瀬戸内プチサイクリング


8月お盆前、朝日連峰から帰宅した翌々日、広島県呉市広町の実家に帰省。


2010年8月12日 

祖母のホームを訪ねたあとで、定番の小坪廻り。今回、ロードバイクGHISALLO305を輪行する元気がなかったため、父の電動機付自転車WILLを拝借。あまり乗ってないようで、前日、油差したり、タイヤに空気入れたりと、整備に小一時間ほどかかった。


国道185号線の仁方トンネルは車の通行量が多く、自転車にとっては最悪なので横の旧隧道で仁方へ。

仁方桟橋。

f0194599_1712169.jpg


私が子供の頃は、四国や瀬戸内の島々への便で賑わっていた。夏休みや休日にここに来るとワクワクしたものだ。島々が橋で結ばれた今はもう桟橋にフェリーや定期便は着かない。 かつての待合室は開放され、近所の老人たちが涼んでいた。

ちなみに少し前にいまるぷさんや川上さんからいただいたコメントで「アレ」いう仮称で少しだけ話題になったコレ。

f0194599_17124519.jpg


正式名称はどうやら係船柱という色気のない名前のようだが、ちゃんとここにもある。かつてはこれに大きなフェリーから伸びる舫い綱が結ばれ、一人踏ん張っていたはずだ。白い涙を流しているように見えるのは気のせいか・・・
夏休みに読んだある詩人の日記文ではコレは「ボウズ」と呼ばれていた。戦前の墨田川界隈で使われていたこの船乗り言葉のほうが味がある。

仁方桟橋からは海辺の気持ちのよい道を、西に向かう。小坪を通って長浜港へ。

港の先で道は行き止まり。ここから先は米軍弾薬庫で海岸にもフェンスがあり入れないが、子供の頃はよく釣竿担いでそのフェンスに掴まって先の磯まで入って釣りをしていた。いまやって見つかるとお縄になるのでやめておく。

f0194599_17141897.jpg



この別荘も子供の頃は使われていたが、ここ10年ほどは荒れ放題。


f0194599_17133452.jpg


f0194599_1715280.jpg



長浜公園(元長浜海水浴場)からみた長浜の街。

f0194599_17152912.jpg



子供の頃夏休みにはここの堤防から飛び降りて肝試しとかしてた。今は大潮満潮後で少し低い。ちなみにここは夏の昼間は竿を出しても雑魚しかつれない。この時期この時間ならタコテンヤかな。

f0194599_17155997.jpg



このあとちょっとした峠を越えて広湾へ。こちらは埋め立てが進みどんどん土地が増え、海がせまくなり、水も汚れている。

f0194599_1719515.jpg





JR呉線は単線。中高時代3年ほどこれにのって広島のさらに先の駅まで通った。

f0194599_1717964.jpg




この日は2時間ほどのプチサイクリング。
by mobydick67 | 2010-08-19 17:31 | 自転車
<< バーテープ、バーエンドキャップ 交換 朝日連峰 縦走路を南へ進め 5 >>