人気ブログランキング |

丹沢 峠道へ


せっかくの連休は後半3日がびっちり仕事のため、テント泊縦走の山歩きはあきらめた。まあ人も多いだろうし、連休明けたらまた予定を組めばいい。

ということで今日は丹沢に日帰りで行ってきた。自転車で。そう、ヤビツ峠に行ってきました。グーグルマップのルート検索で昨夜検討したがどうやっても世田谷区内の自宅からは軽く往復100kmを超えてしまう。往路か復路のいずれかに輪行を含めれば100km以内に収まりそうだが、もっている輪行バックはすこし頑丈なやつで嵩張ってボトルケージには入らないし、自転車に乗っているあいだずっと背負わなければならない。入ったとしてもボトルケージはひとつしかないので、ボトルの行き場がなくなる。ここはいさぎよく退路を絶って、往復全行程走ることに。

服装はノースフェイスの水色の山用Tシャツ、グレーのグラミチのクイックドライショーツ、首にタオルマフラー。靴はアディダスの黄色いフットサルシューズ。
持ち物は、水色の薄手ウインドジャケット、お金、飴、Yahooマップを1/50000でA3プリントアウトした地図7 枚(GoogleMapは印刷の使い勝手が悪い)をウエストポーチにいれ、パンク修理キット、携帯ツール、予備チューブ、リア、フロントの認識灯、バンドエイドをサドルバックに。携帯は尻ポケット。携帯ポンプとボトルを自転車に付けて。

余談だが、ウエストポーチは20年以上まえに渋谷の東急ハンズ横のFUNCTION JUNCTION(当時はもしかしたら店の名前違ったかもしれない)で購入したもの。当時山とかアウトドアとかぜーんぜん興味なかったんだけど、普段用に購入したのかな?忘れた。いまでも山ではあまり使わなくて、釣りとか自転車でちょっと出かけるときに使っている。でも何度も洗って使っているけど全然壊れたり、破れたりしない。タグにはPlanning By Hiro,village SHIBUYAとある。

f0194599_22121354.jpg


ついでにサドルバックはLEZYNEサドルバッグ Lを使ってます。二気室で、それぞれ中に小さなポケットがいくつもあってものの仕分けがしやすく使いやすい。止水ジッパーだけど完全防水なのかな?雨のなかで使ってことないのでわからない。

f0194599_22144627.jpg




9:00自宅出発。なんとなく南西のほうへ向かって走る。狛江で多摩川を渡り、そのあとは3号沿いに西へ。片側一車線で下り道路は遊びに出かける車とトラックで結構混んでいるうえに路肩がでこぼこで走りにくい。そのまま走っていると相模線の上溝という駅にでたのでここで初めて自転車を降りて地図で現在地を確認。少し北に寄りすぎているのでここからまっすぐの厚木のほうへ南下。このみちがトラック街道でよこをびゅんびゅんダンプ、トラックが通りすぎていき怖かった(いま調べると上溝バイパスという道だった)。厚木あたりで何度か曲がっているうちに246に出たのでこれを西へ。秦野手前のトンネルまでの長い登り坂がつらかった。

11:30 246号とヤビツ峠へ向かう70号の分岐通過。10分ほど登ったところにあるヤマザキデイリーストアーで休憩。カレーパン、ドーナッツ、カフェラテで軽るい昼食。店先で食べているあいだにもどんどん自転車が下ってくる。みんなウエアばっちりきめて、ビンディングシューズ履いてるぞ。

f0194599_22151517.jpg


12:10 蓑毛通過。表丹沢を縦走するときはいつもここからヤビツ峠まで歩くのだが、バス停のすぐむこうに立派な寺や神社があるのは知らなかった。

後続の自転車4,5台に抜かれながら10km/hくらいで登っていく。みんな登り早いな。ちょっとくやしい。途中浅間神社をすぎたあたりで仕事の電話があり降車して5分ほど話す。降りずに上まで行くつもりだったのに・・・・。

12:40 ヤビツ峠着。トイレを済ませ、自販機でアクエリアス買って飲んで、ウインドジャケットを着てすぐ出発。

f0194599_22181538.jpg


縦走路の入り口の富士見山荘を過ぎて少しいったところに水場があったのでボトルに水汲んでおく。

いくつかコテージ風のレストハウス、キャンプ場のようなものを通りすぎながら宮が瀬湖のほうにぐんぐん降りる。秦野側にくらべヤビツ峠からこちらは自転車も自動車も少ない。北風が強く思ったほどスピードでない。

f0194599_22183998.jpg


13:30 宮が瀬着。トイレにいってぐるりとあたりを歩いてみたがいかにも観光地ですという感じでいまいち。人も連休のわりには少ない。ここをでてすぐにサイコンが走行距離100.00kmに。

f0194599_22191343.jpg



トンネルをいくつか越えたあと、津久井方面に北上しつつなんとなく東へ向かって橋本を通り過ぎて野猿街道を北西へ。多摩川にぶつかったところで川沿いの道を。土手は自転車、ランナー共に多くて走りにくそうなので車道を。調布あたりで川を離れてなんとなく東へ。

16:40自宅着。


さすがに疲れた。土地勘のないところをなんとなく走るのは難しい。とくに宮が瀬からの帰路は難しかった。2,3度地図で確認したが現在地がよくわからないことも多く、今日は曇りで日がでていなかったのでコンパスを首にぶら下げて頻繁に確認して東へ東へと走った。概ねオケーだったと思う。やっぱりGPS欲しいな。山を歩くときは地図をみながらでも十分だが、自転車のスピードに紙の地図は合わない。
でもこれで少し自信がついたので遠出する計画をたてる楽しみが増えた。こんどはとりあえず秩父日帰りか?大滝温泉を目標に走るのもいいなあ。あっ、でもビール飲めないじゃん・・・

走行時間:7時間7分7秒(すごい!フィーバー!)
走行距離:153.94km
平均時速:21.6km
最高速度:55.3km

積算走行距離:1721.1km
by mobydick67 | 2009-09-19 22:28 | 自転車
<< 休日の都心をぶっ飛ばせ iPod nano 5Gの内蔵... >>