南アルプス南部を南へ進め その1


南アルプス南部縦走(2009年8月3日 1日目 野呂川出合~熊ノ平小屋)

8月2日 23:59、新宿発白馬行のムーンライト信州91号で出発。全席指定で八王子で満席に。若い人が多い。息子は部活を優先するとのことでフラれたため単独。

甲府2:40着。駅前のバスターミナルでここのローカルルールに従いザック並べの儀式を済ませたあと近くのコンビニで朝食、昼食用のおにぎり、パンなどを購入近くのベンチで仮眠、がほとんど眠れないままバス発車の20分前に再びバス停にもどり列に並ぶ。ザックと客の整理を担当するおじさんが、今日はバス1台で向かうため後ろのほうの人は立ってもらうことになるとアナウンス。結局立つスペースもないくらい満員状態で出発。私は二人がけの席に重いザックをひざの上に乗せて座った。うとうとしているうちに夜叉神峠につき停車。ゲートのあく時間を待って発車。

6:10広河原着。6:40発の北沢峠行きのバスが出るまでのあいだにつり橋渡って広河原山荘で水を汲み、トイレを済ませる。快晴で北岳がよく見える。


f0194599_19443598.jpg


左俣側の道にはまだたっぷり雪渓が残っている。こんだけあるとアイゼンは必須ですね。

北沢峠行きのバスは二台で、私は一台目の補助席に乗り途中北沢橋(野呂川出合)で釣り人4,5人と下車、うち二人と両俣小屋方面へと向かう林道を歩き始める。

7:00。ここ野呂川出合が今回の縦走の起点である。ここから仙塩尾根にとりついて尾根を繋ぎながら畑薙ダムまで縦走する計画。南アルプス南部を縦走するにあたり北沢峠から仙丈ケ岳を経る道、北岳、間ノ岳を経由して西側の尾根筋に取りつく道も検討したが、両方とも半日余分に時間がかかるため、今回はその間の野呂川の沢筋にそって入山することにした。林道を30分ほどいったところで両俣小屋の名がドアに記された軽トラとすれ違い小屋の主人らしい女性にどこまでと訊かれたので熊の平までと答えた。途中1時間ほどすると釣り人2人はそれぞれは沢に降りていった。ほどなく林道は途絶えて、道は沢のそばの山道へ。この道は以前仙丈ケ岳から下山路として仙塩尾根からこちらに逆に辿ったことがある。

f0194599_19451554.jpg


f0194599_19512441.jpg


9:00 両俣小屋着。

f0194599_19461947.jpg


おにぎりでブランチ。小屋はだれもいないようだが、そばの沢で二人のほど竿を振る釣り人を見た。小屋の前のベンチ下にイチゴがなっていておいしそうだった(食べてません・・)。ここからは山道らしくなり、まもなく沢を離れて尾根にとりつく登り道となった。

10:15 仙塩尾根に入る野呂川越着。ここから先は目的地の畑薙ダムまですべて初めての道。仙塩尾根は別名バカ尾根とも呼ばれ、樹林帯のなかの起伏を繰り返しながら3000m近くまで高度を上げていく。昨夜ほとんど寝てないせいか、歩いていてもうとうとしてくるので途中休憩時に20分ほど仮眠。少し生き返った。

f0194599_1947413.jpg


苔、茸、そしてでかい蛭も・・・10cm以上ある!

f0194599_19474231.jpg


そのうち森林限界を超えて、少し尾根がやせてくる。

13:30 三峰岳(2999m)着。

北から仙塩尾根を辿ってくるとまず間ノ岳への分岐が頂上手前にあり、一度頂上を回りこむように南側でてから頂上に出て、その頂上から南西にのびる尾根を辿ることになる。
東には間ノ岳を望み、その稜線を目で追っていくと農鳥小屋が見える。以前息子と白根三山を縦走した際、この小屋に少し遅くつ着いたら(9月で16:00くらいだったと思う)、小屋の主人に注意されたが水場までは遠いから今日は小屋の水を使ってよいと親切にしてもらったことがあった。

ここからは広い尾根を下って高度をさげ農鳥小屋への巻き道の分岐を経て再び樹林帯に。

f0194599_1949166.jpg


14:40 熊ノ平小屋着。小屋前にテラスがあり、農鳥岳を正面に望む。手続きを済ませ、ビールを買ってテントを張る。天場は4,5張はれるサイトが小屋の下に4,5箇所ある。私はそのうちの一つを独占。どこのサイトも1張づつくらいで、空いている。流水もすぐそばにあって至極便利。

f0194599_19494796.jpg


ひとりなので、アライのエアライズ2を贅沢に使う。

ビールのあとは持参し米焼酎(43度)を流水で割ってひとり晩酌。飲みながら寝てしまい、起きたらまだ明るいが18時過ぎていたので、急いで夕食の準備。今日の晩飯は乾麺の饂飩。大沢の大豆ミートを入れて食べた。食後ラジオ聞いているうちにまたすぐ寝てしまった。19:30くらいか。天気予報聞いてない・・・

もう若くないので夜行で移動、そのまま入山して行動、は無理か? 疲れた。


南アルプス南部縦走 2日目へ
by mobydick67 | 2009-08-10 19:57 | 山歩き
<< 南アルプス南部を南へ進め その2 苦あれば楽あり >>