<   2012年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

だれもが書いて欲しかった沖縄

小学生の頃、左巻き?だった父親が、毎年朝日少年年鑑という冊子を買い与えてくれて、それを愛読していたせいもあって、沖縄=自衛隊基地、米軍基地、太平洋戦争激戦の地というステレオタイプな先入観が頭のなかでできあがって、子供心にも沖縄に対して何か後ろめたさのようなものがあった。また、10代後半から20代前半にかけて映画を浴びるように見ていた時期があり、その頃見た高嶺剛の「オキナワン・チルダイ」、「パラダイスビュー」、「ウンタマギルー」といった琉球サーガ映画は沖縄の別の顔も教えてくれた。その後20代後半、仕事で全国津々浦々回ったけど、なぜか沖縄だけは訪れる機会がなく、かといって観光旅行というのも好きではないし・・・


数年前にこの本を読んで、久々に再び沖縄に改めて興味、というよりは淡い憧憬のようなものが湧いてきた。

沖縄 だれにも書かれたくなかった戦後史 佐野眞一

f0194599_8315877.jpg



花柳界、映画興行界、格闘技を暗黒街という線で結んでみせた章、「花街・映画・沖縄空手」で語られる、まるで任侠映画の脚本のような話は、たしかに沖縄のもうひとつのステレオタイプな物語かもしれないが、それでもやはり惹きつけられる。今回の沖縄出張でもこの本の取材の軌跡をなぞるように那覇やコザを歩いてみた。

f0194599_8322026.jpg


深作欣二 「博徒外人部隊」より


また藤田敏八が80年代にとった傑作青春映画 「海燕ジョーの奇跡」のモデルとなった人の生い立ち、その後たどった半生も、やはり月並みだが数奇な物語としか形容のしようがない(このあたりについては追加取材、加筆された集英社文庫版のほうが詳しい)。






「ちゅら島」、「基地の島」ではない沖縄、だけどそれらと決して切り離すことのできない沖縄がここでは書かれている。


f0194599_8325584.jpg



もう一度、できれば(暇な?)仕事で行きたいな、沖縄。
[PR]
by mobydick67 | 2012-04-18 08:33 | | Comments(2)

さよならホタテマン



嗚呼!おんなたち猥歌 [DVD]

f0194599_182611.jpg


f0194599_18291955.jpg


内田裕也演じる売れないロック歌手のマネージャー役。内田裕也のダメ男ぶりとともにあまりにリアルでコミカル。コミカルだけどなぜかカッコいい。神代辰巳のセミドキュメンタリータッチの演出も冴える傑作。転がり出して止まらない物語のなかで、いかつい体を持て余す男。名演でした。さよなら、ホタテマン。
[PR]
by mobydick67 | 2012-04-12 20:00 | 映画 | Comments(0)

bright lights, big city

これまで使っていたバイクガイの自転車用ライトが暗くなってきた(単に気のせいかもしれない・・・)ので、今年の年頭に自転車のフロントライト、リアライトを新調。

フロントライト

LEZYNE(レザイン) 充電式バッテリーライト MINI DRIVE

f0194599_2254731.jpg


LEZYNEのDRIVE三兄弟のなかの最小モデル。充電式。十分明るい。明るさ三段階のなかのMIDモードでも、街灯のない真っ暗な公園を十分走行可。ただし、電池の持ちはよくない。通常使っているLOWモードでカタログ値で3時間とあるけど、寒い時期に実際使ってみて2時間強というのが実感。充電池を本体に入れたまま、マイクロUSB経由で充電できるので面倒ではないけど、通勤片道約1時間なので二日に一回は充電が必要。専用電池なので切れても、乾電池と差し替えることはできない。頻繁な充電が面倒という人には、電池容量が大きい一つ上のお兄さんLEZYNE POWER DRIVEを勧めます。というよりも・・・・エネループなど汎用充電池が使えて、電池をわざわざ本体から取り出さなくても充電できる自転車用ライトを誰か作って欲しい。


リアライト

Blackburn Flea 2.0 USB Rear

f0194599_226541.jpg


これもかなり明るい。信号待ちしているときに、後ろに停車した自転車乗りのひとから「そのライト明るくてよく目立ちますねぇ」と声をかけられたこもある。クリップ式なのでつけるところが限定される。シートポスト等に固定可能なベルクロテープも付属するが、サドルバックとバッティングする。いろいろ試してみて、現在はメッセンジャーパックのバックルに着けて使用中。

f0194599_2262930.jpg


充電式電池の持ちもよく、カタログ値で点滅モードで11時間。ほぼ実感どおりで、週一の充電でも十分。USBから専用マグネット式充電アダプターを使用して充電。別に不満はないが、これも汎用ケーブル一本で用が足りるマイクロUSBのほうが望ましい。


Anthology / JImmy Reed



これら二つをメインにして、これまで使っていたバイクガイのセットをバックアップとしてかばんに入れてある。そんなこんなで、相変わらず自転車乗ってます。ロードバイクに乗り始めてもうすぐ3年、自転車通勤始めて4年。最近はもっぱら通勤、お出かけの際の移動道具になっていて、自転車に乗ること自体を目的にした遠出はほとんどしてない。まあ、それでも十分自転車を楽しんでます。

積算走行距離:16123km
[PR]
by mobydick67 | 2012-04-11 22:13 | 自転車 | Comments(0)

ブンガクする服部文祥

狩猟文学マスターピース  服部文祥 編

f0194599_23271983.jpg


狩猟サバイバルではヘミングウェイばりのハードボイルドな描写を取り入れ、最近では「やまかわうみ」 という季刊誌で小説も連載中の服部文祥編集の狩猟文学大全。「マスターピース」の名に恥じない素晴らしい作品群。ほとんどが長い作品からの選り抜きの抜粋で、是非全編を読んでみたいと思わせる名文が揃っている。そして、「デルス・ウザーラ」や本人は狩猟をしなかった星野道夫による狩猟エッセイなど、すでに既読の定番作品が名を連ねるコレクションのなかで、恥ずかしながらこれまでその存在さえしらなかた作品に出会った。

深重の海 津本陽

f0194599_2328043.jpg



明治初期、押し寄せる近代化の波のなかで捕鯨を続ける太地の人々の悲劇を、力強い地の言葉をそのまま取り入れて壮大な叙事詩として語りきった捕鯨時代小説。いまから30年以上前に書かれた作品だけど、その強度は衰えていない。感服。

この作品のことを教えてくれた服部文祥に感謝。やはり、服部文祥からは目が離せないな。
[PR]
by mobydick67 | 2012-04-10 23:31 | | Comments(0)

時間

 
沖縄出張から戻ってくると、どうも体調が思わしくない。翌々日には食欲もなくなり飯が食えなくなってしまった。心配なので病院にいって、若い女医に体をまさぐられたり、毛むくじゃらの下腹部にゼリーを塗られてグリグリされてエコーで調べてもらったが、原因がはっきりしない。とりあえず何か感染症かもしれないと抗生物質を処方された。翌日、血液検査の結果がでて膵臓炎だということになり、即入院。別に沖縄で悪さをしたわけではない。入院したのはJONIだ。

 

これまで家族で帰省する際に人に預けたりしたことはあったが、入院は初めてだ。飯を食わないので点滴をすると医者は言うが、やはり手足、ではなく前後肢を拘束されるのだろうか。普段は好き勝手なところで寝ているが、やはり檻のなかだろうか?寂しくはないだろうか? 心配しながら待つこと5日、どうにか食欲もでてきたので退院して家に戻ってきた。まだまだ元の元気はないがひと安心。

f0194599_17491761.jpg




 今年の5月で12歳。人は犬と人では時間の流れるスピードが違うことを頭では知っている。当のJONIに「お前は、自分があっというまに飼い主を追い越して歳をとってしまったことをわかっているかい?」と訊いてみても、もちろん何も答えてはくれない。ただ、黙ってこちらを真っ直ぐ見つめるだけ・・・・


ぼくらはそれでも肉を食う―人と動物の奇妙な関係

f0194599_1756296.jpg

[PR]
by mobydick67 | 2012-04-07 17:51 | 雑感 | Comments(3)

春はBLUESだ

 
桜はあっといまに咲き乱れ、春爛漫
街には眩しい笑顔の新入社員、新入生が溢れる
だけど、いやだからこそ、春はBLUESだ


相変わらず、ただただ、素っ頓狂に・・・・

She-Wolf / Jessie Mae Hemphill

[PR]
by mobydick67 | 2012-04-07 10:24 | ロックンロール | Comments(0)

KAJITAX、LXT-C10、モンベル

3月に奥多摩を歩いた時、雲取山から三条の湯に向かう途上で、つけていたKAJITAXの10本爪のアイゼンLXT-C10が故障。右足の前後を繋ぐジョイントバーの固定が効かなくなり前後に伸びて靴から外れてしまう。雪が少ないところで使おうと持参してた同じくカジタのRX-4に右だけ交換して三条の湯まで下った。小屋についてすぐに飲み始めたのでよく見もせずにそのまま翌日帰宅。洗って乾かしたあとで左右を比較してみた。

長さ固定パーツが摩耗していた。まだ固定可能な左もかなり摩耗が進んでいる。

f0194599_1432192.jpg


このようにバーに刻まれた山を摩耗して幅の広がった固定パーツが越えてしまう。

f0194599_1433995.jpg



なかなか使い勝手のよいアイゼンなので末永く使いたい。GWにも登用予定だし、そろそろ近づいてきたので、KAJITAXブランドを引き継いだ、モンベルのカスタマーサポートに電話で問い合わせてみた。金型、パーツは型番が同じなら旧KAJITAX製も現モンベル製も同じとのこと。さっそく取り寄せたい旨を告げるとそのまま注文受け付けてくれて、最寄りのモンベルショップに取りに行けばよいよう取り計らってくれた。これまでも何度かモンベルのサポートを利用しているけど、こういうところはワンストップサービスで話が早くてよい。火曜日に発注したら、木曜に指定しておいた新宿モンベルショップから物が届いたと電話があったので、会社帰りに自転車で寄って引き取ってきた。

1個税込500円也。念のため2個買っておいた。(左が新品、右が摩耗したもの)

f0194599_1451881.jpg


HPにあるPDFの取説を見るとモンベル製KAJITAXも日本製のようだ。ストラップも黄色もいいけど、赤も悪くない。ともかく当分はカジタのアイゼンを使い続けることができそうでひと安心。




で、持ち上げておいてあれだけど・・・・

同じ山行時に同じモンベルのU.L.コンフォートシステムパッド90がまたもや・・・・剥離。

f0194599_1455114.jpg


以前は買ってすぐだったので無償交換してもらったけど、そのご1年以上たつのでもう無償交換は無理か。先日読んだULGこと寺澤英明さんの ウルトラライトハイキングギアにも同じような症状が多発していることが指摘されていた。軽くて、安価で、アイディア満載でなかなかいい商品だけど、製品作りのほうもサポートと同じくらい丁寧だといいのになあ・・・・
[PR]
by mobydick67 | 2012-04-06 14:19 | 道具 | Comments(0)

オキナワンチルダイ 残照

東京に戻ってきたけど、まだまだチルダイ。もう少し。

泊ふ頭、泊社交街

f0194599_14161765.jpg


f0194599_14164484.jpg


f0194599_1417337.jpg


f0194599_14172412.jpg




栄町市場、栄町社交街

f0194599_14205523.jpg


f0194599_14204119.jpg



農連市場、神里原社交街

f0194599_14213791.jpg


f0194599_14215662.jpg


f0194599_14221382.jpg


f0194599_14222679.jpg


f0194599_14223918.jpg


f0194599_1422506.jpg



那覇の街は路地と坂道だらけ。迷路を迷走・・・

f0194599_14233167.jpg


f0194599_14234476.jpg


f0194599_14235867.jpg


f0194599_1424853.jpg




一応ビーチも・・・那覇ではなく宜野湾ビーチ。

f0194599_1425166.jpg

[PR]
by mobydick67 | 2012-04-01 14:26 | その他 | Comments(2)