タグ:ラン ( 2 ) タグの人気記事

野川を走る

2月末に上京以来30年住んだ世田谷区から、隣の狛江市に越してきました。いろいろと身軽になり、子供ももう大学生で校区を気にする必要もなくなったし、住んでいたマンションの隣に3年前にコンビニができて騒がしくなったので、少し静かなところに越すことにした。都心に自転車通勤できる範囲で物色して、結局、世田谷区、調布市、狛江市の市区境が交錯するあたりの築40年を超えた古いマンションに決めた。11階建ての10階で、ふた昔前の高層マンションのまあまあの高層階という、これまで住んだことのない高さにも惹かれたけど、なんといってもマンションのすぐ前を野川が流れているのが決め手。

f0194599_158924.jpg



旧居では自宅から1kmほど走って仙川に出て、川沿いの遊歩道を4kmほど走り、また自宅に戻るというのが朝の定番ランコース。新居ではマンションから出て道路を渡ると野川の両岸に遊歩道が南北に伸びている。またコンクリで固めた川の堤の上のアスファルト敷の遊歩道ではなく、仙川にはなかった川幅の割には広めの川床の草生した踏み跡を走れば、朝露に靴を濡らしながら、途中横切る道路、歩行者や自転車を気にすることなく走り続けることができる。

3月末には遊歩道脇の桜が咲き、川床の菜の花がそれと競うように咲き誇ってた。

f0194599_15251894.jpg


f0194599_15555785.jpg


f0194599_1528247.jpg


清流から程遠い人造河川だけど、鷺や鴨、鵜が羽を休めてる。でかい鯉もいて、ときどきガキどもがルアーで釣りしてます。写真は撮れなかったけど一度カワセミも見た。

f0194599_15291393.jpg


f0194599_1530180.jpg


負荷をかけるために少し寄り道して国分寺断崖をひいひいいいながら登ってたら、こんなのもいました。

f0194599_15311145.jpg


自宅を出てそのまま上流に向かって右岸を走り、帰りは左岸というのが定番コース。これを参考にしてます。

村松昭 散策絵図シリーズ13 野川散策絵図 (村松昭 散策絵図シリーズ)

f0194599_15331593.jpg


広げると3mを超える絵巻、そのうちいつも走るのは地図上で1mほどの区間。

f0194599_15351049.jpg


京王線、甲州街道馬橋をくぐると往路3km、中央自動車道、御塔坂橋で5km、がんばって野川自然公園の二枚橋、西武多摩川線をくぐると10km超というふうに、橋をメルクマールに途中止まることなく何も気にせず走れるのは最高!!以前は二日に一度だった朝ランが回数、距離ともに増えた。

5月になると川床の草丈が高くなり、踏み跡にもかなり生い茂るようになったけど、藪漕ぎラン!といい気になって走ってた。ある日走って家に戻ると、脚が少し赤くなっていたので何かにかぶれたかなと思ったけど、気にせずまた次の日も走りました。数日後、今度は走っていると脚が猛烈に痒くなり、見ると湿疹ができてました。それでも草をかき分けて走っていると今度はくしゃみが止まらなくなり、目も痒みが止まらなくなりました。これらの症状が走っていないときも治まらないので、さすがにおかしいと思ってアレルギー科、皮膚科医院に行って検査してもらうと・・・・当たり!

f0194599_15453819.jpg


イネ科植物の抗体が少し、またこれまでシーズンでも何も感じなかったスギ、ヒノキの抗体も少しありました。ということで、50歳前にして花粉症デビュー。とりあず薬を処方してもらい、川床を走るのはやめて遊歩道で我慢することに・・・。薬は10日ほど服用して、そのあとは川床を走らなければひどい症状はでなくなったけど。

6月になって眼下の川床を恨めしく睨みながら走っていると、草が刈られている区間が少しだけあった。数日後遊歩道と川を隔てる金網にこんな掲示が。

f0194599_15484792.jpg


おお、ありがとうごさいます、調布市様。どんどんお願いします。

f0194599_1550561.jpg



ということで、日に日に刈り終えた区間が拡がるのを見て、再び川床を走れる日を楽しみに待ちながら走る今日此の頃でございます。
[PR]
by mobydick67 | 2016-06-18 16:02 | その他 | Comments(4)

広、長浜、小坪、小須磨、仁方、広

呉に帰省中。
毎日中途半端な天気で、遠出という気分ではないので、今朝は早起きして近くを走ってきた。

自宅を出て、地元で「バイパス」と呼ばれている、戦後米軍の弾薬輸送のためにできた道路からスタート。

工場地帯を抜けて・・・

f0194599_16563139.jpg


米軍弾薬庫を横目で睨みながら、峠を越えると・・・

f0194599_16565323.jpg


f0194599_16573748.jpg


・・・そこは海であった。

f0194599_1658845.jpg


いつもはくだらないことをいうのが罰当たりなくらいなすばらしい光景が眼前に広がるけど、今朝はあいにく朝霧で峠の上から海は見えなかった。それでもこの峠を越えると途端に潮の香りが強くなる。

峠を下って小さな漁村(坂田明の故郷、長浜)を抜けると、そこからは道は海と山のあいだのわずかな土地にへばりつくように続く。雨が降ってきたけど気にならない。 

f0194599_16583981.jpg


ちいさなちいさな造船所。

f0194599_1659079.jpg


f0194599_16594012.jpg


f0194599_16595410.jpg


f0194599_1701370.jpg


f0194599_1703440.jpg



小学生の頃は、自転車の荷台に釣り道具と釣竿を括りつけて悪童たちと毎週末通った。
中学に入ってロードマンを買ってもらうと、何の目的もなくこの道をがむしゃらにとばした。側溝につっこんで、一回転半の背中着地というウルトラCをキメたこともあった。
大人になっても、結婚前の妻が運転する車でドライブした。
息子と自転車でツーリングもした。


これまでもこの道のことは何度かブログやFBに書いたけど、何度書いても書きたりないくらいいい道。できれば東京にこのまま全部持ち帰って毎日走りたい・・・・


f0194599_1713991.jpg

[PR]
by mobydick67 | 2015-08-21 17:04 | その他 | Comments(0)