初めてのタイヤ交換


自宅~寄居往復で雨のなか走ったり舗装されていない砂利道を走ったりしたため自転車はドロドロ、さらに走行中二度もパンクしたのでタイヤをよく見てみると中の繊維が出ているところが数カ所あるので、日曜日に洗車とタイヤ交換を。

f0194599_22594624.jpg


 前輪後輪を外し、少し狭いが風呂でそれぞれ台所用中性洗剤でスポンジとブラシを使って洗う。軽く拭いて天気が良いのでベランダで日にあてて乾燥。買い置き、備蓄しておいたvittoria(ビットリア) ルビノPRO-2WOタイヤ 700X23Cに交換。赤×黒でちょっと派手か?

f0194599_2302748.jpg



パンク修理した後輪チューブパナレーサー TW720-LLF-RA RAIRチューブ 700X18~23C 仏式60mmはバックアップにまわし、一度もパンクしたことのない前輪の購入時付属のメーカー不明のちょっと厚めのチューブを後輪に、そして新しくおろしたタイオガ インナーチューブ(フレンチバルブ)ロード用 700×18-28C/60mmを前輪に使用。交換自体はパンク修理より楽で手間取ることもないが、ここで疑問が一つ。一応タイヤにはハの字型のトレッドパターン(新しいタイヤはセンタースリックというタイプで真ん中はスリック、脇がブツブツしたトレッド)がついてるがこれって前後あるんだろうか?後ろから見てハの字ならよいかなと思ってつけてみたが、あとで気になってググってみるとどうやら前後逆に(前輪は前から見たときハの字になるように?)つけるのが正解らしいが、ほんとうのところはどうなんでしょう。タイヤの入ってた箱や取説(日本語意外の言語による)にはそのようなことは書いてない。誰か知ってるひといたら教えてください。とりあえず2日ほど通勤で乗ったけどさして問題ないようにおもえるが・・・

いままで使っていたMICHELIN: ORIUMはトレッドパターンといってもとりあえずかたちだけつけときました、って感じのほとんどスリックタイヤに近い感じだったので、すこし車体を傾けたときにタイヤの抵抗が変化する感じは新鮮。高速で曲がってもスリップの恐れがないのは安心だが果たしてそんな高速コーナリングの場面などいまの自分にあるだろうか。また空気圧も7~10気圧と対応域が広くてよい。とりあえず9.5気圧までいれてみたが乗り心地が固くなった印象はなくかえって前よりにしなやかな感触で好みかも。これでパンクが少なく、タイヤ自体の耐久性があればいうことないんだけど。重量も300g→230g(一本、カタログ値)と軽くなり気分も軽い。まあ値段もその分張ることはたしかだけど・・・。


で、今日もジテツーで

走行時間:1:35
走行距離:36.31km
平均速度:22.9km/h
最高速度:44.9km/h

積算走行距離:3115.9km


ちょっと速くなったか??やっぱり◯◯とタイヤは新しいほうが良い。(ああ、念のため◯◯はチューブです。決して二文字の漢字ではないことをここに明記しておきます・・・)
by mobydick67 | 2009-12-08 23:03 | 自転車
<< イッテキマスロン(仮題)試案 仲間を見た・・・ >>