タグ:朝日連峰 ( 6 ) タグの人気記事

朝日連峰 縦走路を南へ進め 5

2010年8月8日

15:00 祝瓶山

あとは下るだけ。明るいうちには少なくとも大石橋の登山口までは辿りつきたい。そこまで行けば水はいくらでもあるし、あとはどこでもテントを張ることができるはず。鈴振尾根を下る。少し下ると森林限界より下がって、ブナや針葉樹の鬱蒼とした林に入る。

f0194599_0512052.jpg


左側の沢筋から水音が聞こえるようになると、すぐに右側から荒川のさらに激しい流れの音が聞こえるようになる。清流の音を聞くと、気分だけでも涼しくなる。尾根の樹林の途切れたところから正面に飯豊の稜線が覗く。あそこの飯豊も、そしてこの朝日も季節を変え再訪したい山。

f0194599_0513772.jpg


下りきったところで水量の少ない細い沢(大石沢支流?)を渡渉して少し行くと、大石小屋。ここにテントも良いかと思っていたが、先客あり。モンベルのモノポールテント。翌日登るのだろうか。ネット越しに会釈。言葉は交わさなかった。

f0194599_0515519.jpg


もう一つ枝沢(大石沢?)を渡渉すると大石橋吊り橋。これを渡ると小国側大石橋登山口。

f0194599_0523338.jpg


17:15 無事下山。

ここからは未舗装の林道歩き。小国町の町営宿泊施設白い森交流センターりふれやキャンプ場のある五味沢まで登山地図によれば2時間40分。五味沢までは小国駅からバスがでているが予定より早く日曜に降りてきたため最終バスは5時前ですでに終わっている。とりあえずキャンプ場でキャンプか、予約なしで宿に泊めてもらえるならそれでもいいと思い単調な川沿いの林道を歩く。

f0194599_0525065.jpg


が・・・吊り橋を渡ったあたりからアブが大量に寄ってきて閉口する。すぐに虫除けチグアウェィを露出している足や腕、首、顔に塗りたくるが全く効かず。沢の側、夕刻ということもあり何百匹ものアブに取り囲まれて歩く。おそらく傍目にみたら私のまわりに薄い黒い影ができていたはずだ。手拭いを振り回しながら歩き、回すたびに数匹のアブを地面に叩きつけながら歩く。それでもアブは果敢に攻めてきて耳の裏、腿、さらにはTシャツの上から脇などを刺してくる。これでは長袖のシャツ、長ズボンだけでは避けようもなく、雨具を上下着込んでフードを被り袖口を絞るしかないが夕刻とはいえ酷暑でとてもそんなサウナスーツもどきを着て何時間も歩く気にはなれない。第一、足を止めて雨具を出している間にも数十匹にたかられそう。諦めて、手拭いを顔の前で振り回しながら歩く。

40分ほど歩いていいかげんうんざりしてきた頃に後ろからきた車が追い越して少しして止った。車から降りてきたのは、今朝、大朝日岳の下りですれ違って言葉を交わした地元の登山者(丹野さん、あとで名前を伺った)だった。大朝日から大玉沢出合い経由で下山して、大石小屋でテントがあるのを見て声をかけ、少し前に単独の下山者があったことを聞いて私だと思ったという。ありがたいことだ。このあと車に乗せていただき、途中りふれに寄って風呂をご一緒して小国駅まで送っていただく。道すがら短い間だったが、山形市在住でこのあたりの山によく通われて詳しい丹野さんからいろいろな話を伺う。私が前日泊めていただいた狐穴小屋は、朝日連峰でも深いところにある穴場の小屋で、地元の人の利用が多いとか、やはり飯豊は春、GWの石転び沢がいい、山形の山は長靴が一番歩き易い、今回歩いた朝日連峰の縦走路の北や南にもまだまだいい山と道があるとか、山形の冬は山スキーだ、沢の話、きのこ・・・・・もっとたくさん話を伺いたかったが、小国駅でまた山で会う日がくることを願って別れた。丹野さん、どうもありがとございました。とても助かりました。もしもこれを見ることがあったらご連絡ください。


18:40 小国駅

f0194599_0531528.jpg


新潟方面行の電車までは1時間以上時間があったので、近くのスーパーでビール、つまみを買って一人待合室で。携帯で新潟の古町のホテルを予約。

新潟に着くと花火帰りの人々で駅はごった返していた。一昨年、飯豊から下山後この花火を息子と楽しんだことを思い出す。ホテルに入ったあとすぐに街にでて、いつも行く居酒屋で、生ビール、刺身、日本酒、ナス、天ぷら・・・・疲れていたし祭りの終わった日曜の夜、街も静かだったので一軒だけで。


2010年8月9日

朝駅まででて、ドトールでコーヒー、駅立ち食いそば。喫茶店も入りたかったけど、まだ開いていない。青春18きっぷでゆっくりと帰京。


行きと違って乗換もたっぷり時間がある。

f0194599_135191.jpg


日本の車窓から・・・



夕方には帰宅。

下山後、もう少しゆっくり歩けばよかったと後悔。山中一泊では何かもったいないような、下りた後も後ろ髪引かれような思い。急いだ訳ではないが、初めての山、勝手がわからないこともあり、どうしても早め早めに、となってしまう。結果的には下山翌日から雨模様だったので良かったのかもしれないが。

管理人のいる避難小屋というのもさほど混んでいなければなかなか良いものだ。今回も酒と話を楽しんだ。だができればテントがいい。積雪の残るゴールデンウイークなら小屋にも管理人がはいるが、トレイルの途中にテントを張って入山してもよいようなので、また是非その時期にも来てみたい。

たった二日の山歩きを小分けにして書いたが、いくら書いても、いくら写真を載せても足りない感じ・・・
[PR]
by mobydick67 | 2010-08-17 01:11 | 山歩き | Comments(9)

朝日連峰 縦走路を南へ進め 4

2010年8月8日

9:15 大朝日岳 頂上

当初の予定は7日は泡滝ダム登山口から以東岳小屋まで歩き、翌8日は以東小屋から大朝日小屋まで、9日に大朝日小屋から祝瓶山(いわいがめやま)を経て小国の五味沢に下山する予定だったが、中途半端に進んできてしまった。ここから南はどのコースをとってももう稜線上の小屋はなく、あるのは登山口付近の小屋のみ。しかもその小屋はどこも結構遠い。迷ったが一応テント(Big Agnes Copper Spur UL1)は持参しているので、いざとなったら水場付近でビバーク、先に進むことに。

ガレた尾根下りていく。

f0194599_21345466.jpg


平岩山との間の見晴らしのよい広い鞍部で花に囲まれて昼食。アルファー米ちらし寿司。

f0194599_2136498.jpg


f0194599_21362520.jpg


足りないのでドライパインとドライパパイヤ。甘味と酸味のバランスがよくて美味しい。先日銀座わしたショップで購入したもの。

f0194599_21365226.jpg




食後、単独の登山者とすれ違う。長靴で登る山馴れた地元の人。少し話をして、予定を訊かれたので行けたら祝瓶山まで行くと言うと、「大丈夫、私もこれから大朝日ピストンで大石橋まで降りるから。帰りに会ったら車に乗せてあげる」と嬉しい言葉。

10:30 平岩山

山と高原地図には分岐注意〈迷〉とあるが、立派な道標があった。分岐を右へ向かう。

まだまだ尾根歩きが続く。気温が上がってきて日陰のない尾根を歩いていると汗が絶え間なく滲み出る。

f0194599_19471758.jpg


左の西側の県境尾根に点在する雪渓が涼しそう。あの雪渓に頭を突っ込みたい。シリセードで滑り降りるのも気持ちいいだろう・・・命がけだが・・・

f0194599_19474720.jpg


f0194599_19484387.jpg


暑さで朦朧としているせいではないと思うが、登山地図にある平岩山ー北大玉山間の水場が見つからない。水が少なくなってきたので気をつけて歩いていたつもりだが、札とか下がっていないのか。そもそもこんな尾根上に水場などありそうもないのだが・・・。

11:20 北大玉山

最後のピーク、祝瓶山の特徴あるシルエットが少しずつ近づいてきた。

f0194599_1950148.jpg



このあと荒川のほうへ降りる道との分岐を経て、さらに尾根を進む。この分岐を過ぎたあたりで水がなくなった。地図にある次の水場まで1時間半以上ある。真夏の炎天化水分補給なしに行動するのは自殺行為に等しい。泡盛なら少し残っているが、焼け石に水どころか火に油?、逆効果だ。もしも先程の水場のように見つけることができないときは予定を変更する必要もある。そうなれば祝瓶に向かうのはやめて次の分岐で赤鼻尾根を下って、桑住平の水場に行こう。今夜はそこでテント泊か、などとドロドロの血でめぐりの悪くなった頭で考えながら、犬のように喘ぎながら先を急ぐ。


12:10 大玉山

なぜか道標が倒れている。こっちも干上がって倒れそうだ。

f0194599_1950366.jpg


祝瓶山がその全貌をみせた。朝日連峰の他の山々と違ってなんだか急峻で意地悪そうな山容だ。

f0194599_19515854.jpg


道は一度森林限界よりも下がって、鬱蒼とした広葉樹林のなかを下っていく。

水場、今度は見つけることができた。登山地図には「下り2分」と書かれているが、道標には「15分」とある・・・。

f0194599_19522674.jpg



荷物を下ろしてプラティパスとソースの各2Lの水筒、500mlのペットボトルを持って藪のうるさい急な道を下る。道は雨のときに水が集まり水流ができるためだろうか深くえぐれている。ところによっては1m以上の穴のようになっていてとても歩き難い。そんな道を10分ほど下るとその道そのものが少しづつじめじめとぬかるんできてやがて、道から水が湧き出している地点に着いた。ちょろちょろなので汲むのに時間がかかるがまずは4、5杯飲んで十分喉を潤したあと、ペットボトルで少しずつ汲んで水筒に移した。最初は2L+2Lで4Lほど汲もうと思ったが、あまりに時間がかかるのでとりあえず2Lだけ汲んであとはもう何杯か飲んで戻ることに。上に戻って、水を満たしたソースの水筒にポカリ粉末を加えて残る登りに備える。が、いざパッキングしようとすると何かおかしい。水筒から水が漏れている。急いでプラティパスのほうに移し難を逃れる。ソースのソフト水筒、まだ山で使ったのは5、6回目だが短い命だったな・・・危うく道連れにされるところだった。やっぱりソフト水筒はあまり信用できないと再確認。バックアップが必要だ。かなり時間をとられたが、水が確保できたのでひとまず安心。

13:50 赤鼻の分岐

急な尾根を下り、鞍部からまた急な尾根を登り返す。ハートブレイク・リッジ。途中日帰りらしき3人とすれ違う。地元の人らしく、今年の夏は暑いと嘆いていた。

f0194599_19533570.jpg


右手には岩場。

f0194599_19553511.jpg


東西に走る稜線に辿りつくとそこは今日の下山路、鈴振尾根との分岐で頂上までは痩せ尾根をあと一息。荷を置いて空身で頂上へ。

f0194599_19562757.jpg



15:00 祝瓶山 

快晴。容赦無い夏の日差し。この山行最後のピークを一人満喫。遠く大朝日まで歩いてきた峰々が重なる。

f0194599_1957074.jpg

[PR]
by mobydick67 | 2010-08-14 19:40 | 山歩き | Comments(7)

朝日連峰 縦走路を南へ進め 3


2010年8月8日

4:00 他の人が動く気配で目が覚める。起きあがって寝袋から出て、ストーブに火をつけ湯を沸かす。湯が沸くまであいだに、寝袋を防水バックにしまいマットを畳む。沸いた湯にマルタイの棒ラーメンをいれて軽く煮てできたものを食べ、再度湯を沸かしインスタントコーヒー。食事が終わったら荷をまとめ、管理人に礼を言って、水を2Lほど汲んで小屋を後にした。

5:15 狐穴小屋出発。

朝もやのなか、小屋から少し登った三方境という天狗小屋方面との分岐を過ぎてさらに少し登るともう一度北寒江山の頂上で分岐がありここを左へと進む。

空が少しずつ晴れてきた。北を振り返ると昨日登った以東岳が笠のような雲をかぶっていた。

f0194599_20231235.jpg


前方には寒江山。

f0194599_20322092.jpg


5:50 寒江山 

f0194599_2027513.jpg



ここで初めて大朝日岳が稜線の彼方にその姿のほんの一部を現した。

f0194599_20284866.jpg




6:50 竜門小屋 

小屋の前の水場で昼食用にアルファ米ちらし寿司に水を加えて仕込んでおく。

f0194599_20324513.jpg



小屋から竜門岳のピークはすぐだが、三角点がどこにあるのかよくわからなかった。このあたりの南北の主脈稜線はなだらかな起伏の繰り返し。緩やかな登り降りを楽しみながら南へと進む。

f0194599_203466.jpg


f0194599_20344516.jpg




f0194599_20355899.jpg


f0194599_20365045.jpg


f0194599_20372036.jpg


f0194599_20374293.jpg


8:00 西朝日岳

大朝日岳の美しい円錐形のシルエットが次第に近づいてくる。気温があがってくるとブヨ、アブ、ハエがうるさい。

f0194599_20382723.jpg


f0194599_20384426.jpg


f0194599_2153124.jpg




大朝日岳手前の鞍部にある金玉水(水場)への分岐。まだ水は1L以上残っているので汲みにいかなかった。

f0194599_20394197.jpg


9:00 大朝日小屋 

狐穴小屋の管理人の話によれば7月の3連休には120人が押し寄せたという。私も本来ならここで2泊目の予定だったが、前日予想以上に進めたので当然先へ進む。

f0194599_2040354.jpg


9:15 大朝日岳 

あいにく頂上はガスに覆われていて展望はない。熟年4人パーティーに写真を頼まれ、彼らが下りていったあとで自分撮り。

f0194599_20403343.jpg


頂上で昼飯でもと思っていたが、頂上付近は小さな茶色い虫が大量発生していて、刺したりはしないようだがとても長居できそうもない。

f0194599_2041097.jpg




時間はまだ早い。さあ、これからどうしよう・・・
[PR]
by mobydick67 | 2010-08-11 21:00 | 山歩き | Comments(2)

朝日連峰 縦走路を南へ進め 2


2010年8月7日

9:40 泡滝ダム登山口、出発。

沢の右岸につけられた道を辿る。すでに陽の光は朝のものではなく、汗が噴き出てくる。水があちこちから湧きでて、流れを作っているので水に不自由はしない。喉を潤し、顔を洗い、手拭いを濡らして頭に巻く。

f0194599_10523633.jpg


f0194599_10525289.jpg


吊り橋を二つほど渡ると森は一層深くなる。

f0194599_10533495.jpg


f0194599_10535248.jpg


f0194599_10541288.jpg


f0194599_10543459.jpg



はるか下の本流を遡る釣り人。

f0194599_10545774.jpg


f0194599_1121532.jpg



変わった標識。小屋まであと10分とある。いいなあ、これ。山では大きな地図看板や標識ではなくこれくらいで十分。

f0194599_10553537.jpg



11:40 大鳥小屋(タキタロウ山荘)着。タキタロウ池は予想以上に大きい。小屋前の池を臨むベンチで昼食。チーズデニッシュ3つ。朝日連峰山域唯一テント泊可の小屋なので、ここでテント泊も惹かれるものがあるがいくらなんでもまだ時間が早いので先に進む。

f0194599_10555656.jpg


f0194599_10561933.jpg



湖畔の道を進む。水際のほうが涼しいのではと思い、右の直登コースへ。

f0194599_10563520.jpg


f0194599_10565442.jpg


イワナの子がのんびりと泳ぐ。

f0194599_10574966.jpg



池から離れると、夏草の下生えが生い茂る林の中を急登。1時間ほど汗をかき、息を切らしながら登ると、森林限界を抜け登りも少し緩やかになるが、霧の中、五里霧中。

f0194599_10594876.jpg


このあたりで登りの3人パーティーを抜き、下山単独1名とすれ違う。しばらく登ると前方の霧の中に雪渓と小屋が見えてきた。

f0194599_1101178.jpg



14:00 以東小屋着。1泊目はここにする予定だったが、先程大鳥小屋で管理人さんから「以東小屋は混むよ」と聞いていたのでもう少し歩いて次の小屋まで行くことに。

f0194599_116171.jpg


小屋から以東岳頂上まではすぐだが、ガスで何も見えない。「キツネ」と書かれた南へと主脈稜線を進む。

f0194599_113227.jpg



すっかり晴れることはないが、ときどきガスが散ってこれから歩く尾根が見渡せる。素晴しい尾根歩き。

f0194599_1151476.jpg


f0194599_1152014.jpg



我を忘れてただひたすら歩く。すれ違う人もいない。

f0194599_1155064.jpg



幾つかピークを越えるとまた霧の向こうに小屋が見えてきた。

f0194599_117576.jpg


15:30 狐穴(きつねあな)小屋着。
朝日連峰の一番深いところにある小屋。四方が見渡せるロケーションも素晴らしい。飯豊の御西小屋を思い出した。

f0194599_1174417.jpg


今夜はここに泊めてもらうことにする。朝日連峰は前述の大鳥小屋以外は幕営禁止で管理人のいる避難小屋泊まりとなる。テント好きとしては残念だが、自然保護の観点から妥当な方法だと思う。

気さくな管理人さんに二階を案内された。このときで宿泊者は10人ほど、夕刻に2人ほど到着したが小屋はゆったり広く使えた。管理料¥1500、ビール¥800を支払い、小屋の前の豊富に流れる水場で半身裸になって体を拭き、ビールで喉を潤す。夏の縦走の至福の時間。

二階に戻り、目刺しをあぶってつまみを作り、泡盛「南風」を一人飲む。今回ストーブはEVERNEW TI ALCOHOL STOVE STAND DX SET。アルコールは300mlを持参(燃料用、ちなみに飲用は42%を600ml)。

f0194599_1110062.jpg



少しすると常連らしい山形の人ふたりと管理人さんが飲んでいる座に、こっちに混ざれと呼ばれたので喜んで混ぜていただく。飯豊や朝日の話をいろいろ聞く。私以外みな山形人でなまりのせいで話の半分くらいはよくわからなかったが、飲んでいるとそんなこともどうでよくなり、何か分かったような気になるから不思議だ。飯豊は素晴らしい、朝日も素晴らしいということはお互いよく伝わった。

途中日没を眺めにみんなで外にでる。晴れてきて、青空が覗き、雲が染まる。

f0194599_11131994.jpg



このあと小屋に戻ってまたみんなで飲んだはずだが、よく覚えていない。前夜夜行であまり寝てないせいか、飯も食べずに寝てしまったようだ。夜半に目が覚めると寝袋にもはいらず、半身マットの上で寝ていた。寝袋を広げて潜り込み再び眠りに落ちた。
[PR]
by mobydick67 | 2010-08-10 11:24 | 山歩き | Comments(4)

朝日連峰 縦走路を南へ進め 1


2010年8月6日 夜

週末仕事を終え帰宅する人の波に逆らうように、重いザックを担いで自宅最寄駅から新宿へ。

6番線という普段あまり縁のないホーム。

21:10発 快速ムーンライトえちご 新潟行 6両編成

f0194599_22243678.jpg


電車が始発新宿駅を出発しても座席は2/3程しか埋まっていないが、全席売り切れとの放送。日付の変わる都合で途中熊谷から乗って来る客が多いようだ。隣の席にはまだ客はいない。

終点まで行くので、ぐっすり寝てしまえばよい。あまり飲み過ぎても期待に心が弾み目が冴えてしまうので、酒は安酒を程々に。持参した文庫を読みながらゆっくりと。

f0194599_2227595.jpg


途中熊谷で隣に鉄男と覚しきむさ苦しい男が乗ってきて座り、隣が今流行の山少女だったりしたら眠れないと心配していたのが杞憂に終り、安心して眠りにつく。

数度目が覚めたが、わりとよく眠れて空が明るくなってきた頃に新潟に到着。僅か数分の連絡で白新線経由で羽越本線に乗り入れる電車に乗り換える。村上でやはり数分の連絡でもう一度乗り換えると電車は日本海の海岸沿いを北上し始める。


夏なのに鉛色の空が広がる日本海。

f0194599_22293745.jpg


車内も鉄男濃度が濃く、鉛色。

f0194599_22295810.jpg



7:35 鶴岡駅着。

f0194599_22302668.jpg


駅前のバスターミナルから、7:42発 大鳥登山口行バスに乗る。客は大学生らしき若者と女性一人、私の3人。

終点の朝日屋前で会員制バスに乗換える。

f0194599_22314358.jpg


バスは未舗装の道を進み、次第に深い林の中に入っていく。

f0194599_2232118.jpg



9:30 泡滝ダムバス停着。

f0194599_22322227.jpg


身支度を整え林道を歩き始める。今回の足まわりは夏山縦走仕様。

f0194599_22331493.jpg


泡滝ダムはダムとは名ばかりの堰堤に毛が生えたような小さなダム。そのすぐ横の登山口から大長沢の本流の右岸に沿って道はつけられている。

f0194599_2234067.jpg


f0194599_22342924.jpg



9:40 泡滝ダム登山口を出発。家を出て12時間、初めての朝日連峰、ようやく山歩きが始まる。


で、続きはまた・・・
[PR]
by mobydick67 | 2010-08-09 22:38 | 山歩き | Comments(4)

北か南か



一昨日も仕事、昨日も仕事、今日も仕事、明日も仕事、明後日も仕事・・・

で、今はちょっと仕事サボってます。



7月中旬から下旬は毎年忙しいため休みがまったく取れず、梅雨明けとともに晴天が続き夏山シーズンが始まるのを恨めしい思いで横目でみながら、仕事に明け暮れるのが恒例だが、今年は梅雨が明けても少なくとも東京近辺はいまひとつ空模様がさえず、そういう意味ではあまりストレスを溜めることもなく、粛々と仕事に勤しむ毎日。

例年8月上旬~中旬にはまとめて休めるので、毎年縦走を楽しんでいる。
一昨年は、谷川連峰全縦走、昨年は飯豊連峰全縦走。両年とも息子と同伴で最高の天候にも恵まれ、思い出深い山行となった。


で今年の夏・・・・
ある程度日数をかけた縦走でなるべく人の少ない山ということで二つの候補を検討中。

まずは北、といってもアルプスではなく谷川連峰、飯豊連峰とくればことしも東北!ということで朝日連峰を検討。少し山域が狭いが2,3泊の縦走が楽しめそう。問題は基本的にテント禁止で管理人駐在の避難小屋泊まりになることか・・・。東北の山は下山後の温泉も楽しみだ・・・

もう一案は南、そう、こっちは南アルプス、それも南部。北部の白峰三山や甲斐駒はこれまで何度か山行経験があるが、農鳥岳以南、すなわち塩見岳から光岳までの南部山域はかねてより一度は行ってみたいと考えていた。随分まえ(10年近く前)に一度計画をたてたが、諸般の事情で頓挫。数年前に白峰三山を息子と縦走した際にも、農鳥岳の下りで遥か南方に見えたその山域にいつかは行ってみたいと思った。今年こそ、そのいつかじゃないか?!塩見岳から茶臼岳までなら4~5泊で何とかならないだろうか・・・。と、いろいろ思案してると、出ましたヤマケイ8月号!年に1度は特集する南アルプスを、今年は夏山シーズンに、それも巻頭大特集でぶつけてきたな。これで混んだりしないといいのだが・・・。こちらのコースの問題点はあえて言えば少しコースが長すぎるということだろうか・・・。


ひさびさに地図も購入。


f0194599_1329796.jpg



両方ともバスが夏しか走ってなくて、この時期逃すとなかなか行き辛い。

さすがに、両方は無理だよな・・・
[PR]
by mobydick67 | 2009-07-24 13:35 | 山歩き | Comments(0)