<   2010年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

酒のはなしばかりで恐縮です・・・


しつこいけど、いつまでたってもクソ暑い日が続きます。


なのに・・・「秋味」

f0194599_21181335.jpg



早いんだよ、早い、出直してこい!
といいたいところだけど・・・

ついつい頼んじゃうんだよな・・・

暑くてもこれがまた旨いんだな・・・
[PR]
by mobydick67 | 2010-08-31 21:20 | 雑感 | Comments(4)

ゴーヤと泡盛ロックシークワーサー割

いつまでたってもクソ暑い日が続きます。


ベランダのプランターに苗を植えたゴーヤはあっという間に大きくなりたくさんの花を咲かせました。
これでこの夏はたくさんゴーヤが食べられる・・・と期待したけど、花が咲いてもそのほとんどに実がならない。

f0194599_18354542.jpg


調べると雄花と雌花があり両方がタイミングよく咲き受粉しないと実がならないらしい。めんどうだなあ。以前庭に植えたときはたくさん成ったのに・・・

最初にできた実は、帰省から帰るともう黄色くなって熟しすぎてた・・・

f0194599_18361641.jpg



あまり縦に実が長くならない品種で大きさ、.形はアボガドによく似ている。

f0194599_18362942.jpg


そのあと、2、3個なったやつは、ゴーヤチャンプルにしてもらいました。ゴーヤの苦みと甘みのバランスが絶妙で旨い。

f0194599_1836519.jpg



暑いので、飲み物はいいちこか泡盛のロックにレモンの代わりに100%シークワーサー果汁を加えたものを飲んでます。というより、ここ1年くらいは暑さに関係なく冬でもこの組合せで呑んでます。シークワーサー果汁は台湾産、沖縄産などいろいろあり味も値段も微妙に違うけど、果汁100%ならOK。


f0194599_18381735.jpg



最近は山でも泡盛+シークワーサーです。
[PR]
by mobydick67 | 2010-08-31 18:41 | 雑感 | Comments(7)

チェーン交換


GHISALLO305のチェーンを初めて自分で交換。

SHIMANO 105 10スピード用チェーン CN-5600


買ったまま眠っていたチェーンカッターを使用。切るのは簡単だけど、繋ぐときはテンションがかかっているためピンを差すまでに少し手こずった。クリップかなにかをC型にしたものでひっかけて留めておくと簡単かな。

f0194599_2113594.jpg


手をべとべとにしながらなんとかくっついた。

f0194599_21142634.jpg


チェーンはいざというときのために備蓄していたものを使ったけど、新しいCN-5701が出ているようだ。

駆動系の部品が新しいのは気持ちいい。
[PR]
by mobydick67 | 2010-08-29 21:15 | 自転車 | Comments(10)

長く暑い夏・・・



The Style Council - Introducing
Long Hot Summer




f0194599_11211433.jpg



f0194599_11212640.jpg




長く暑い夏が過ぎ去っていく・・・といいんだけど・・・
[PR]
by mobydick67 | 2010-08-28 11:19 | ロックンロール | Comments(0)

ISN'T STEVIE LOVELY?

サマソニのライブも好評だったスティービー・ワンダー。
次は出来れば小さなクラブでツアーして欲しいものです。


スティービーと言えば、俗に3部作と言われる70年代の3枚。

Talking Book

Innervisions

Fulfillingness,First Finale

どのアルバム、どの曲をとっても才気あふれ、神々しいまでの完成度。曲良し、詞良し、アレンジ良し。非の打ち所がない。
が、それ故に、そのあまりの完成度の高さ故に聞いていて気が抜けない。ラブソングにしろ、メッセージソングにしろ気合い入りすぎ。曲も凝りすぎ、アレンジも凝りすぎ。


そんなとき、この怒涛の3部作の1枚前のアルバムを聞くと・・・なごむ・・・

Music of My Mind

このリラックスした伸びやかな感じ。

特にこの曲は数あるスティ-ビーの名曲の中でも傑作。スキャットの入れ方、曲の展開、ストレートな歌詞・・・LOVELY。

I Love Every Little Thing About You



70年代に才能を絞りつくしてしまったのか、80年発表のHotter Than Julyを最後に、アルバムとしての傑作はないが、それでも最新作A TIME TO LOVEでは少しながら復活の兆しも見えた。次作に期待。

ああ、でも最近はアルバムとか死語?通して聞く人なんていない?
[PR]
by mobydick67 | 2010-08-28 00:30 | ロックンロール | Comments(5)

第1回 安芸灘とびしま海道 オレンジライド2010


サイスポ最新号に広告が掲載されてました。

第1回 安芸灘とびしま海道 オレンジライド2010


f0194599_9442116.jpg


昨夏走ったとびしま海道を全島を周回するコースのようだ。コースがすばらしいことは私が太鼓判を押します。冬だと瀬戸内とはいえ結構風は強いと思うけど・・・

f0194599_974096.jpg


f0194599_975014.jpg


f0194599_9321715.jpg



ところで、こういう〇〇ライドっていうのは、レースなの?それともみんなで走るだけ?
[PR]
by mobydick67 | 2010-08-27 09:09 | 自転車 | Comments(0)

南へ走れ、海の道を! 最南端へ 2


2010年8月13日

12:30 広島県最南端 鹿島宮の口集落。ここで折り返し。夕方、家族で墓参りの約束があるので、16:00までに実家に戻らないといけない。







f0194599_11442067.jpg


f0194599_11443255.jpg


f0194599_11444540.jpg


鹿島大橋より。

f0194599_1145349.jpg



13:00 鹿老渡

f0194599_114663.jpg


子供の頃、父親の勤める工場の青年会か何かのイベントで来たことがある。地引網をやって、捕った魚を大きな鍋にぶちこんでコンソメ味の潮汁を作りそれがとても旨かった。

おそらくこの島で唯一の食堂で昼食。

鹿老渡 食堂いずみ

f0194599_11463411.jpg


海沿いの道にある食堂。もう見飽きた海を見ながらビールとお好み焼き。客はいない。少しして一人地元の人が一人入ってきてカウンターに座り同じように、ビールとお好み焼きを注文。

f0194599_11472786.jpg


f0194599_11474056.jpg


家を出てから初めてとった休憩らしい休憩。酔いをしっかり醒ましてから出発。



f0194599_11482294.jpg


f0194599_11491353.jpg


f0194599_11493390.jpg


f0194599_1150577.jpg



最初は倉橋島の西岸の道を行こうと思ったが、約束に間に合いそうにないので、少しだけショートカット。桂浜の先でそのまま県道35号を右折。丘を越え、トンネルを抜けて釣士田港でまた海岸沿いに戻る。

f0194599_1245178.jpg



早瀬大橋。これを渡ると江田島へ。またの機会に。

f0194599_11524820.jpg



15:00 音戸渡船乗り場。帰りもまた渡船で。

f0194599_9325740.jpg






f0194599_11532055.jpg



行きと同じ道ではつまらないので呉の街を通って呉越経由で実家へ。

f0194599_11545446.jpg


f0194599_11552246.jpg


f0194599_11553750.jpg



16:00 帰宅。

走行距離90km前後。やっぱりGHISALLO305輪行してくれば良かった。
秋とか春にもう一度走ってみたいなあ。ロードバイクなら1日で倉橋島、鹿島、江田島全島一周もできそう。


子供の頃は当たり前で何も感じなかった潮や鉄錆の匂い、工場や造船所の風景も、歳をとってそこから離れると強烈に懐かしい。
[PR]
by mobydick67 | 2010-08-26 12:02 | 自転車 | Comments(10)

南へ走れ、海の道を! 最南端へ


2010年8月13日

この日は昼は用事がなく、空いていたので自転車で遠出してみることに。自転車は前日と同じパナソニックの電動機付自転車WILL。昨夏と同じとびしま街道もよいが、せっかくなので別の道を検討。夏だし島がいい。とびしま街道もかなり先まで島々が橋でつながっているが、倉橋島方面も江田島や鹿島と橋がつながっている。とりあえず南を目指していけるところまで行ってみることに。


9:00 呉市広本町 実家出発

家にあったいいかげんな地図(簡略図)だけでは不安なので、途中コンビニで呉市の1枚ものの地図を購入。

f0194599_2351441.jpg



国道で隣町の阿賀まで行きここからは海沿いの一本道を進む。小さな波止場や倉庫、工場、造船所が狭い道に張り付くように点在。道はお盆で島に帰省する車、海水浴にいく車で渋滞。

f0194599_2355512.jpg


f0194599_2361577.jpg


9:50  音戸の瀬戸

音戸からは念願の渡船で対岸の倉橋島まで。奥の赤いのが音戸大橋。大型船でも通れるようかなり高いところにつけられているため、人や自転車は大変だ。

f0194599_2364290.jpg



船は2隻あり、この日は1隻が絶え間なく往復していた。ちょうど前の便が出たところだったが、待ち時間は5分もない。

f0194599_237219.jpg


f0194599_2382194.jpg




船頭さんが、船をつけてロープで仮留めして綱を引いている間に自転車を抱えて乗り込む。皆が乗り終わると船頭さんに料金90円(自転車と人)を手渡し。船はすぐに岸を離れる。音戸の瀬戸と呼ばれ、流れが早く多くの船が行き交うところを横切っていく。船頭一人で操船、集金、係船する。きつい仕事だ。あっというまに対岸の倉橋島音戸町側の船着場へ到着。

f0194599_2384791.jpg


f0194599_239539.jpg



ここからは倉橋島の東岸沿いに南を目指す。

f0194599_2392969.jpg



大浦。出店ひとつあるわけではないが、家族連れがデイキャンプと海水浴を楽しんでいた。

f0194599_2311401.jpg




波多見(はたみ)。ここの八幡神社には特殊潜航艇の碑がある。次に来たときは寄ってみよう。

f0194599_23132544.jpg




奥の内港

f0194599_23135285.jpg


f0194599_23142224.jpg


f0194599_2315314.jpg



ここから先、道は細い県道となり入江が入りくみ、道はときどき海を離れて高いところに付けられている。入江を利用して牡蠣が養殖されている。

f0194599_23144516.jpg



牡蠣筏を上げるためのレール。

f0194599_23152898.jpg




袋の内港から小さな山を越えて島の南岸倉橋町へ抜ける。こちら側にも幾つか小さな造船所が。

f0194599_23155362.jpg


f0194599_23162949.jpg


f0194599_23165064.jpg



砂州で倉橋島とほとんどつながっている鹿老渡(かろと)島を経て鹿島大橋へ。

f0194599_23174817.jpg


f0194599_2318631.jpg


鹿島、有人島としては広島県最南端。

12:30 広島県最南端、宮の口の集落。県道285号の南の端。ここからさきに人は住んでいない。実家から約50km。ここで折り返す。腹が減ってぺこぺこだし、尻も痛い・・・

f0194599_2319383.jpg

[PR]
by mobydick67 | 2010-08-24 23:17 | 自転車 | Comments(0)

夜を掴んでひっぱり寄せろ



先日の朝日連峰縦走は短い時間だったが、いまでもときどきその道、山、人を思い出してにやにやしている。


山行用に酒は泡盛、つまみはミミガーなどを用意したので、ならばと揃えて旅の友に薄い沖縄出身の詩人の本も用意した。

山之口貘詩文集 (講談社文芸文庫)

学生の頃、思潮社現代詩文庫から詩集が出されたとき購入したものがあるはずだが、本棚を探してもない。子供ができてからは、引っ越すたびに本を売って減らしているので、売ってしまったのだろう。上記の詩文集ならわりと簡単に手に入るので購入して、ザックの雨蓋に忍ばせておく。

往路の夜行列車の中で酒(このときはワイン)をちびちびやりながら読み始めると、久しぶりに読んでもやはり惹きつけられた。一つ引用。



「夜景」

あの浮浪者の寝様ときたら

まるで地球に抱きついて ゐるかのようだとおもつたら

僕の足首が痛み出した

みると、地球がぶらさがつてゐる




山に向かおうとしているときにこんな詩を読まされると、否が応でも山歩きが足にぶらさがった地球を引きずりながら歩く、反逆的な行為であることを意識させられる。 逆らって歩け!


結局、山泊まりは一泊でそれも避難小屋泊まりだけだったので、山ではこの本を開くことはなかったが、帰路の鈍行列車のなか、立ち寄った新潟のホテル、新潟駅前のドトールなどで読んだ。気に入ったところは何度も読み返した。

コーヒーもいいけど、これはやはり夜、酒を飲みながら読む本だ。それも家ではなく外で、家ではないどこかで読むのがいい。

次の山行にも持ち出そう。


それと、沖縄に少しはいいニュースがあったっていい。
[PR]
by mobydick67 | 2010-08-22 17:33 | | Comments(2)

バーテープ、バーエンドキャップ 交換


GHISALL0305のバーテープが所々破れてきたので、交換。

プロロゴ プレーンタッチ

f0194599_162798.jpg


ん・・・思ったよりも分厚く、モコモコしてるなあ。交換前のフィジーク バーテープのほうが好みかな。最初巻いたときは、えっ?なにこのグリッターな感じ・・と思ったけど意外に良かった。

f0194599_16263221.jpg



それにしても巻き方下手くそ。美しさゼロ。メンテ教本などにはロゴを揃えて巻けとか書いてあるけど、どうやったら揃うの?!?!



バーエンドキャップも別途購入して交換

バイクリボン バーエンドキャップ リフレクタータイプ

f0194599_16282036.jpg


LED内蔵で発光するやつにしようかと思ったけど、値段も高くすぐに盗られそうなのでこちらにした。夏は半ズボンでリフレクター素材の裾止めバンド?とか使わないので、これで多少は夜道で車にアピールできるか?写真はフラッシュ発光させて撮ったもの。



ちなみにメンテ教本いろいろ出ていていろいろ立ち読みしたり、図書館で借りてみたりしたけど、少し前に出た、

自転車トラブル困ったときの一発解決事典

は、写真がカラーで細かいところまでよくわかる。同じようなサイズで山と渓谷社から2冊ほど似たような本が出てるけど、写真がモノクロのため今ひ一つ細部が分かり辛い。また、ロードバイクに特化してないところもいい。
[PR]
by mobydick67 | 2010-08-22 16:31 | 自転車 | Comments(0)