朝日連峰 縦走路を南へ進め 1


2010年8月6日 夜

週末仕事を終え帰宅する人の波に逆らうように、重いザックを担いで自宅最寄駅から新宿へ。

6番線という普段あまり縁のないホーム。

21:10発 快速ムーンライトえちご 新潟行 6両編成

f0194599_22243678.jpg


電車が始発新宿駅を出発しても座席は2/3程しか埋まっていないが、全席売り切れとの放送。日付の変わる都合で途中熊谷から乗って来る客が多いようだ。隣の席にはまだ客はいない。

終点まで行くので、ぐっすり寝てしまえばよい。あまり飲み過ぎても期待に心が弾み目が冴えてしまうので、酒は安酒を程々に。持参した文庫を読みながらゆっくりと。

f0194599_2227595.jpg


途中熊谷で隣に鉄男と覚しきむさ苦しい男が乗ってきて座り、隣が今流行の山少女だったりしたら眠れないと心配していたのが杞憂に終り、安心して眠りにつく。

数度目が覚めたが、わりとよく眠れて空が明るくなってきた頃に新潟に到着。僅か数分の連絡で白新線経由で羽越本線に乗り入れる電車に乗り換える。村上でやはり数分の連絡でもう一度乗り換えると電車は日本海の海岸沿いを北上し始める。


夏なのに鉛色の空が広がる日本海。

f0194599_22293745.jpg


車内も鉄男濃度が濃く、鉛色。

f0194599_22295810.jpg



7:35 鶴岡駅着。

f0194599_22302668.jpg


駅前のバスターミナルから、7:42発 大鳥登山口行バスに乗る。客は大学生らしき若者と女性一人、私の3人。

終点の朝日屋前で会員制バスに乗換える。

f0194599_22314358.jpg


バスは未舗装の道を進み、次第に深い林の中に入っていく。

f0194599_2232118.jpg



9:30 泡滝ダムバス停着。

f0194599_22322227.jpg


身支度を整え林道を歩き始める。今回の足まわりは夏山縦走仕様。

f0194599_22331493.jpg


泡滝ダムはダムとは名ばかりの堰堤に毛が生えたような小さなダム。そのすぐ横の登山口から大長沢の本流の右岸に沿って道はつけられている。

f0194599_2234067.jpg


f0194599_22342924.jpg



9:40 泡滝ダム登山口を出発。家を出て12時間、初めての朝日連峰、ようやく山歩きが始まる。


で、続きはまた・・・
by mobydick67 | 2010-08-09 22:38 | 山歩き
<< 朝日連峰 縦走路を南へ進め 2 無事下山 >>