タグ:国師ヶ岳 ( 9 ) タグの人気記事

盛夏、奥秩父の藪漕ぎ、正太郎の夏休み2・・・岩小屋から国師ヶ岳、甲武信小屋、そして魔境秩父へ

2013年8月3日

真夏で、天然の屋根があるとはいえ、テントも張らずレジャーシートに半身マットだけ、寝袋も省略してゴアのシュラフカバーだけというのは無謀だったようで、酔っていい気分で寝たのはいいけど、すぐに寒くて目が覚め、結局朝までうとうとしながら過ごすはめになった。せめて薄いインシュレーションジャケットか何かもってくれば良かった。五時前にシュラフカバーから抜けだして、アルコールストーブで湯をわかし、茶を飲みながら、スープカッペリーニを作って食べ、珈琲で〆て、荷をまとめ6時前、岩屋を後にする。以前積雪期に歩いた頂上から南にまっすぐ伸びる尾根をつめて国師まで歩くことにする。

一晩お世話になった岩屋をふりかえる。

f0194599_16203167.jpg


南に向かって適当に斜面を登る。

f0194599_1623377.jpg


20分ほどで、開けた鞍部に出る。ここは昨年のGWにも歩いた。

f0194599_16234781.jpg


さらに尾根をつめようとしたけど・・・・

f0194599_162413100.jpg



藪、藪、藪。また藪。最初はなんとかなるさと針葉樹の幼木をかき分けて無理やり進んだけど、そのうちシャクナゲも混ざったり、密度が増したり、樹高が高くなったりでそのうち一歩も進めなくなり、戻って巻いて進んで、また戻って巻いて・・・・足元も次第に倒木が折り重なるようになって、歩き難いことこの上ない・・・・と七転八倒、やみくもに、がむしゃらに這い上がっていると、以前積雪期に歩いたとき同様左、西側に赤テープが現れた。これに合流すると藪こそ薄くなって道らしき体裁にはなってきたけど、足元に折り重なる倒木はあいかわらずで・・・・こんなことなら歩く前にロングパンツ、長袖に履き替えておくべきだった、と後悔先にたたず、足も腕も擦り傷だらけ、かき分ける木から雨のように降り落ちてくるブヨだらけになって・・・・7:40 国師ヶ岳頂上。これなら、いくら雪を踏み抜いても昨年のGWのほうがまだまし。疲労困憊の自分撮り。

f0194599_16283463.jpg


ここからはフツーの登山道を甲武信ヶ岳へ。夏の朝の縦走路は思ったほど暑くない。

f0194599_16293197.jpg


11:30 甲武信小屋着。テレビ出演の続く人気の小屋番ヅメりんともひさしぶり。ビール飲んで、いつもの場所にツェルトを張って、まったりしていると、徳さん、NHKの水の日取材チームらに続いて毛木平から登ってきたイジル、ホサピ、すーさん、トモスケ、Wさんら友人御一行が到着。ゆっくり休んだし、トモスケと一緒に正太郎たちを迎えに降りてみることに。水源あたりでよっちゃん、0号様、五月様、正太郎が意外に元気そうなようすで登ってきたので、一緒に登り返す。

握手クンを恐喝する正太郎。

f0194599_16312658.jpg



16:00 甲武信ヶ岳頂上。去年よりも1時間以上早くなった。さすが社会人。遅れていたツトピと甥のY君も無事到着してめでたしめでたし。このあと小屋では水の日の蕎麦や美味しいおでんをご馳走になり、打ち上げ花火上げたり、うちあがったりして遅くまで。

2013年8月4日

やはり寒くてあまり眠れず、4時過ぎに起きて前夜水で戻しておいた赤飯と味噌汁、珈琲で朝食。今回はファイントラックツエルトIIロングが仮の宿。風もなかったせいもあるけど、前日の昼前に張ってそのままで朝までこのくらいテンション維持できるなら、雨の稜線でもないかぎり、十分テントの代用になる。

f0194599_16374327.jpg


正太郎(右)と甲武信小屋の屋根の修理に来てた職人さん、じゃなくてトモスケ。

f0194599_16424552.jpg


だらだらして、先に正太郎たちを見送り、8:30小屋を毛木平に向かって出発。水源の少し先で川上一家に追いつき、ここから一緒にゆっくり下る。

ナメ滝にて。

f0194599_16431377.jpg


13:30 毛木平到着。下りも去年よりずっと早かった。なかなかやるな、正太郎。で、ここから車で山梨方面に抜けるグループと別れて、川上家の車に乗せていただいて、一緒に滝見の湯で山の垢を落として、運転する川上0号様に遠慮することなく生ビールなんか飲んだりして、さらに秩父到着後も家にあがりこんで、しゃべったり飲んだりしてるとあら不思議、あっというまに終電。駅まで見送りにきていただき、また後ろ髪引かれる思いで秩父を後にした。









で、確かに西武秩父駅から飯能行きの電車に乗り込んだんですが・・・・・駅に到着してアナウンスの声で目が覚めたら、何かがおかしい。飯能ってこんなに暗い駅だったっけ??電車を降りる人の後を追ってホームに降り立つとそこは秩父!・・・・もう日が変わって月曜の0時過ぎ・・・・結局、つい2時間ばかり前にお世話になりました、と言って出てきた川上家のドアを再び叩くことに・・・・恐るべし秩父の魔力、引力・・・・うぎゃぁ・・・・
[PR]
by mobydick67 | 2013-08-11 16:48 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(13)

奥秩父 山、谷、峠そして人・・・そして? 2

2012年5月4日

4時前に目を覚ましたが、外は雨がしとしと。ラジオをつけると今日も天気は不安定らしい。湯を沸かして茶を淹れ、朝食に定番となったスープカッペリーニを手早く作って腹に入れ、コーヒーで一服。何だか煙草が無性に吸いたくなる。岩屋の中は雨風を凌げるのでテントの撤収、パッキングもはかどる。5時になりさあ出発するかと思って手袋をつけたりストックを持ったりしていると、いきなり雨音が大きくなりザアザア降り。やり過ごしてから出発することに決め、もう一度荷を解いてコンロとカップを出してコーヒーをもう一杯。今度は練乳をたっぷり入れて甘めに。

f0194599_21454886.jpg


5:30、雨も小降りになったので出発。雨をやり過ごす間に今日歩くルートを検討しておいた。岩屋の前で二つの沢が合流しているがそのあいだの尾根にとりつくことにした。これを登って国師ヶ岳からほぼ真北に伸びる尾根に乗ろうと狙いをつけた。

f0194599_2146258.jpg


昨日よりは雪は少し締まっているので、うまくルートを見極めながら登るとワカンを履いていればひどく踏み抜くことはない。ただ、たまに踏み抜くとワカンが雪に埋まった栂の幼木にひっかかって鬱陶しい。

f0194599_21465550.jpg


6時過ぎに主尾根に乗った。ここは地図にも小ピークとして記されているので間違いないはずだ。積雪は1m弱だろうか。

f0194599_21472390.jpg


ここからコンパスを使って進路をほぼ真南にとりながら進む。地図にはない小さいピークを幾つか越えながら南下。2400mあたりから斜度も増し、栂の幼木に加えてシャクナゲが密生した藪が現れ、さらに積雪も増えて進み辛くなってくる。踏ん張りどころだ。積雪も優に1mを越える。

f0194599_21475763.jpg


f0194599_21512751.jpg


一度少し樹林の疎らな斜度がさらにきついところに出てそこを雪の中を泳ぐように這い登り、再度藪に突っ込んでそこを抜けると・・・・

f0194599_2151432.jpg


f0194599_21534688.jpg


7:45 国師ヶ岳頂上。

f0194599_21523567.jpg


唐突だけど、今回の岩屋林道歩きは、会ったことはないけど、2年前にこの国師北面の同じルートを同じ時期に歩かれそしていまは星になってしまったMOTO.Pさんのことを思いながら歩きましたよ。山の大先輩として、一度山でお会いしたかったです。

思ったよりも時間がかかった。行動食をとり、ここからは踏み跡を辿って甲武信のほうへ縦走路を進む。もう雪はうんざり。

f0194599_21532949.jpg


国師のタルを過ぎ、東梓の手前あたりでアクシデント発生。

f0194599_21541666.jpg


右のアルミワカンが真っ二つに。リベットが抜けたところは結束バンドで修理しておいたが、抜けかけていたリベットが幾つか完全に抜けて分離した模様。昨日ワカンを履いたまま強引に何度も沢を渡渉したのがよくなかったようだ。とりあえず手持ちの結束バンドで修理しようとしたが、バンドの幅がリベットの穴より若干幅広で入らないので、十徳ナイフのリーマーで穴を広げたりと結構手間取り、途中大弛峠方面からきた2組4人ほどに抜かれてしまう。修理完了して冷えた体に鞭うって再度歩き出すまでに30分以上かかってしまった。

せっかく直したワカンだが、両門の頭手前あたりで雪は一旦減ってくるので、アイゼンに履き替える。KAJITAXの10本爪、LXT-C10。途中ほとんど雪の溶けてしまった部分もあるが、面倒なのでつけたまま歩く。

f0194599_21544791.jpg


富士見あたりから再び増えてきた雪に難儀しつつ、

15:20 甲武信ヶ岳

f0194599_21551665.jpg


雨こそ上がったけど霞がかかって展望も金峰がやっと見える程度。急いで小屋に向かう。

15:30 甲武信小屋。残雪期とはいえ、かなり時間がかかった。いつもの顔ぶれ、徳さん、爪ちゃん、ワッキー。混み始めたテン場にテントを張り、好意に甘えて薪ストーブの前で冷えた体を温めながら徳さんの話を聞き、美味しい肴と酒をご馳走になり、新しい人たちと知り合い、たっぷり飲んだけどそれでも飲み足りなくて、甲武信小屋極北のさむ~い立ち飲みバーでまた遅くまで・・・・

そう、いつだって同じだ。

How Come / RONNIE LANE

[PR]
by mobydick67 | 2012-05-10 22:02 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(2)

奥秩父への誘い

奥秩父 山と渓谷社編 アルパインガイド15
(昭和42年4月1日改訂四版発行 420円)

f0194599_2305646.jpg


ちょうど私が生まれた年に発行された奥秩父のガイドブック。特筆すべきは国師ヶ岳に至る道が5つも紹介されていること。

f0194599_2321326.jpg


甲武信岳―国師岳縦走
国師岳Ⅰ―琴川コース
国師岳Ⅱ―石楠花新道コース
国師岳Ⅲ―天狗尾根コース
そして、
国師岳Ⅳ―岩屋林道コース 

巻末付属の地図

f0194599_2314064.jpg


このあと最初の琴川コースが森林軌跡から林道化されて、国師ヶ岳は、無雪期には簡単に車で頂上直下までアプローチできる観光登山の山となり、いずれのルートも歩かれることが少なくなってしまった。

蛇足だけど、巻末で宣伝されている奥秩父―山旅と風土 (山渓文庫〈第14〉)。高くて手が出ないけど読んでみたい。この他にもこの旧山渓文庫には、性の石神―双体道祖神考 (山渓文庫)なんていう魅力的な本もある。なんといっても奥秩父にはチン○ウ山こと金峰山があることだし・・・・

f0194599_2323859.jpg




机上登山ばかりではつまらないので、ゴールデンウィーク後半はやはり奥秩父を歩く予定。でも空模様も怪しいし、雨にうたれ、クサレ雪を呪う藪歩きになりそう・・・
[PR]
by mobydick67 | 2012-05-01 23:09 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(8)

国師ヶ岳も百名山?

先日図書館で本を見ていたら、意外な本に意外な記述があった。

一等三角点百名山

f0194599_11495049.jpg


この本に百山の一つとして奥秩父の国師ヶ岳がとりあげられていて、その登山ルートとして今では廃道と化している岩屋林道が取り上げられていた。

f0194599_1150496.jpg



参考までにそこに記されたコースタイムを引用しておく。

梓山(3時間ー2時間)梓川・梓久保林道終点〈国師岳登山口〉(1時間ー40分)梓川岩小屋(2時間ー1時間30分)国師岳


昨年実際に歩いたが、林道終点から岩小屋までは沢沿を倒木を乗り越え、渡渉を繰り返しながらの歩きとなるので1時間はつらい。それとももっと沢から離れた倒木の少ないところに道があったのか。いつかもう一度歩いて調べてみたい。


ちなみにこの本に取り上げられている奥秩父の山は国師岳と雲取山のみ。きりのいい100と数を先に決めてしまうと、こぼれ落ちるものも多いというのが読後の感想。でも、この表紙の等高線には萌える・・・
[PR]
by mobydick67 | 2011-07-13 11:51 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(0)

早春の奥秩父主脈縦走 その2

2011年3月31日

4:50 起床。もう少し早く起きるつもりだったが疲れていたせいか寝坊してしまった。湯を沸かし朝食の準備。いまるぷシェフのスープカッペリーニ。カッペリーニは調理に時間がかからず便利だし、スープ粉末の即投入によって味付けもしっかり。これからは朝の定番になりそうだ。

f0194599_21434889.jpg


行動中の湯を作ったり、テントのポールが凍っていたりで冬は撤収、出発の準備に時間がかかる。

7:00 出発。空はもう明るい。

いきなりたっぷりの雪が待ち構えていた。

f0194599_21443928.jpg


f0194599_214536100.jpg


高度が上がって樹林が疎らになってくると雪は少し締まってくるが、斜度も増す。

f0194599_2145590.jpg


f0194599_21451725.jpg


8:20 前国師ヶ岳。

西には昨日歩いた金峰山、朝日岳。

f0194599_21461171.jpg


北にはこれから目指す甲武信ヶ岳が三宝山と木賊山に挟まれている。

f0194599_21463771.jpg


広い稜線上の緩やかな雪面にトレースを刻みながらピークを目指す。

f0194599_21473134.jpg


8:50 国師ヶ岳頂上。ここからその先の小ピークまで進み、間違って天狗尾根に入らぬようにして北に進路を変える。

広い曖昧な尾根を下って高度を下げていく。枝尾根に入ってしまわないようコンパスと地図でときどき進行方向を確認。

f0194599_21482641.jpg


11:40 国師のタル。パンで昼食。雪が深く下りの多い道でも時間がかかる。

f0194599_21495846.jpg


12:50 東梓。雪がちらつき始める。

14:20 両門の頭。降雪で展望ゼロ。

ふきっさらしの尾根で雪に降られると辛いが、深い森のなかなら雪も悪くはない。

f0194599_21503584.jpg


15:30 富士見。

この日は富士見を越えられればいいと予定していたので、幕営に適した場所を探しながら雪で白く染まった林のなかをゆっくりと進む。

f0194599_21513028.jpg


16:00 富士見から雪で歩きにくい石楠花のトンネルを泳ぐように通って下り、水師との間の鞍部の針葉樹林のなかに適地を見つけて整地してテントを張る。

f0194599_21525538.jpg


集めた雪を融かして湯を沸かし、茶を入れ、人心地がついたらつまみを温めながらさらに湯を沸かしつつ、酒。息子は甘いもの。

f0194599_21533278.jpg


風もなくなり、外は沁みいるような静寂。ラジオでニュースと天気予報。避難された人々の生活環境はいまだに劣悪だし、原発も予断を許さないが、空は明日は晴れるらしい。夕食はドライフードのカレー、アルファー米の白米とドライカレー。体が温まると眠くなった・・・
[PR]
by mobydick67 | 2011-04-05 21:57 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(6)

国師ヶ岳 南面甲州側登山道

昭和33年発行 奥秩父の山と谷 登山地図帳(山と渓谷社)より(無断転載)


天狗尾根

f0194599_23411587.jpg



現在縦走路上の分岐には立ち入り禁止の看板あり。天狗尾根そのものはともかく、アザミ沢から西沢渓谷最奥の黒金山登山口間の森林軌道跡が荒れている模様。



黒金、乾徳方面

f0194599_23413152.jpg



石楠花新道で奥仙丈を経由して国師と繋がっている。日帰りコースで乾徳、黒金には入山多数。


グーグルマップの衛星写真や1/25000地形図によると現在このあたりは林道が錯綜している模様。


どーしようかなぁ・・・
[PR]
by mobydick67 | 2010-11-16 23:42 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(0)

梓川を遡って国師ヶ岳へ 3


2010年10月10日

4:30 雨音で目が覚めた。外はまだ雨だ。

アルファ米山菜おこわ、乾燥野菜を加えた味噌汁、コンデンスミルク入りコーヒーとソイジョイで朝食。雨具、スパッツなどフル装備。雨の中テントを撤収するのは久しぶりだが、雨をしのげる岩小屋があるので少し楽。

空が明るくなってきてヘッドランプなしでも行動できるようになってから出発。急いで暗い中出発してルートを誤ってはかえって時間がかかる。

f0194599_930474.jpg


5:50 出発。

昨日にも増して倒木の折り重なる河床を進む。苔で滑る倒木を超えていくのは骨がおれるが、沢を大切に懐に抱え込むように広がる原生林はひっそりとしてとても美しい。

f0194599_9303713.jpg


f0194599_1595622.jpg




ちいさなナメ。梓久保林道終点以降、梓川には滝らしい滝はない。

f0194599_15102220.jpg





踏み跡らしきものがあるが、苔がしっかりついているので通る人や獣は多くないと思われる。

f0194599_9313164.jpg



7:00 もうこれ以上倒木を越えるのは嫌だと思い始めた頃に、沢の源頭部に着いた。源頭部は岩場に囲まれている。これを左に巻く。いつの間にか雨は止んでいる。ここからは針葉樹の幼木が隙間なく生えた林の中を藪漕ぎ。

f0194599_9314875.jpg


コンパスを睨みながら北へと進路を保持しようとするが藪を突破できないところもあって少し西に進んだら東に戻ってとジグザグに進むことを強いられる。それでも北方向、霧の向こうに国師ヶ岳の稜線らしきものが時々覗き、進路が正しいことはわかった。

途中、大きな岩が重なり、藪が途切れたところに出た。北西の視界が開け、川上村の広大な畑が見えた。

f0194599_9331819.jpg


再び藪に突っ込んで急な傾斜を登りながらしばらく木と格闘していると突然、登山道に出た。

f0194599_9343775.jpg


ここを登ってきた。

f0194599_9352272.jpg



西側が登り、東側が下りになっているので、荷物をデポして西に向かう。前方すぐの所に顕著なピークが。5分も歩かないうちにそのピークに着いた。

8:00 国師ヶ岳頂上。なんか顔や頭にいろいろついてる・・・

f0194599_938337.jpg




どうやらさっきは国師ヶ岳頂上と縦走路と天狗尾根の分岐にあたるピークとの鞍部に出たようだ。持参した1/25000地図で確認すると頂上から200~300mほど東の地点のようだ。


頂上の道標の後ろ、北側には踏み跡らしいものと赤テープ、ペンキが見える。これが本来の岩屋林道のようだ。せっかくなので少し下ってみた。

f0194599_9394158.jpg



顕著な踏み跡だが、高度にして50mほど下ると脇に生える木の枝が煩くなってくる。それでも登ってきた道に比べればずっと良さそうだ。沢の源頭部で岩場を左に巻いたのがよくなかったのかもしれない。左岸側には踏み跡があったのかもしれない。次はこの踏み跡を辿って頂上から下ってみよう。

頂上に戻り、縦走路を戻り、デポしたザックを回収して縦走路を甲武信ヶ岳方面に向かう。
[PR]
by mobydick67 | 2010-10-21 09:42 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(2)

ゴールデンウイークは・・・


毎年GWは息子と奥秩父縦走が恒例。昨年は瑞垣山荘から金峰、国師、甲武信、雁坂、将監峠、飛竜、丹波天平を経て丹波までを3泊4日で歩いた。今年は、その時知り合ったイジルさんも一緒に三人で歩く予定。

コースは・・・

f0194599_17501523.jpg



登路はこの信州梓山と国師ヶ岳頂上を結ぶ岩屋林道ルートを検討中。現行の国土地理院1/25000地形図でもまだ消されてはいないが、大弛峠経由の林道が通じている今は歩く者はほとんどいない。荒れているはずだ。藪こぎも予想される。北面だから雪も結構あるだろう。ただすぐ東を並行して国師ヶ岳と甲武信ヶ岳を結ぶ縦走路が走っているので、いざとなったらそちらにエスケープできそう。甘いだろうか。天候に恵まれれば歩けそうだ。


ググっても資料は少ない。先日まとめて購入した奥秩父を特集した雑誌、本のなかでもこのルートに触れているのはこれだけ。


「奥秩父の山と谷 ―登山地図帳― 」 昭和33年 山と渓谷社発行

f0194599_17503723.jpg



50年前のガイドブック。現行のアルペンガイドシリーズにあたるもののようだが、書名に「谷」とあるように沢ルートもたくさん紹介されている。また現在では廃道となっている真の沢林道や孫四郎尾根ルートにも触れられていてなかなか役にたつ。手書きの図版も多く、ただ地形図上にルートを引いただけのものより直感的に頭に入りやすい。

f0194599_1751697.jpg




これとカシミールと山と高原地図を参考に、下山ルートを検討中。机上で計画練るだけでも楽しい。
[PR]
by mobydick67 | 2010-04-24 17:56 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(0)

冬の奥秩父縦走 ~その2~「酒飲みに来たんじゃないんだよ!!?」


2010年1月27日(水)

5:30 携帯の目覚ましで起床。高度があまり高くないせいもあるが、あまり寒くない。まずお茶を沸かして目を覚まし、アルファ米五目ご飯と味噌汁、コーヒーで朝食。身支度整えテント撤収。

7:00 アイゼンつけて出発。樹林帯の枝尾根を主脈のほうに向って登る。積雪は30cmほどか。トレース、踏み跡はしっかりついている。昨日日帰り下山中の登山者2名にもあったし、金峰には冬でもけっこう人が入っている。

8:00 砂払いの頭。
ここで樹林帯を抜け、稜線にでる。快晴。風も思ったほど強くない。八ヶ岳はもちろん、南北アルプス、浅間山、その他色々(いい加減・・・)、あ、それともちろん富士山も。でも、もうこの景色を前にすると言葉や山の名前は必要ない、と柄にもないことを言いたくなるくらい素晴らしい・・・

f0194599_23483328.jpg


f0194599_2348542.jpg


f0194599_23491241.jpg


f0194599_23493297.jpg


f0194599_23565489.jpg



9:00 金峰山 山頂

頂上の東側、賽の河原はお気に入りの場所。頂上からこちら側はトレースもない!!!

f0194599_23495576.jpg


f0194599_23501880.jpg




鉄山のほうへ向かう広い尾根に入ると、急に雪が増え股下まで雪に潜るので、アルミワカンを着ける。家でアイゼンワカンができるようにベルトを調整しておいたつもりだったがうまくいかないので、アイゼンをとってワカンだけ着けた。

f0194599_23503814.jpg



鉄山を巻き、朝日岳を超え、国師ヶ岳を望みながら大弛峠へむかう。

f0194599_2351240.jpg



13:00 大弛峠着。小屋は広いスペースが開放されていた。水場の水(流水)もちゃんと流れていた。

f0194599_23512541.jpg


f0194599_23514311.jpg



行動食で軽く昼食をとって休み、国師岳へと向かう。雪が深く、木道、階段にも70cm程度積もっている。

f0194599_23523419.jpg



前国師からは甲武信ヶ岳も見える。まだずいぶん遠いなあ・・・。前国師から国師への尾根道はさらに雪が深い。

f0194599_23525896.jpg



15:00 国師ヶ岳 頂上着。

f0194599_23534094.jpg



ここからは広い尾根を北北東へと降下する。雪が深く膝で雪を蹴散らしながら重力を味方にして下る。傾斜が緩やかになってくると何故か雪が減って場所によっては土が見えてるところもある。国師のタルを越えて少しいったところで17:00をまわったので、適当な場所を探し、樹林帯の中の鞍部にテントを張った。

f0194599_23541589.jpg



この日の食事当番はヅメ。メニューは豚汁。家で仕込んで煮詰めたものを湯で戻して食べた。う~ん、やっぱり冬は鍋!!酒も進む、といいたいところだが、前日飲みすぎたので反省して、いやそうではなくて、酒の蓄えが少ないのでやむをえずほどほどにして、午前様になることなく早めに?寝た?かな?・・・・で、明日合流予定のイジルさんが恵比寿様の格好をして樽酒を担いで上がってくる夢を見た・・・・
[PR]
by mobydick67 | 2010-02-05 00:04 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(0)