タグ:ボッカ ( 3 ) タグの人気記事

雪はどこ?

今年の師走は、2年ぶりに恒例の甲武信小屋の年末年始営業のボッカに参加させていただきました。

2015年12月27日
づめりん、平野さん、ごっちゃんと待ち合わせて車で一路長野県川上村へ。そこでかねやんと居合わせたいおりさんや金峯山小屋の小屋番さんも合流して、村役場となりの食堂でわいわいと。その後白木屋でも遅くまで・・・・麓の夜は長い。

2015年12月28日
朝食を腹一杯食べて毛木平へ。聞いてはいたけど雪は少ない。というよりもない。荷をみんなで分けて7:00出発。

f0194599_2045164.jpg


f0194599_2051422.jpg


それでも少し歩くと雪が出てきて、なんだか嬉しくなる。

f0194599_205485.jpg


年末ボッカの一番大切な荷はこの一斗樽。みんなで交代しながら背負う。

f0194599_2065327.jpg


雪は少ないけど、カリカリのところもあるのでアイゼンは必須。このぐらいの雪だと奥秩父では軽いチェーンアイゼンが重宝。

f0194599_2062592.jpg


千曲川源流の狂人。重いもの背負っていても、いやそのせいで、頭もからっぽになり、足取りも軽くなる。

f0194599_2091144.jpg


千曲川水源でも雪はこの程度。

f0194599_2094058.jpg


こんなに雪が少いと、トレースをつける必要がないのでピークを巻く。

f0194599_20102930.jpg


あっというまに小屋に到着。まだお昼前。雪も荷も少なく、楽なボッカだったなあ。

f0194599_2011234.jpg


一休みしたあとは、小屋の中をさっと片付けて、さあ一杯!のはずだったけど・・・・・今年は水や電気といったライフラインのトラブル、小動物たちのイタズラの後始末などいろいろやることが多い小屋開き。それでも暗くなる前には美味しい酒と肴にありつけた。

f0194599_20131158.jpg


2015年12月29日

朝起きると外は小雪がちらついていた。

f0194599_20142688.jpg


片付けやいろいろな問題への対応が一段落したのはお昼前。2300mにある厳冬の零下−10℃以下の小屋で、蛇口をひねれば水が出て、スイッチをパチンとすれば灯りがつき、食物をちゃんと保管して食事を出すのはなかなか大変なこと。そういうことを教えてもらえるのも、冬のボッカならでは。

f0194599_20202276.jpg


お昼には一緒にボッカした平野さんやかねやんが下山していき、午後になるとぼつぼつお客さんが到着したり、他の助っ人たちも到着。ちびちび飲みながら、手伝いというよりも、小屋仕事の邪魔をしながら宵を待つ。夜はお客さんたちと一緒に夕食、というか豪勢に酒と肴をいただいて・・・・・ごちそうさまでした。

2015年12月30日
この日は、小屋への水揚げが済んだところで、昼前に小屋を出発。みなさんありがとうございました。

f0194599_2022074.jpg


この日は快晴。

f0194599_20245892.jpg


南面の甲州側のみちはさらに雪は少ないけど、低い陽の光に冬を感じながら林の中を下る。

f0194599_20244099.jpg


無事下山して、西沢渓谷のこんにゃく館で一杯やってバスに乗ると、若い登山者からモービーさんですかと話かけられ、話をしてみると、奥秩父の藪尾根や廃道にとても詳く、電車で別れるまでちびちび飲みながら(こっちだけです)しばし奥秩父藪談義に花が咲きました。教えられることも多くとても楽しい時間でした。


ということで、今年もよろしくお願いします。

f0194599_20255774.jpg

[PR]
by mobydick67 | 2016-01-01 20:31 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(2)

2011年最後の山歩き

今年も甲武信小屋の年末ボッカになんちゃって参加させていただいた。ただ今年は希望者が殺到?した第一次先発隊の選考に落ちたため、第二次隊として参加。

2011年12月26日

年末ボッカの常連精鋭メンバー平野さんが運転する車で、ヅメリンと3人で川上村梓山の白木屋旅館へ。翌日に備えて酒はほどほどにする予定だったが・・・

f0194599_22481737.jpg



12月27日

朝食後、甲武信小屋主人徳さんと合流して、毛木平へ。3人で荷物を分けて出発。

f0194599_2248464.jpg


f0194599_224909.jpg


今年は雪が少ないと聞いていたが予想以上。少し寂しい。

f0194599_22493731.jpg


f0194599_22495865.jpg


それでも、沢沿いの道で凍結箇所もたくさんあるのでナメ滝あたりでアイゼン装着。

f0194599_22501682.jpg


f0194599_22511246.jpg


樽酒も少し担がせてもらった。途中コケたりよろけてバランスを崩して樽を落として割ってしまうと、そこで飲むしかないらしい・・・誘惑が・・・・

f0194599_22505530.jpg


昼過ぎに小屋に到着。小屋の前でも10cmも積もっていない。

f0194599_22514531.jpg


ざっと中を片付けて、軽く掃除したあとでソルティーなホルモン焼きとスィート・ソウル・ミュージック。

f0194599_2252238.jpg




12月28日

今年は雪が少なく、雪かきなど外の仕事がほとんどないので、午前中は小屋の隙間塞ぎ。

昼前にこの日下山する平野さんについて甲武信ヶ岳頂上まで。縦走路も雪が少ない。

f0194599_2252449.jpg


午後はだらだらと掃除など。

f0194599_225453100.jpg


早くから鍋を肴に一杯・・・・

12月29日

午前中ざっと掃除をして、早い昼を食べたあと下山。いろいろありがとう、ヅメリン。酒、肴、飯ごちそうさまでした。

f0194599_2254269.jpg


木賊、戸渡尾根経由で西沢渓谷へ向かう。こちらの道も例年に比べて雪が驚くくらい少ない。アイゼンを履かずに歩いた。

f0194599_22553512.jpg


f0194599_22554927.jpg


2200mくらいから土がのぞくところもあり、1900m付近からは登山道上はほとんど雪がなくなる。凍結箇所も少しあるが、避けて通れば問題ない。

f0194599_2256898.jpg



途中、徳ちゃん新道とヌク沢道の分岐の上で甲武信小屋の正月営業を手伝いにデカイザックを背負って登ってきたS嬢と会う。今年はSさんの豪華鍋が食べれないのが残念。

f0194599_22562560.jpg


下山後、道の駅みとみでワインでも買ってバスに乗ろうと思っていたが、閉まっていた。残念。



今年も最後に楽しい山歩きをさせてもらった。ありがとう。
[PR]
by mobydick67 | 2011-12-29 23:01 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(2)

なーんちゃって、ボッカ


田舎者なので、年末年始は田舎に帰省、山でご来光というわけにはいかない。11月の山行で今年は最後かなと思っていたが、甲武信ヶ岳小屋番のづめちゃんに頼んで、年末年始営業のためのボッカを手伝わせてもらうことに。

2009年12月26日

赤羽で待ち合わせて大宮から佐久平まで新幹線にのって信濃川上まで。これまで小海線は中央線経由しか乗ったことがなかったが、長野新幹線経由のほうが早いし、料金も特急使うならあまりかわらない。信濃川上から村営バスに乗り終点梓山まで。この日は白木屋旅館に前泊。そうあの田部重治も泊まった老舗旅館。前々から一度泊まってみたかったところ。

f0194599_21342972.jpg


今回泊まった部屋は増築した新館の一番大きな部屋「甲武信」。風呂に入り食堂で夕食。新幹線からずっと飲み続けだが、夕食でつけてもらった日本酒だけでは足らず、部屋に帰ってからも二人でちびちびと。途中佐久平の土産物屋で仕入れた焼酎「入魂」はなかなか癖のある味・・・ちょっと失敗だった・・・酒なんだから入魂されてもねえ・・・

f0194599_21492128.jpg



12月27日
翌朝7:00起床。朝食を済ませ、いつもボッカをされている小屋の常連平野さんと合流。平野さんの車で毛木平へ。三人で荷を分けて9:00出発。晴天。風もなく暖かい。

f0194599_21494734.jpg


f0194599_21501422.jpg



最初はところどころ凍って滑りやすいところもあるが雪も少なく快適な山歩き。1時間歩いたあたりでアイゼンを装着。づめちゃんと平野さんは6本爪。私は今回息子の新しい靴を借りて(?)きたのでその靴と手持ちのアイゼンとの相性を確認したかったので10本爪を。ちなみに平野さんは自前のアルミ背負子で。かっこいい。

f0194599_21505730.jpg



12:10 千曲川源流碑。このあたりで雪は40cmくらい。これより先の登りで40cm~50cmくらいだが、しっかり踏まれていて歩きやすい。

f0194599_21512411.jpg



13:40 甲武信ヶ岳頂上着。少し雲もあるが富士はもちろん八ヶ岳、南北アルプス、赤城山と四方の見晴らし最高。

f0194599_21515531.jpg



14:00 甲武信小屋着。

f0194599_21522177.jpg


封じてある玄関の扉を開き、雨戸を外し、小屋の整理。水の準備。


先日秩父下界でご一緒した川上さんがこの日なぜか甲州西沢側から日帰りで甲武信にこられていたことを爪部屋の書き込みから知る。また行き違いでしたね川上さん!残念です・・・。ちなみにこれまた先日寒風吹きすさぶ連れ込みバーで一緒に飲んだふうろさんは翌28日に西沢から登ってきて着くのは夕方ということで、これもお会いできない。ニアミス多いなあ・・。ともあれ、明るいうちにできることを済ませ、夕方からは3人で酒宴。また遅くまで・・・・



12月28日
6:00起床。外は雪。

f0194599_21551568.jpg


朝食はカレー。1ヶ月寝かせたカレーは旨い。ああ、この日は北爪清史、サンジューキュー歳誕生日。おめでとう!まったりしたあと平野さんと10:00出発。雪は止み、外は晴れ始めている。昨夜は10cmほど新たに積もった。頂上経由で毛木平を目指す。降った雪が森を白く染め、また昨日と違う風景を楽しみながら空荷を担いで楽しい下山。

f0194599_21533478.jpg


f0194599_2153917.jpg


f0194599_21535854.jpg


f0194599_21542320.jpg



13:00 毛木平着。平野さんの車に乗せていただいて16:30帰宅。



たいした量は担げないのだが、今回はボッカを手伝わせていただきとても楽しかった。テント泊や冬季解放小屋泊はあったが営業小屋に泊まったのは他の小屋も含めて初めて。美味しい酒とご飯もごちそうしてもらったし。今年最後の山行がとてもよいものになり、甲武信小屋のみなさまには本当に感謝!!!また来年もよろしくお願いいたします、テント泊ですが・・・


ということで、奥秩父にどっぷりの1年でしたが、まだまだ奥が深い奥秩父、来年も地味に歩きます。
[PR]
by mobydick67 | 2009-12-29 22:15 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(4)