<   2015年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

雨の奥秩父、そぞろ歩き

先日ひさしぶりに雨の奥秩父をぶらりと歩いてきた。奥秩父を歩くのは2014年4月の小屋開けボッカ以来、テント背負って一人で歩くのは2013年9月の真ノ沢以来だ。

2015年6月18日

自宅最寄り駅から鈍行列車を乗継ぎ、信濃川上へ向かう。

f0194599_1840993.jpg


小淵沢へは一本早く着いて、立ち食い蕎麦。ホームにあった店はエレベーターの増設でなくなっていたので、改札出た駅舎の店で、いつもと同じようにさくら肉そば。

f0194599_18402463.jpg


信濃川上からバスに乗って梓山へ。地元の老人が途中乗ってきた以外に乗客はいない。梓山からは収穫最盛期のレタス畑を眺めながら南へと農道を登る。

f0194599_1841890.jpg


途中、町田市国民休暇村あたりから雨が降り始める。カッパを来てザックにレインカバーを被せて林道を歩く。途中路上一面にいちごの花が咲き乱れている。残念ながらまだ実はなっていない。一ヶ月後に練乳持って再訪しよう。

f0194599_18412697.jpg


f0194599_18413632.jpg


国師、岩屋林道方面との分岐で南東へ、唐松久保沢に沿って苔むした沢床を歩く。何度か歩いた道だけど天候、季節によって風景も変わる。

f0194599_1842324.jpg


幾つか堰堤を超え、最後の堰堤を左岸側から越えると緩い滝。

f0194599_18425454.jpg


ここから先はあちこちに苔むした幕営適地がある。

f0194599_18432010.jpg


f0194599_18434743.jpg


f0194599_18441394.jpg



欲張っていいところはないかと歩いているうちに、雨は本降りになり、斜度が増して、沢床も狭くなってきたのでもういちど来た道を下って適当なところでツエルトを張った。

f0194599_18443158.jpg


今回は予報ではずっと雨だったけど、雨天下でどのくらい使えるかテストするために、テントではなくファイントラックツエルトⅡロングを仮の宿に選んだ。床はタイベックとレジャーシート、ツエルトの床の3枚重ねにしたが、前室がないのでツエルト内の一部を腐葉土をむき出しにして靴置き場とコンロの使用に使ったが、ここから湿気がテント内に充満して内側が激しく結露してしまった。結局ゴアのシュラフカバーで覆った寝袋に入るとき以外は、ツエルト内でもカッパを着ることになった。靴もシートの上に置いて、地面からの湿気を遮断したほうがよかった。何事もやってみて初めてわかることがある。

f0194599_18445255.jpg


ツエルトの中に逃げ込んで、湯を沸かしお茶を入れて一服し、雨で濡れて冷えた体を温めてから、お茶を持参したジンにかえる。雨音、沢の音に耳を傾けながら飲む。インスタントのカレーラーメンにキャベツと豚バラを加えたものが今夜の夕食。

f0194599_18455612.jpg


f0194599_1846722.jpg



腹が落ち着いたあとも酒に手がのびたけど、いつの間にか寝てしまい、夜中の三時くらいに目が覚めたときに枕元のコップに残っていたジンを飲み干したら、また飲みたくなって継ぎ足して・・・山の夜は長い。



6月19日

朝5時に起きると雨は小降りになっていた。前日水で戻しておいたアルファー米五目御飯を温めてインスタント味噌汁。

f0194599_18465041.jpg


食後のコーヒーを飲んだ後、雨で外にでるのが億劫だけど、あきらめて雨具を着て雨のなかツエルトをたたみ、荷造りして6:00出発。今日も沢沿いを進む。

f0194599_18471949.jpg


f0194599_18473327.jpg


沢の源頭部を超えて少し登ると40mほどのガレ。

f0194599_18475367.jpg


右側を巻いて、幼木がうっとおしい針葉樹林のなかを上り、途中あまり歩かれていない様子の廃道化した杣道を超えて五郎山方面から縦走路の富士見まで続く天竺尾根にたどりつく。

f0194599_18484286.jpg


ここから富士見まではすぐだが、緩い尾根なので復習がてらコンパスと地図を使ってみる。

f0194599_18494647.jpg


7:30 縦走路の富士見に出た。ここからは登山道で甲武信小屋を目指す。富士見から東に少し下ったところかっらしばらく続く林は素晴らしい。ここも季節を変えて何度でも歩きたい道のひとつ。

f0194599_1850142.jpg


甲武信ヶ岳頂上は雨で展望がないので、素通りして小屋へと向かう。

9:30 甲武信小屋。久しぶり、1年2ヶ月ぶりだ。

f0194599_18514839.jpg


ごっちゃんやヅメちゃんに会うのも奥多摩の新年会以来。

f0194599_1850434.jpg


f0194599_18521033.jpg


小屋で少し休ませてもらって、雨のなか濡れたツェルトをいつもの場所に張らせてもらう。

f0194599_18524244.jpg


いろいろ話をしながら小屋仕事を冷やかす。

f0194599_18542416.jpg


f0194599_18543777.jpg


この日の小屋泊りのお客さんは団体さんが多く40数人。

f0194599_18544922.jpg


夜は酒と肴をご馳走になった。消灯後、ツェルトに戻って寝袋にもぐりこんだが、なかなか寝付けずラジオを聞きながらちびりちびりと飲んでいたが、いつの間にか寝ていた。

6月20日

早起きして小屋の仕事を手伝わせてもらっているうちに、雨があがったのでテラスにツエルトを干して乾かす。概ね乾いた頃に小屋の仕事も一段落して、コーヒーをご馳走になり、荷をまとめて、出発。復路は徳ちゃん新道で西沢渓谷へ。意外に早く着いて塩山行きバスにも間に合い、駅でワインを買って中央線鈍行で帰路についた。

f0194599_1914545.jpg



いつもと同じ山歩き。でも昨年はいろんなことがあって、今年になっても初めのうちは山のことなんか考える気持ちの余裕もなかったけど、こうしていつもと同じように、好きなところを好きなように歩くことができるのは嬉しい。また行こう、奥秩父。
[PR]
by mobydick67 | 2015-07-04 19:07 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(6)