<   2012年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

未来美術家と再会

昨日、御徒町のきぬそばで昼飯喰って外に出たらどこかで見たことのあるような車が・・・・

f0194599_8594956.jpg


というか、見間違えようがありません。以前真の沢を一緒に遡行した「未来美術家」遠藤一郎の未来へ号。なんだかひとまわり小さくなったみただけど・・・・

運転席に遠藤さんがいたので声かけてみたら覚えててくれた。ここにあるアーツ千代田3331を東京のアジトにして暗躍してるそうです。

f0194599_903873.jpg


立ち話でちょっと話していろいろ聞くとあいかわらず元気にケッタイな面白いことやってるみたいでなにより。

未来へ号で列島にメッセージを描く!!

アホですねえ、最高です。何考えてるのかよくわかりませんが、どんどんこの路線でいって欲しいとおもいます。決して「巨匠」や「天才」になったりしないでください。ステッカーと師匠にあたるらしい「天才」会田誠展のチケットをもらっちゃいました。あっ、サインもらっとくの忘れた、しまった!

f0194599_8592840.jpg


応援してるよ!
[PR]
by mobydick67 | 2012-12-27 09:03 | その他 | Comments(2)

I 'LL TAKE YOU TO THE TOP!

銀座。

f0194599_2320997.jpg




[PR]
by mobydick67 | 2012-12-23 09:52 | ロックンロール | Comments(0)

さようなら、小沢昭一

たとえば、神代辰巳の「一条さゆり 濡れた欲情」や森崎東の「喜劇 女は男のふるさとヨ」を見るまでもなく、ストリッパーたちは街から街へとドサ廻りの旅をしながら生業をたてている(いた・・・)わけだけど、それを出雲の阿国から連綿と続く「放浪芸」の伝統の最新版として位置づけるなんてことは、やっぱり小沢昭一以外にはできない芸当。

また、とても優しい眼差しの人でもあった。

 近頃は”放浪”ばやりである。
 しかし”放浪”の、キビシサ、ツラサ、セツナサばかり強調され、カッコイイこととされているような気がする。ホンモノの放浪は365日明けても暮れてもだ。セツサナ、ツラサばかりでは身がもたない。案外当人は「遊」なのであろう。ほら、遊行という言葉もあるではないか。有吉さん(引用者注:門付け芸人)じゃないが「遊び半分」なのである。
 さすれば、吾れも「マドウ」より「遊ぼいな」・・・・・・そう出来たらクロいなァ。


    私のための芸能野史 (1973年)より


まったくそのとおり。

他にもいろいろなことを教わりました。とてもかなわないことだけど、ああいう大人になりたいと思ってました。いや、いまでも思ってます。あの声がもう聞けないのはとても寂しい。


お線香がわりに一本。

f0194599_12175670.jpg


さようなら。
[PR]
by mobydick67 | 2012-12-21 12:21 | その他 | Comments(0)

秩父夜祭り 呑んだ、酔った、泣いた?

ちょっと時間が経ってしまったけど、今年も秩父夜祭りに行ってきた。

昨年のように奥秩父から秩父に降りて宵祭りからゆっくり参加とはいかず、夜祭当日12月3日の朝、東京から秩父に向かった。昼のあいだは街を練り歩く屋台から聞こえてくる囃子をBGMに、またもや今年もお世話になってしまった川上家で宵の口までゆっくり朝酒、昼酒。

暗くなってから、喧騒の街に出てみる。

f0194599_18281750.jpg


今年も梶取りの着付けを見学させていただいた。祭りも佳境、興奮と疲労の極みでみんなヘロヘロ。

f0194599_18295862.jpg


f0194599_18303174.jpg


花火を見物しながら道の駅へ。ここはテキヤ系ではなく地元の名産品の出店が並ぶ。三峰駅、御花畑駅など秩父鉄道で美味しい立ち食い蕎麦を出しているせきた食品で天蕎麦。うどんも旨い。

f0194599_18311197.jpg


怪しい占い部屋?・・・・悩める若者と罪深き大人たち・・・・

f0194599_1833090.jpg



夜が更け、日付が変わる頃、仕事を終えた川上さんと合流して市役所前の御旅所へ。

昼街を練り歩く屋台や笠鉾も悪くないけど、やっぱり夜、ここに集まった姿が壮観。有料観覧席で遠目にみるのもいいけど、入場制限が解かれた後に四方の屋台、笠鉾から響いてくる音と光に囲まれるのは筆舌に尽くし難い体験だ。単調な囃子が重なりあってできる複雑なビートに酔う、いや、覚醒。

f0194599_1834066.jpg


f0194599_18335169.jpg


f0194599_18351092.jpg


f0194599_18352811.jpg







今年も中町屋台が団子坂を降りるときに屋台を引かせてもらう。


f0194599_18364925.jpg



人通りの絶えた道をそれぞれの町へと帰る屋台を寂しさをかみしめながら見送りつつ、ああ、また今年も一年が終わったな・・・・・・
[PR]
by mobydick67 | 2012-12-18 18:51 | その他 | Comments(2)