<   2012年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

地図を縦に読む

地図で読む戦争の時代  今尾恵介

f0194599_1750713.jpg



地図という三次元を二次元に縮小表現したものを、戦争をキーワードに四次元的に読み解いた本。戦争の傷跡、植民地化、戦時改描、軍事施設の変遷など多数の例をあげながら、地図から歴史を読み取っていく。手法としては斬新さはないけど、興味深い事例をたくさんみつけてきてそれらを解読していく手際は見事。軍港呉、広島の原爆、大久野島の毒ガス工場など広島ネタも多い。ちなみに下の写真は小学生の頃、友達の家族と一緒にその大久野島でキャンプしたときのもの。スイカを割りそうなのは俺です。この70年代中頃には国民休暇村としてちょっとしたリゾートになっていた。

f0194599_17502736.jpg



 そういえば、最近地形図から送電線が消えたのも、一種の「戦時改描」か。でも、国が本気で地図に載せたいと思ってるなら、別に電力会社から位置情報の提出を受けなくても、他の建築物同様に航空写真にははっきりと写っているのだから、それから地図におこせばいいだけなんじゃないの?いずれにしろ、地図には製作者である国の意図だけでなく、大企業の意向、あるいはもっと大きな社会状況が反映されるということが再確認できた一件でした。


そんなこんな(?)で、あいかわらず地図と地図に関する情報を収集中。先日は地図センターで地図と一緒にこんなものをゲット。

地図記号手ぬぐい

f0194599_1753810.jpg


350円也(通販でも購入可)。薄くて使いやすい。



 
[PR]
by mobydick67 | 2012-01-30 17:59 | | Comments(0)

オオカミの護符が欲しい

オオカミの護符  小倉美恵子

f0194599_2314837.jpg




そのままズバリのタイトル。表紙もカッコいいし、期待して読んだが、中身はあまりピンとこなかった。代々続く農家である川崎市の実家に貼ってあった御嶽山のオオカミの護符を発端に、御嶽神社、秩父の猪狩神社、三峯神社を訪ねてオオカミ信仰を探る過程は面白いし、その土地それぞれの習俗や言葉使いが紹介されているところまではいいけど、そこから筆者が導き出したものが、近代以前の農村文化、里山文化、山村文化の懐古主義的な「昔はよかった」的礼賛に終わっているところは???だし、もったいぶった文体がなんだかまどろっこしい。「ガイア・シンフォニー」とかが好きな人にはお勧めかもしれないが・・・

ともかく、今年こそは三峯神社に行ってみよう。
[PR]
by mobydick67 | 2012-01-25 23:18 | おおかみ | Comments(2)

静かな山歩きを楽しむ

バリエーションハイキング 100コース(266ルート)―一般登山道では得られない山の楽しみ、心の安らぎ (新ハイキング選書)  松浦隆康

これまでにも静かなる尾根歩き―奥多摩から八ケ岳まで100コース (新ハイキング選書)バリエーションルートを楽しむ―花・巨樹・滝・眺望 魅力の100コース (新ハイキング選書)などの著作があるバリエーショニスト(?)松浦隆康さんの新刊。登山地図などには書かれていない杣道や破線扱いのマイナールートをメインに据えた静かな山歩きが楽しめるルートが満載。紹介されているのはバリエーションといってもハイグレードなものより気楽に楽しめる危険度の少ないコースが比較的多い。ただ奥秩父、それも主脈に絡むコースの紹介が少ないのは残念。後書きが何だかカッコよかったなあ。本屋でじっくり立ち読みして、購入は思いとどまる。高尾、奥多摩方面のコースはたくさん紹介されているので、きっとそっち方面が好きなお友達が買って貸してくれるはず。でも、大好きな新ハイ独自のルート概念図満載だし、やっぱり買おうかな・・・・


ちなみに、新ハイキング 2011年 06月号には「関東周辺の山と花」特集で、奥秩父に絡むコースがたくさん紹介されている。笠取山―竜喰山、酉谷山―熊倉山などどともにチョキ―金峰山の八幡尾根コースもしっかり紹介されている。

f0194599_18173597.jpg


恐るべし新ハイ!いつか新ハイで紹介された奥秩父のバリエーションルートを集めた本を出して欲しい。
[PR]
by mobydick67 | 2012-01-24 22:57 | | Comments(0)

読図の本を読む again

山岳読図大全 (山岳大全シリーズ)  村越真

f0194599_2136469.jpg




ヤマケイの大全シリーズのうちの1冊。山岳地図の読み方・使い方 (趣味の教科書)がとても読みにくい濃霧の藪山のような本だと以前書いたけど、こちらは2色刷りにしたせいか図版も見やすく、本全体の構成もよく練られ、論旨も明快になりとても同じ著者の本とは思えない読みやすさ。「大全」の名に恥じない読図に関する豊富な情報がわかりやすく説明された良書。特に第2章「なぜ道に迷うのか」では、心理的要素がナビゲーションに及ぼす影響について詳しく書かれていてとても参考になった。ナビゲーションの成否を左右するのは道具や読図テクニックだけではない、というあたりまえだけどついつい忘れがちなことを再確認できた。


また付属のハンディーシートに「山でのナビゲーションを確実にし、道迷いを防ぐために」に必要なことがうまくまとめてあったので引用しておく。

・リスクは常にある
・なんとかならない、なんとかする
・「あれ?」という感覚を大事に
・間違っても恥ずかしくない
・自信があるときこそ危ない
・パーティーの分離を避ける
・カン、記憶、感覚に頼るな



耳の痛くなる指摘ばかり・・・
[PR]
by mobydick67 | 2012-01-21 21:34 | | Comments(0)

トークリップ導入

紆余曲折あったけど、結局ペダルごと交換してトークリップを導入。

f0194599_17394897.jpg


ペダル MKS GR-9(silver) 149g
MKS TOE CLIP STEEL with leather (size:M)  45g (固定用ネジを含む)
Zefal TOESTRAP (Black) 18g

計212g(片側)

ペダルの軸の芯からトークリップの先端内側まではMサイズで約80mm。右はこれまで使っていたMKS COMPACT PEDALとプラ製ハーフトークリップ 計154g(片側)。

f0194599_17481716.jpg


3mmアーレンキーを使用する付属のネジとナットでペダルとトークリップを固定。

f0194599_17402535.jpg


ペダルのクランクへの固定は6mmアーレンキーを使用。

f0194599_174195.jpg



今年の正月から使用し始め、まだ300km程度しか乗っていないけど、なかなか好調。最初は怖いのでストラップ緩めにしてたけど、ぴったりに短めにしたほうがストラップが撚れないし、足の位置がしっかり決まっていい。引き足効果を少し実感。具体的にはギヤにして1、2枚分軽い、というか踏み易い感じ。巡行時だけでなく、ト―クリップへの足入れに慣れてくるとスタート時の加速も早くなった。


f0194599_1746314.jpg




雨、雨、降れ、降れ~と願ったけどこうも降り続けると気晴らしに自転車に乗ることもできないなと勝手なことを思う宵の口・・・・
[PR]
by mobydick67 | 2012-01-21 17:55 | 自転車 | Comments(0)

Imagine a World Without Free Knowledge

f0194599_22411017.jpg

[PR]
by mobydick67 | 2012-01-18 22:42 | Comments(0)

いしだあゆみ シングルコレクション4


東京は・・・・乾いて候

砂漠のような東京で / 24時間の恋

f0194599_2294172.jpg


f0194599_2295779.jpg


いしだあゆみ・しんぐるこれくしょん




でもこっちでいいです。



あ、できれば雪でお願いします。


[PR]
by mobydick67 | 2012-01-18 22:11 | ロックンロール | Comments(0)

トーキョー・サバービア

古地図をあしらったフライヤー

f0194599_8345953.jpg


f0194599_8351373.jpg


都市から郊外ヘ―1930年代の東京

世田谷文学館  2012年2月11日~4月8日


桑原甲子雄の写真も展示されるらしい。でも下町のイメージがある桑原甲子雄と郊外?ちょっとぴんとこない。家からも近いし行ってみようかな。



90年代には「サバービア」って言葉が流行ったけど、最近はとんと聞かなくなった。ほぼ死語。

アメリカン・サバービアについては
サバービアの憂鬱―アメリカン・ファミリーの光と影

サイタマン・サバービアについては
滝山コミューン一九七四

サバービア映画なら
アルトマンのショート・カッツ

サバービア漫画なら
岡崎京子のリバーズ・エッジ

でしょうか・・・
[PR]
by mobydick67 | 2012-01-18 09:03 | その他 | Comments(0)

原点、原点

少し前の休日に原点二つを自転車で廻ってみた。


・日本水準原点(35.677175,139.747868)

f0194599_17522463.jpg


f0194599_17524127.jpg


f0194599_1753966.jpg


f0194599_1754570.jpg


国会議事堂前の憲政記念記念公園内にあるが、原点そのものは建物の中にあって見ることができない。ここには仕事で近くに来た時に何度か来たことがあるが、今回はせっかくなのでプロトレックを持参して高度25mにあわせてみた。

〈追記〉
なぜこんなところに水準原点があるか不思議だったが、先日雑誌(東京人 2012年 1月号)を読んでいてその謎が解けた。それによるとかつて太平洋戦争開戦直前まで、ここには参謀本部があり、そのなかに陸地測量部があったようだ。ちなみにウィキペデイアによれば、参謀本部の前身である陸軍参謀局は、現国土地理院の前身にあたるそうな。ふぅ~ん・・・・








・日本経緯度原点(35.6581,139.741354)

f0194599_17592717.jpg


紙が張ってあるのは、東日本大震災で生じたズレを訂正したものか。

f0194599_17594319.jpg


f0194599_180487.jpg


f0194599_181363.jpg


東京タワーの側、飯倉交差点のロシア大使館脇の細い道を入ったところにある。

f0194599_1851692.jpg


こちらは原点が剥き出し。GPSを持っていればここで緯度経度を確認してみるのもいいかな。なお、ここへはいる道の角に警官詰所があったけど、別にここを警備しているわけではない、と思う。




両原点とも詳しいことは国土地理院HPに説明がある(水準点経緯度原点)。場所はそれぞれ括弧の中の10進法の緯度経度をGoogle Mapの検索欄にコピペすれば地図が出てくる(これ、60進法にも対応してくれると楽なのに)。


一応日本国土の二つの原点を制覇!
[PR]
by mobydick67 | 2012-01-15 18:19 | その他 | Comments(0)

生きるために藪を漕いだりしたくないけど・・・

生きるために登ってきた――山と写真の半生記 志水哲也

f0194599_21354045.jpg



若いときから何かから逃げるように山にのめり込み、主に単独で難易度の高い長期縦走、沢の遡行、冬季縦走、岩の登攀といった山行を積み上げていく様が朴訥な語り口で綴られている。山に刻んだ軌跡は先鋭的だが、なぜかそれに挑む様が無我夢中で深い藪を漕ぐような泥臭さに満ちているところが魅力的。自分とはまったく違う考えかたを持った人だけど、惹かれる。

なぜか本の最後のほうは急かされたように早足の近況報告になっている。山岳写真家として名を成した今、藪を抜け、稜線に出たということでしょうか?
[PR]
by mobydick67 | 2012-01-13 21:38 | | Comments(0)