<   2011年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

軽いって軽い?

ウルトラライトハイキング 土屋智哉

f0194599_2102171.jpg



満を持して出版されたものを通読してみた。まず前半でウルトラライトハイキングの歴史、思想をレイ・ジャーディンなどを引きながら解説し、後半ではその実践に役立つ衣・食・住、歩き方についてのノウハウを披露しながら最適な道具を紹介するという体裁。よく練られた構成で読み易く、あっというまに読了。前半と後半の繋ぎに「日本の流儀」という章を持ってくることで、ただの海外の新しい流行紹介に終わらず、縦走、沢歩きといった日本の従来からの山歩きにそれをうまく繋ぐことにも成功している。

これから山を歩こうとする人やまだ歩き初めたばかりの人にはオルタナティブな山歩きの教科書として選択肢の一つになるだろう。ただ少し残念なのは、ネットで論じられたり、雑誌などで紹介されている既出の話題が多く、この本でしか読むことのできない情報がほとんどなかったことだろうか。内容を基礎的なことに絞ってハードルを低くすることで読者の間口を広げようとした意図はわかるが、読後に物足りなさを感じたのも事実。実はもう少しボリュームがあってとんがったものを予想していたが、意外にソフトな万人に向けの内容にこじんまりとまとまっている。そういう意味でも「軽い」本。
[PR]
by mobydick67 | 2011-02-25 21:01 | | Comments(0)

燃える部屋


Where the Light Is: John Mayer Live in Los Angeles



オリジナル盤Continuumもいいけど、やっぱりこのライブ盤のほうがアレンジも演奏もいい。ギターの巧さがより際立つ。



”Slow Dancing In A Burning Room”

It's not a silly little moment,
It's not the storm before the calm.
This is the deep and dying breath of
This love that we've been working on.

Can't seem to hold you like I want to
So I can feel you in my arms.
Nobody's gonna come and save you,
We pulled too many false alarms.

We're going down,
And you can see it too.
We're going down,
And you know that we're doomed.
My dear,
We're slow dancing in a burning room.

I was the one you always dreamed of,
You were the one I tried to draw.
How dare you say it's nothing to me?
Baby, you're the only light I ever saw.

I'll make the most of all the sadness,
You'll be a bitch because you can.
You try to hit me just to hurt me
So you leave me feeling dirty
Because you can't understand.

We're going down,
And you can see it too.
We're going down,
And you know that we're doomed.
My dear,
We're slow dancing in a burning room.

Go cry about it - why don't you?
Go cry about it - why don't you?
Go cry about it - why don't you?

My dear, we're slow dancing in a burning room,
Burning room,
Burning room,
Burning room,
Burning room.

Don't you think we oughta know by now?
Don't you think we shoulda learned somehow?
Don't you think we oughta know by now?
Don't you think we shoulda learned somehow?
Don't you think we oughta know by now?
Don't you think we shoulda learned somehow?
Don't you think we shoulda learned somehow?
Don't you think we shoulda learned somehow?
Don't you think we shoulda learned somehow?
Don't you think we shoulda learned somehow?


また勝手に訳してみた。


『燃える部屋でスローダンスを』

それはおふざけのひとときなんかじゃないし
その嵐の後に静けさが訪れるわけでもない
これは、僕たちが築いてきた愛が
事切れる前の最後の深いひと息なんだ

君を思うように抱きしめることはできないけれど
それでも腕の中の君を感じることはできる
だれも君を救いにきてはくれないよ
僕たちはこれまであまりに多くの嘘をまわりについてきたから

僕らは落ちていくんだ
君にもそれが見えるだろ
そう僕らは落ちていく
君にもわかってるだろ、もう僕らは終わりなんだ
そうさ、
僕らは燃えさかる部屋でスローダンスを踊っているんだよ

僕は君がいつも夢にみた男で
君は僕が気を引こうとした女さ
僕にはどうでもいいことだなんひどいことを言わないでくれ
ベイビー、君は僕が目にしたたった一つの光なんだよ

これから僕はひどい悲しみを生み出すだろう
これから君はひどい女になるだろう だって君にはその資格があるだろ
君は僕を傷つけるためにぶとうとするだろう
それで僕が自分のことを卑劣な男だと思えばいいと思って
だって君には理解できないんだから

僕らは落ちていくんだ
君にもそれが見えるだろ
そう僕らは落ちていく
君にもわかってるだろ、もう僕らは終わりなんだ
そうさ、
僕らは燃えさかる部屋でスローダンスを踊っているんだよ

ほら、泣きなよ どうして泣かないの?
ほら、泣きなよ どうして泣かないの?
ほら、泣きなよ どうして泣かないの?

そう、僕らは燃えさかる部屋でスローダンスを踊っているんだよ
燃える部屋で・・・
燃える部屋で・・・
燃える部屋で・・・

僕らはそろそろ知っておくべきだと思わないかい?
僕らは少しは学ぶべきだと思わないかい?
僕らはそろそろ知っておくべきだと思わないかい?
僕らは少しは学ぶべきだと思わないかい?
僕らはそろそろ知っておくべきだと思わないかい?
僕らは少しは学ぶべきだと思わないかい?
僕らは少しは学ぶべきだと思わないかい?
僕らは少しは学ぶべきだと思わないかい?
僕らは少しは学ぶべきだと思わないかい?
僕らは少しは学ぶべきだと思わないかい?



悲しいラブソング。声もいい、歌も上手いし、ギターも変に湿っぽくなくていい。もちろん曲、詞もいい。
悲しみ、諦念、そしてこの「崩れていく感じ」がBLUES。
[PR]
by mobydick67 | 2011-02-25 01:31 | ロックンロール | Comments(0)

美しい冒険

角幡 唯介 空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む

f0194599_23211098.jpg



この本を手にとった人で、グラビアにある著者が撮影したどんよりとしたツアンポー峡谷のあまり美しいとはいえない下手くそな写真を見て、興味がそがれて読むことを止めてしまった人がいるとすれば、それは大きな間違いだ。著者が挑んだツアンポー峡谷での冒険には、そんな写真では表現できない何かがある。冒険の対象は、崖に囲まれた急流の渓谷で、これまで足を踏み入れた者がいない流域もわずかにあるという。そこを歩くことを阻むのは地形的要素だけではない。厚い藪、ダニ、そして現場へのアプローチを阻む政治的障壁。下調べから始まって、仕事をやめてまでして、それらに挑んだ著者の軌跡こそが、月並みだが美しい。かといって、重厚長大なわけではなく、フットワークの軽さと軽妙なユーモアも魅力。悲愴感みたいな欝陶しいものが皆無なのもいい。冒険の核心部とそこからの脱出が単独で行われたこともこの冒険の美しさの一要素。

少し前に早稲田大学探検部後輩である石川直樹が朝日にちょっといい書評を書いていたが、身内贔屓ではない。でも、著者が元朝日新聞社員ということもあって、朝日は結構推していて以前も「ひと」欄で取り上げていた。その朝日新聞でも報道があったが、次は北極で歴史探求の冒険に出るらしい。ちょっと楽しみ。

角幡 唯介ブログ ホトケの顔も3度まで

なんでも最近は荒川河川敷でタイヤを引いているらしい・・・
[PR]
by mobydick67 | 2011-02-23 23:23 | | Comments(0)

ジテツーバッグの決定版

自転車通勤用バックとしてARC'TERYX Arro22Outdoor Reserch DryComp Vertex Sackとバックパックを二つ試して、結局昨年の春からはショルダーバックタイプのメッセンジャーバッグに落ち着いた。

TIMBUK2 Classic Messenger L(リンク先は2011年春夏現行品)

f0194599_2248763.jpg


現行品はフラップを上げなくても中身の出し入れができるナポレオンポケットがついたり、ストラップバックルの形状が変わったりしているようだが私の使っているのは2009年バージョン。重さはストラップパッドとクロスストラップ込みで0.96kg(実測)。ティンバック2といえば3パネルの色使いがデザインのアクセントになっているがこれはフロントパネルは1枚もので生地もちょっと変わっている。アメリカから通販で確か定価110ドルのものをバーゲンとクーポンで40ドル(送料別)くらいで購入。日本国内でも他のメーカーのものに比べて安いが、作りはしっかりしている。一年使ってまだほつれや破れたところはない。

大きめのオーガイザーもそこそこ便利。前述のナポレオンポケットもあればさらに便利かもしれない。

f0194599_22491250.jpg




容量は公称36L。UL精神に悖る「大は小を兼ねる」式の大雑把な大袋だが、大きの割に背負ってみると軽く感じるし、仕事帰りに寄り道して山道具などを買ってもテントや寝袋くらいなら楽に入る。付属のクロスストラップを使えば重い荷物を入れても背中から前にズレることはない。寄り道して路駐することが多いので、携帯ポンプや替えチューブなどのメンテグッズと太めのワイヤーロックも全部この中に放りこんである。パッキングとか面倒なことを考えなくてよいので楽だ。バックパックだと中の物を出すのに一度背中から下ろさなければいけないが、ショルダーバックならくるりと背中から前面に回せば物の出し入れが可能。信号待ちの間に自転車にまたがってバックを肩にかけたままウインドジャケットを脱いでバックに仕舞うということも簡単にできる。夏は体に密着する部分はやはり蒸れるがバックパックよりはその面積が狭いので我慢できないほどではない。
このように使い勝手はとてもいいが、自転車に乗っている時以外で少し問題が。その大きさ故に、雨の時通勤電車に乗ったりするととても邪魔。また座席に座っても膝の上に載せると確実に横にはみ出してしまう。電車通勤には向かない。それとフラップについたベルクロが強力で、フラップを開けるときに「ベリ、ベリ」ととても大き音がして街中では前を歩いている人が振り返ったりすることがある。


f0194599_22495073.jpg


HAND MADE IN SANFRANCISCO。値段と流通量を考えると安いヒスパニックやアジア系移民労働力を使って作ってるんだろうなあ・・・
[PR]
by mobydick67 | 2011-02-22 22:55 | 自転車 | Comments(0)

何をリスペクトするか?

今日は手伝っている少年サッカークラブ主催のカップ戦があり久しぶりに審判をしました。朝から夕方まで6試合あったうちで副審2試合、主審1試合を務めました。一試合前後半20分づつで全部で2時間、卒業記念カップで6年主体の試合のため、低学年とは違って審判もかなり走らされ、ヘトヘトになってしまいました。

f0194599_22492994.jpg



前も書いたかもしれませんが応援席やベンチからの観戦と違って、フィールドの中で選手の中に入ってゲームを感じていると、たかが小学生のサッカーでもいろいろ心を動かされることも多く、疲れも報われます。そんなこともあり、息子も小学校を卒業して数年経ったしそろそろ私もチームを卒業したいと思ってはいるのですが、コーチはともかく審判だけは続けていこうかと思ってS4級のサッカー審判資格を先日更新しました。少し前までは区の少年サッカー連盟が年に一度区内の公民館で開催する更新講習と試験を受けて更新していましたが、昨年度からJFAがそのWEB上のサイト内で行っているJFAラーニングというFLASHを多用したeラーニングを利用して更新しています。確かJFAラーニングによる審判資格の更新が始まって今年で3年目のはずですが、昨年度のものはなんだか体裁を重んじ、重箱の隅をつつくようなことにこだわった、受講していても無駄に時間だけが費やされるあまり効果的とはいえない代物でしたが、今年は間違えやすいルールの内容と適用に的が絞ってある実践的な内容に改められていて、退屈することなく楽しんで受講することができました。またそこで披露されている4級審判としてサッカーにどのように関わり楽しむべきかというレフリー哲学というべきものも、地に足のついた共感を覚えるものだったのでストレスなく受講できました。


が、ひとつだけ、気になったことがあったので、無断転載禁止とありますがあえてここに転載、引用させてもらいます。

f0194599_225215100.jpg



最初のほうは問題ないのですが、気になったのは一番最後の部分です。

以下引用
審判員も競技規則にしたがって試合を進めるだけでなく、
まずプレーをしている競技者を「大切な存在だ」と思い、
チームを支えている指導者や保護者だけでなく、
試合を運営している役員の方々こそ「大切な存在だ」ということを忘れないでください。
それが、「リスペクト」するということです。

引用終り

本当に”試合を運営している役員の方々こそ「大切な存在」”かどうかは審判や選手が自分の頭で考えて判断し、何をどのようにリスペクトするかはリスペクトするほうが自由に決めることだと思うんですが・・・・少なくとも「こそ」は余計。JFAが「JFAをリスペクトしろ!」と言っているように聞こえるのは気のせいかなあ。せっかくいい教材なんだからもう少し言葉を練ってほしかった。

ああ、2011年度サッカー4級審判員更新講習JFAラーニングの受講締切りは2月28日です。更新されるかたはお早めに!
[PR]
by mobydick67 | 2011-02-20 22:55 | football | Comments(0)

ただ漬けるだけ

先日奥多摩の山歩きの帰りに寄った駅前の「おく」という蕎麦屋でつきだしに出てきた漬物が美味かった。大根の漬物だったが、繊維に沿って茶色く染まって、適度な酸味と唐辛子が効いていてアテに最高。店の人にどうやって漬けたの訊ねてみると、ただ唐辛子とポン酢で半日ほど漬けただけだという。

ということで、帰ってさっそく真似をしてみた。テキトーに切った大根とポン酢、唐辛子をジップロックに入れて冷蔵庫で一晩。

f0194599_23293943.jpg






店で食べたものはこのように全体ではなく、繊維に沿って放射状に色がついていたが、漬ける前に皮を剥いたほうがよかったかな。でも味はほぼ同じ。二、三晩ほどつけると唐辛子の辛味が強くなり、お土産に買って帰った山葵漬けも顔負けの大人向けの味になった。手間をかけてつくる漬物もいいが、これはこれでなかなかいける。
[PR]
by mobydick67 | 2011-02-19 23:33 | 雑感 | Comments(2)

点の記を読む

地形図の楽しい読み方 不思議でおもしろい地図の世界へ (ヤマケイ山学選書)

地形図に関する基本知識、雑学から、地図読みのちょっとしたノウハウまで幅広くコラム形式で書かれた読みやすい本。地図に関する興味を深め知識を広げることができる。

この本の最後のほうに国土地理院(Geospatial Information Authority of Japan)のサイトGSI HOMEPAGE点の記を閲覧できると書いてあったので覗いてみた(基準点成果等閲覧サービス)。点の記以外の基準点の緯度経度、高度、名称などについては登録なしで閲覧可能だが、PDFファイルでサイトに置かれている点の記を読むにはユーザー登録が必要になる。こちらの接続スピードにも原因があるのかもしれないが、このサイト、とても重い上に、GUIが今ひとつ直感的でないので使いづらく、使い方に慣れるまでには時間がかかる。またやっと目的の三角点の情報にたどりついてもすべての基準点の点の記が存在するわけではないようだ。例えば、甲武信岳頂上(2475m)に三角点がないことはよく知られているが、近辺の三角点としては木賊山頂上(2468.6m)に三等三角点、三宝山頂上(2483.3m)に一等三角点があり、それぞれ上記サイトで点の記を閲覧可能。そこから奥秩父縦走路を西に進んだ国師ヶ岳頂上(2591.8m)には一等三角点があり、これも点の記も閲覧可能だが、さらに西の金峰山頂上(2599m)は三等三角点があっても点の記はない。

国師ヶ岳の点の記。このように三角点周辺の簡易図(右下)も添えられている。

f0194599_2359444.jpg


三角点の実物は写真右下(2009年5月4日)

f0194599_024364.jpg


ピークを踏んだ時には、下山後こうやって点の記を確認して楽しむこともできるだろう。ちなみに「劒岳 点の記」は小説も未読、映画も未見、そしてピークも未踏。小説は読んでみたい。


またGSI HOMEPAGEでは電子国土基本図(オルソ図)が公開されていて、過去(1970年代半ば)の航空写真も閲覧可能。これをグーグルなどの最新の航空写真と比較してみるのもおもしろいかもしれない。そういえばGoogle Earthにも古い航空写真が見れる機能があるらしいが、未だに使ったことがない。

ここのところカシミールTrekkingMapEditorといったソフトを使ってGSIの地図データを見てばかりいて、本家本元のサイトはあまりチェックしていなかったけど、使い勝手は別にして色々な新サービスが提供されているようなのでこれからは時々覗いてみよう。
[PR]
by mobydick67 | 2011-02-15 00:22 | 山の備忘録 | Comments(2)

深大寺、吉祥寺


連休最終日、冬晴れの好天。山ではなく寺と街を散策。

深大寺。午前中に着き、人もさほど多くない。神社仏閣にはあまり興味はない。天ぷら蕎麦とホッピーの瓶に入った深大寺ビールを玉の屋で。海老天はダメだけど蕎麦はうまい。

f0194599_2248384.jpg


お土産。水木しげるリミックス紋様の手拭い。

f0194599_22484678.jpg



バスで吉祥寺へ。バレンタインデイ前日ということでカップルが多い。新しくできたICIスポーツへ行ってみた。何だか道具よりもアパレル製品ばかり・・・冬物バーゲンで物欲を刺激されたが我慢我慢。

上のジュンク堂。おお、山積みされてた。

f0194599_22492893.jpg



お土産はげその干物。ここの乾物屋は品揃えも豊富で値も安い。

f0194599_22502378.jpg


f0194599_22504362.jpg



改装後初めてアトレに足を踏み入れるが、1Fに関してはまったく変わっていない。相変わらずごちゃごちゃしていて人も多いのがいい。今夜のつまみを買って帰る。

f0194599_2253119.jpg


アメリカ産きんき。羅臼産の1/5の値段。しかし、これが大ハズレ。身はポロポロしていて歯ごたえがなく、水っぽくて旨みが全然ない。一緒に買った鯖の干物のほうがずっと美味かった。売り子のオバチャンのセールストークに騙された。トホホ。
[PR]
by mobydick67 | 2011-02-13 22:58 | 雑感 | Comments(0)

HIPSTER、HIPPIE、HIPHOP........

ヒップ アメリカにおけるかっこよさの系譜学 (P‐Vine BOOKs)

f0194599_18305380.jpg


マイルス・ディヴィス、ガス・ヴァン・サント、ベッシー・スミス、CYBER、ギンズバーグ、DIY、チャンドラー、NOWAVE、ソロー、レーガノミックス、COOL、レズビアン、BEATNIK、ズールー・ネイション、ギブスン、ガレスピー、バロウズ、Funky Drummer、ホイットマン、チャーリー・パーカー、ローランド808、ロバート・ジョンソン、ヘミングウェイ、カート・コバーン、NEWWAVE、モハメド・アリ、ビレッジボイス、グランドマスターフラッシュ、PUNK、ルー・リード、ケルアック、キム・ゴードン、クランプス、リチャード・プライヤー、エルロイ、Bad、メルビル、MTV、パティ・スミス、フィッツジェラルド、ヘロイン、LEVI'S、ホイットマン、BEBOP、イギー・ポップ、ブコウスキー、PLAYBOY、ジャクソン・ポロック、HTML、チェット・ベイカー、WIRED、ビデオドローム、ボガード、エイハブ、ZINE、カットアップ、ウォーホル、ゲイリー・スナイダー、コルトレーン、BLUES、サン・ラー、ZEN、ハメット、おたく、KRS-ONE、ハックルベリーフィン、ゲイ、ディラン、メイラー、シティ・ライツ・ブックス、マルコムX、アップル、ニール・キャサディ・・・・まだまだ挙げ足りない・・・


アメリカ200年の文化史を、HIPという一語をキーワードに、縦に、ヨコに、斜めに切り開き、裏から、表からつつきまわして、力まかせに背負い投げしたような(?)力作。アメリカンカウンターカルチャーの紳士淑女録、発言語録ともいうべき総覧図。読み始めはなかなかリズムに乗りにくかったが、途中からもうどっぷり。日本語訳も最初はぎこちないがだんだん調子が出てくる。読み終わると相手のあまりの巨大さにぐったり消耗。でもあとがきで佐藤良明が書いているようになんだか羨ましい一冊。強いて難癖つければ、最後の2章ぐらいでまとめにはいったのはちょっと残念。現在進行形でしょ、HIPって。


f0194599_18322055.jpg

[PR]
by mobydick67 | 2011-02-12 18:34 | | Comments(0)

寒い冬には・・・

2年前の冬からZippo(ジッポー) ハンディウォーマーを使い始めたが、これがなかなか優れモノ。特に冬山では用をたすためにテントの外にでるのはとても億劫なものだが、これで丹田あたりを暖めると朝まで寝袋から出る必要がなくなり大変具合がいい。

昨年1月末の厳冬期奥秩父縦走の際には、ジッポー純正の133ml缶をひとつ持参し5泊分十分足りたが、少し値段が高いし、金属製の缶は重いので、昨年12月の甲武信なんちゃってボッカ山行ではダイソーの100円のライターオイルを使ってみた。容量あたりの値段は半額以下で、容器が樹脂製で軽いのもいいと思ったが、この容器は密閉性が低く、気圧のせいもあって、歩いている途中で中身が少し漏れてザックが石油臭くなってしまった。ジッポーの純正オイルに比べて使用時の匂いもきつい。

最近は燃料に近くの薬局で買ったNTベンジン(カイロ用)を使っている。ジッポーに比べてて使用時の匂いが弱干強いが、100均のものほどではないし、500ml400円とコストパフォーマンスもいい。1泊の山行なら燃料を足す必要がないので、燃料を入れた本体と火口の間にアルミ箔を挟んで密封してザックに入れておき、夜になって寒くなったら点火すればいい。

f0194599_19244255.jpg



昨年、元祖ハクキンカイロブランドのもの(写真左)もフリーマーケットでただ同然の値段で手に入れた。なかなか火の付きが悪かったので火口を交換したら新品同様すぐに発熱、温度もかなり高く絶好調。

f0194599_1925714.jpg



使い捨てカイロに比べて、ゴミもでないし、入れる燃料の量で使用時間が調整できるので便利で手放せない。小ぶりなカワサキ ポケットウォーマー シルバー KPW-210も欲しい。
[PR]
by mobydick67 | 2011-02-11 19:28 | 道具 | Comments(6)