タグ:FC東京 ( 5 ) タグの人気記事

必ず戻る

ここ数年、もやもやした感じがずうっと続いていたが、昨期はそれが結果に表れたということ。落ちて上がってこれないチームを見て笑っていたが、今年はひと事では済まない。不本意ながら東京ダービーも復活。サンフレッチェが降格したとき佐藤寿人はサポーターに叫んだ。「1年で必ず戻る!」。


選手補強は万全か?

監督に迷いはないか?

フロントにブレはないか?

f0194599_23582488.jpg




今日、開幕。
[PR]
by mobydick67 | 2011-03-05 00:00 | football | Comments(0)

90分間のもやもやが・・・


雨で少年サッカーの練習も中止で、家でJリーグのFC東京対マリノス、開幕戦をテレビ観戦。



悪くはないんだけど、連携がいまひとつで、相手マリノスのほうが思いきりのよいプレイが多く、もやもやした感じ・・・

が、後半ロスタイムのピンチ直後の速攻、石川のドリブル、平山へのピンポイントのパス、落ち着いたシュート

思わず大声で、テレビに向かって、やった!!と叫んでしまった。


こういう流れのよくない展開のなかでもちゃんと勝ち点3をとるしぶとさが頼もしいじゃないか。



今度は・・・

♪スタジアムに行こう♪



[PR]
by mobydick67 | 2010-03-06 18:57 | football | Comments(0)

茂庭が・・・



ちょっと遅くなってしまったが、茂庭がFC東京を去る。

寂しい、悲しい・・・

いつか石川みたいに変貌するって信じてたんだけどな。
今季も出場機会あまりなかったしな・・・

また他で実績あげて戻ってきてくれよ!  



もっ・ にっ・ わっ !    O!
[PR]
by mobydick67 | 2009-12-18 18:00 | football | Comments(0)

たまにはサッカーも

久しぶりにカレンダーの休みと仕事の休みが一致した秋晴れの今日、山や自転車で遠出したい気持ちをぐっと抑えて少年サッカーの練習に参加。仕事が忙しくて参加できなかったが秋季大会を含めここのところ結果が思わしくないようで、子供たちの元気はいまひとつだったが、ずっと練習をサボっていた私の調子も悪く、ボールが足元についてこないし、蹴っても枠に飛ばないし、子供にも抜かれるし、と散々だったが、久しぶりのサッカー楽しかった。

f0194599_18321156.jpg




午後はテレビでナビスコカップ決勝を観戦。久しぶりのタイトルが獲れてなにより。米本、目の覚めるようなシュート最高!ただ、試合内容のほうは・・・・まあ泥臭さは良かったけど。敵、川崎もいまひとつだったしな・・・。2004年優勝したときの浦和との決勝戦と比べると・・・・いまひとつ燃えなかった。いや、贅沢いってはいけない、タイトル万歳!

でもひとつだけ。今野をセンターバックで使わないでぇ。茂庭、もう一度輝いてくれよ!
[PR]
by mobydick67 | 2009-11-03 18:31 | football | Comments(0)

That's Entertainment ボールボーイの憂鬱


先週末は昨日も書いたように土曜はジュニアサッカーチームの試合があって、ベンチに入ったり審判をしたり、日曜は午前はそのチームの練習に参加しました。

そして夕方は久しぶりに味スタへ。FC東京のナビスコカップ準決勝対清水エスパルス第二戦にサポーターとして参戦。昼間の暑さも夕刻には和らぎ秋晴れの暮れゆく空のした18:00キックオフ。試合のほうは、長友、今野の二人を代表の欧州遠征参加により欠いていることを心配するサポーターを驚かせる素晴らしい内容。もちろん1-0で勝利して11月3日の決勝へのチケットを手にいれた。石川も得点こそなかったが鬼神のごとくピッチを走りまわって攻守に大貢献。いやあ人間って変わる(化ける?)んだなあ・・・

f0194599_2341622.jpg


味スタにいくときいつも楽しみにしていることがある。スタンドで飲むビール。それも欠かせない楽しみの一つだが、サポーターになって9年ずっと変わらない楽しみがもう一つ。味スタではボールボーイ(たいてい小平南高校のみなさんです。いつもご苦労さまです)紹介のときにTHE JAMのThat's Entertainmentがスタジアムに大音響で響き渡るのだ。初めて味スタにFC東京の応援にきたときはこの大好きな曲が使われていることにびっくり。それ以来バックスタンドからこちらに走ってくるボールボーイに拍手を送りながら、この曲を聴いているとなぜかいつもこみ上げてくるものがある・・・


ジャムの5枚目のアルバムSound Affectsに収録。

"That's Entertainment"

A police car and a screaming siren -
A pnuematic drill and ripped up concrete -
A baby waiting and stray dog howling -
The screech of brakes and lamplights blinking -
that's entertainment.

A smash of glass and the rumble of boots -
An electric train and a ripped up 'phone booth -
Paint splattered walls and the cry of a tomcat -
Lights going out and a kick in the balls -

that's entertainment.

Days of speed and slow time Mondays -
Pissing down with rain on a boring Wednesday -
Watching the news and not eating your tea -
A freezing cold flat and damp on the walls -

that's entertainment.

Waking up at 6 a.m. on a cool warm morning -
Opening the windows and breathing in petrol -
An amateur band rehearsing in a nearby yard -
Watching the tele and thinking about your holidays -

that's entertainment.

Waking up from bad dreams and smoking cigarettes -
Cuddling a warm girl and smelling stale perfume -
A hot summers' day and sticky black tarmac -
Feeding ducks in the park and wishing you were faraway -

that's entertainment.

Two lovers kissing amongst the scream of midnight -
Two lovers missing the tranquility of solitude -
Getting a cab and travelling on buses -
Reading the grafitti about slashed seat affairs -

that's entertainment


労働階級の日常の光景をスチルカメラで一枚一枚切り取るように描写した歌。
掃き溜めのような街でのその一瞬、その一場面がエンターテイメントだというシニカルだが優しさの滲む歌詞。
ポール・ウェラーのきりりとした歌いっぷり。


フットボールのボールボーイの登場、紹介にこんなにふさわしい歌は他にない。映画さらば青春の光でスティングが演じたベルボーイの日常ってこんな感じだろうか・・・

例によって、best盤CDも持っているが、このザ・サウンド・オブ・ザ・ジャム~25thアニヴァーサリー・ベストに収録されているアコギ一本で歌い上げるライブバージョンもなかなか良い。このベスト盤、選曲もいけてる。

ポール・ウェラーが92,3年にソロで初来日したときNHKホールにライブを見に行ったけど、ジャム時代の曲をけっこうやったのにこの曲はやらなかった。残念。アンコールで天井から風船がたくさん降ってきたことは覚えてるが、ライブの内容はいまいちだったような記憶があるようなないような・・・・ああもぉ随分昔のことだなあ・・・

今年のFUJI ROCKに出演したらしいが、この曲やったかな?
[PR]
by mobydick67 | 2009-09-07 23:04 | ロックンロール | Comments(0)