内バス一覧を再度見ていて、なんか気になる文字が下のほうに・・・・

中津川線 三峰口駅~(大滝総合支所)~川又~中津川


おおおっ、なんと西武観光バス中津川行きの経由地に「川又」の文字が!!!これまで中津川行きは大滝の先で分岐してそのまま中津川に向い、川又を通過していなかったはずだが・・・・このへんの道路事情に詳しくないのでどのような経路で川又を経由するのかよくわからないが、これなら土休日なら三峰口8:50発に乗れば、川又着9:25とこれまでより1時間も早い!都内早朝発なら、8:50に三峰口に着くのは難しくない。平日でも三峰口9:40発川又10:15着という便がある。もちろん復路も川又発17時台がちゃんとある。でもこのバスって栃本は通るんだろうか?秩父往還を通って自由乗降区間ならいいんだけど・・・

でもとりあえず、これからはルー秩か扇屋に前泊か?とかタクシーか?とか心配したけど杞憂に終わってよかったよかった・・・


f0194599_1875098.jpg



なんだ、奥秩父、近くなったじゃん!
by mobydick67 | 2010-10-28 17:58 | 奥秩父:山歩きと備忘録
<< A CASE OF YOU  ... 自転車でどこまでも・・・ >>