タグ:孫四郎峠 ( 3 ) タグの人気記事

35.903369,138.788127

久しぶりに山を歩いてきた。


2011年11月30日

奥秩父。いつもの場所。

f0194599_20494042.jpg


f0194599_2050755.jpg


いつもの人と、いつものようにたっぷり呑んだ。7ヶ月間、お疲れさま。




2011年12月1日

閉めた小屋を後に二人で小雨に煙る縦走路を東へ。

f0194599_20521754.jpg


f0194599_20524059.jpg



前から一度歩いてみたいと思っていた尾根、孫四郎尾根。

f0194599_20531559.jpg


斜度はない。藪もたいしたことはない。倒木はあるが、うんざりするほどではない。ただ、地図とコンパスを頼りに暗い針葉樹林の緩い尾根を外さないように歩く。

f0194599_20542521.jpg



35.903369,138.788127 H:2113m

f0194599_20545171.jpg


f0194599_20551334.jpg


一度は泊ってみたかった場所。予想以上に広い。まだ昼をまわったばかりだけど、雨は雪にかわりつつあるし、やはりここでテントを張ることにした。

f0194599_20554739.jpg


f0194599_20565962.jpg


f0194599_20571458.jpg



思ったほど気温は下がらず、湿った雪であまり積もらない。早くから飲み始めたので、宵の口には酒がなくなってしまった。



2011年12月2日

暗いうちに起きて、湯を沸かし、茶を淹れて、カッペリーニのスープスパで朝食。食後にコーヒと一服。小雪のなかテントを畳み、荷造りが終わった頃には少し空が明るくなってきた。

f0194599_20574592.jpg


広い台地の終わりからまた尾根を下り始めるが、針葉樹の幼木にシャクナゲが混じりはじめて少しづつ藪が濃くなり、斜度も増し、歩き難くなってくる。

f0194599_20583310.jpg


下ってきた尾根を振り返る。

f0194599_20584920.jpg


地図によると尾根の右、東側は土崖、左の西側は岩崖なので、なるべく尾根を外さないように藪を泳ぐように進む。尾根を忠実に辿って小ピークを2つほど越え、3つめを超えようとしたが、あまりに藪が濃くて尾根を辿るのを断念。右側に巻くと右手下方に登山道が見えた。ここで尾根から離れて登山道に出るとすぐ先に地蔵岩展望台への道標。ここからは薄っすらと雪が積もった登山道を緩やかに下る。

f0194599_20591142.jpg



川又のバス停まで出たが、次のバスまでかなり時間があって、寒くてとても待っていられそうにないのでそのまま秩父湖まで歩くことに。が、バスの経路が変わったことを確認していなかったため、さらに大滝温泉まで歩くことに。車道歩きにうんざりしてきた頃、やっとたどりついた温泉に逃げこむように立ち寄って体を温めた。氷雨のなかを凍えながら歩いているときにはビールのことなど念頭になかったのに、風呂からあがるとやはりとりあえず生ビール。そして熱燗。湯と酒で体をほぐしてから、宵祭りの秩父へと向かう。
[PR]
by mobydick67 | 2011-12-05 21:15 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(2)

奥秩父を調べる――飯野頼治

秩父往還いまむかし (さきたま双書)
 
どちらかというと山よりは麓の話が多いが、栃本の話、秩父の峠道が絹の道=シルクロードだったことなど興味深い。


山村と峠道―山ぐに・秩父を巡る (シリーズ山と民俗 (13))

奥秩父の秩父寄りの廃道を歩くとき、最も参考になる本。ただし、奥秩父に関する記述は最初の3章、90ページほど。

多摩への峠道――仙元峠、酉谷峠
甲州への峠道――将監峠、雁坂峠、雁峠
信州への峠道――十文字峠、三国峠

このうち雁坂峠の項で孫四郎峠にも触れられているので引用しておく。

孫四郎峠
 
 地蔵岩より分岐にもどり、100メートル程行くと右に、孫四郎峠を経て雁坂峠にいく旧道が分かれている。ただしこの旧道は、完全に廃道になってしまい、現在たどることは困難である。荒川小屋へも下ることが出来た孫四郎峠には、次のような話が伝えられている。
 「昔、栃本部落に孫四郎という人がいた。彼は、旅人の荷物を雁坂峠の頂上まで運び、その駄賃で生計をたてていた。
 しかし雁坂峠までは長くて険しい山道である。そこで彼は、途中にある荒川小屋への分岐点まで来ると、背負っていた客の荷物をおろし、お客さん、ここが雁坂峠だよ。といつわって駄賃をもらうと、さっさと栃本へ引き返してしまった。
 いつしか村人たちはこの地点を孫四郎峠と呼ぶようになった。」
 なお、孫四郎は甲州武田氏の家臣で、後に栃本に移り住んだ人物だったともいう。



今年は、この孫四郎峠と雁坂嶺の間を歩いてみたい。2113mの妙に広いところも気になる。

f0194599_2223364.jpg





実は、明日から奥秩父を2泊3日で縦走する予定を組んでいたが延期にした。別に何かに遠慮して自粛したわけではない。山を歩きたいが、何か気持ちがざわざわして落ち着かないし、こんな時に家を空けてしまうのも不安だからだ。もう少し世の中が落ち着いてきたら歩きに行こうと思う。山は逃げない。

今日、頼んでおいた奥秩父関係の古雑誌や古地図が幾つか届いたので、この週末は酒でも飲みながら机上で地図や山行記上の今はなき道を辿ってみる。

f0194599_23274438.jpg

[PR]
by mobydick67 | 2011-03-19 22:31 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(4)

古い雑誌 ~ 岳人 昭和31年(1956年)4月号


奥秩父関係の古い本や雑誌、地図を幾つか入手したので少しずつ紹介していこうと思う。


岳人 昭和31年(1956年)4月号 秩父特集

f0194599_2183510.jpg


図を幾つか無断転載させてもらう。

奥多摩概念図
f0194599_2191769.jpg


奥秩父概念図
f0194599_2110072.jpg



気になるところがいくつか。

f0194599_21102449.jpg


例の孫四郎尾根道は途中分岐して柳小屋に通じていて、その尾根を乗り越すところが孫四郎峠。この柳小屋~孫四郎峠の間には荒川小屋という小屋があったことがあるらしいが、それがいつ頃のことかはわからない。

国師ヶ岳から梓山方面へ抜ける道がある。国土地理院の現在の1/25000地形図にも残っているが、どうやら廃道化しているらしい。




余談だが、こういう古い雑誌は広告も面白い・・・

f0194599_21105385.jpg


これは今のMinamiスポーツかな・・・
[PR]
by mobydick67 | 2010-03-19 21:20 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(3)