<   2010年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

防水コンデジを買ってみたが・・・


前から山用に防水コンデジが欲しくていろいろ物色していたが、昨年くらいから各メーカーが参入して選択肢も多くなって頭を悩ませていた。

特に3月に発売になったソニーのCybershot DSC-TX5には、暗くてもそこそこ綺麗に写るらしい再新鋭の裏面照射型CMOSセンサー(最新アサヒカメラ 2010年 07月号 に記事あり)が使用されていたりしてヨダレが出続けていたが、タッチパネル操作とスライド式レンズカバーという2点がひっかかって結局購入に至らず。タッチパネルだと冬に使うときに手袋全部取らなきゃいけないし、スライド式レンズカバーは砂やゴミなどを噛んだときに面倒だ。15年以上も前、フジのテイアラⅡという銀塩コンパクトカメラを愛用していたが、これもレンズカバーがスライド式でよくものを噛んだり、沈胴式のレンズがひっかかったりとトラブルが多かった(それでも写りがいいので気に入って、2台ほど使い潰した)。

そうこうするうちにアマゾンでPENTAX Optio WS80が¥10000程度まで値が下がったので(アマゾンではなぜかまた値が上がっている・・・)、本命ではないがコストパフォーマンスに負けて先日の沢登りが決まった時点で購入。

山(沢)に持っていくまえに、犬の散歩のときとかにテストでいろいろ写してみたけど、今ひとつレンズが暗く、雨の日で光量が足りないと手振れてしまう。ISOを触ったり、手振れ防止をONにしたりいろいろ触ってなんとくなく満足出来る程度にまで調整。


山に行く時には細引きで作ったネックループにコンパスなどと一緒に吊るす。

f0194599_1804187.jpg



ミニカラビナとかはガチャガチャうるさいので、事務用のパスなどを着脱するプラの極小留め具を利用。ループ側がフリーになっていてとても便利。仕事でもらったパスについていたものだが、幾つか欲しいとおもってハンズに行ったけど同じものは置いてなかった。ブラブラするといやなのでそのままザックのショルダーベルトにつけたカメラケースへ入れて歩く。

f0194599_181583.jpg






先日の沢登りで使ってみた。画質はともかく雨や川の水に濡れる心配をしなくてよいのは助かる。で、いい気になって水中撮影とかもやってみた。




ところが、二日目昼前、沢の源頭部に近づいたころからレンズ内側に結露が・・・。さらに結露は液晶側に廻ってきて、液晶に写る画面はもやもや・・・。しまいには何が写っているのかさっぱりわからないし、フォーカスもあわなくなってきたので使用中止。


小屋に上がってからテラスでバッテリースロットを開けて乾かすが、中まで入り込んだ水分はなかなか飛ばない。結局全部飛んだのは帰宅の翌日。で電源入れたら・・・・・

f0194599_8313572.jpg



液晶にグリッドが入って消えない・・・。データのほうは問題ないようだが、防水性に問題があっては今後使えない。水に濡れることを気にしない以外はいつもと同じように、他のカメラと同じように扱ったつもりだが・・・・。

サポートに電話して新宿副都心のペンタックスフォーラムに持ち込み、現在入院中。

トホホ・・・
[PR]
by mobydick67 | 2010-06-29 08:35 | 道具 | Comments(17)

鳥になれ!


先述したINAX BOOKLETシリーズの中の一冊。

鳥瞰図絵師の眼―Bird’s‐eye Dream

いまやパソコンさえあればグーグルマップやカシミールを使って簡単にBird's EYE、神の目を楽しむことができる。誰もが「地球は青い」と見てきたように言う。それはそれで良いことだが、そういうものが簡単に見れない時代に自分が空を飛んでいると想像して、あるいは現代でも等高線だけをたよりに直観的に手書きで書かれた鳥瞰図がある。
正確さとかリアリティーとかの問題ではなく、どのくらい想像力を働かせることができるかということが大切。読図とはそういうことだと再確認できる一冊。

我が家には 山岳鳥瞰図 奥秩父 (北海道地図株式会社)が貼ってあるがいまひとつカシミール的で味わいに欠ける。

f0194599_1532029.jpg



こっちの秩父・奥武蔵散策絵図 が欲しい。

f0194599_1533351.jpg



ただ、どちらも「奥秩父」から微妙にずれてるんだな、これが・・
[PR]
by mobydick67 | 2010-06-27 15:06 | | Comments(4)

旅と酒



吉田健一 酒肴酒 (光文社文庫)
 
グルメ本ではない。酒と酒を呑むための肴について書いた本。タイトルが示す通り、あくまで酒がメイン。朝から晩まで飲み続け。地方も含めあちこちで飲んで食べた記録。私の故郷、呉も紹介されている。気取ってないところがいい。酒が飲みたくなる本。こういう酒呑みになりたい。無理か。


吉田健一の文章って、背筋の伸びた文というか、例え翻訳ものでもさすがと思わせる。別に癖のある文章とかそういうことではないが、筆が立つとはこういう事を言うんだろうな。

パトリシア・ハイスミス 変身の恐怖 (ちくま文庫)
f0194599_18173926.jpg




同じ旅好き、酒好きの田中小実昌エッセイ・コレクション〈2〉旅 (ちくま文庫)も傑作ぞろい。酒、バス、女。ふらふら、ぶらぶら。

田中小実昌が訳したハメットもいい。

ちなみに田中小実昌は育ちは呉。以前、京橋にレオス・カラックスの新作試写を見に行ったとき、すぐ近くに座っていてドキドキした。毛糸の帽子被って、半ズボン履いてた。あんな大人になりたい。これも無理だな。



 
[PR]
by mobydick67 | 2010-06-25 18:44 | | Comments(6)

真の沢を遡る その3


2010年6月17日

4:00 起床。晴れ。

夏至が近いせいかもうこの時間になると薄ら明るい。夜寒くて一度目が覚めたが、シュラフカバーの口を絞って冷気を遮断すると温かくなって眠れた。朝気温5℃。

上のテラスで朝飯。アルファー米おこわと乾燥野菜をたっぷり足したインスタント味噌汁。

ゆっくり撤収、荷造り。


6:40 出発。
小屋の前で毛木平方面へボッカに行くヅメリンと別れた。沢の案内、その他諸々、いつもありがとう。とても楽しかった。

イジルと二人で西沢渓谷に下山。
カメラは相変わらず結露が飛ばず、モヤモヤなので携帯カメラで・・・

f0194599_18295189.jpg


f0194599_18302914.jpg


しゃくなげももう終わり。これからは山もまた少し静かになる。

f0194599_18312396.jpg


近丸新道経由で。イジルとなぜ「新道」なのかな?とか話しながら・・・

f0194599_18323584.jpg



9:30 登山口着。時間があるので道の駅まで歩いて・・・

ビール&ワイン。ワインはみとみオリジナルの一番安いやつを買ったけど味はいまいち・・・

f0194599_18331664.jpg


山梨市駅行きバスに乗り、途中下車してはやぶさ温泉へ。平日午前中で客も少なく、天気もいいし、風呂のあとは生ビールだし・・・・

バスで山梨市駅まで出たが、入るつもりの店が定休日。

山梨市駅キオスクで買ったその名も「MONT VIN」。このワインは旨かった・・・

f0194599_1834612.jpg


相模湖で途中下車して、いじる御用達のかどや食堂へ。あとはもうふらふら・・・

最寄り駅からふらふらしながら家のほうに歩いていると、塾へ自転車で向かう途中の息子と会い、「お父さん、おかえり」と言われた。前からきたのに全然気がつかなかった・・・不覚
[PR]
by mobydick67 | 2010-06-24 18:42 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(2)

真の沢を遡る その2



2010年6月16日 

f0194599_17194716.jpg


5:30 起床。雨がざあざあ降っている。夜通し止まなかった。タープは家で真ん中の縫い目だけ目止めしておいたのが良かったのか雨が漏ることもなく好調。天気予報では午前中は大雨。みんなでマルタイ棒ラーメン屋台とんこつ味で朝食。沢登りの装備を整え、雨具を着て撤収。

7:40 出発。隊長ズメリンを先頭に進む。
沢は昨夜よりかなり増水して濁っている。

f0194599_1721199.jpg


f0194599_17215621.jpg


20分ほど歩くと雨はあがった。このあとは時々パラパラ降ることもあったが、空に時折晴れ間がのぞいたりして、沢登り日和。すべてが美しい。

f0194599_17224415.jpg



倒木が道を塞いでいるのは少し上を走る真の沢林道と同じ。這いつくばったり、乗っかったり跨いだりして進む。

f0194599_17232778.jpg


f0194599_1724421.jpg


f0194599_17243741.jpg



滝は高巻きした。ほとんどの巻き道は右岸についている。一箇所だけヅメリンに上からロープで確保してもらって左岸を高巻いた。

f0194599_172539.jpg




f0194599_17261519.jpg




f0194599_17281361.jpg



遡るにつれ水量が少なくなってくる。尾根歩きなら頂上はまだか、まだかという感じだが、沢を歩いていると、遡行の終わりが近づいているのが残念に思えてくるから不思議だ。足はふらふらだけど、もうちょっと歩いていたい、終わって欲しくない感じ・・・・新鮮。

f0194599_17285144.jpg


f0194599_17291483.jpg


このあたりからカメラのレンズが結露してきた・・・

f0194599_1729379.jpg


13:20 荒川水源の碑 着

f0194599_17301253.jpg


ここから小屋まではあと一息。

13:40 甲武信小屋着
徳さんにビールご馳走になった。約束のイワナは献上できなかった。


一休みしたあとテント場にタープを張った。当初、遠藤、海野両氏もデポしておいた(?)テントでここに泊まる予定だったが、意外に早く着いたし、展示の準備も大詰めで忙しいのでこのまま下山するという。元気だな・・・。

f0194599_17305599.jpg


ヅメリンはさっそく小屋仕事。この日は小屋泊まりのお客さんが7人ほど。俺とイジルは明るいうちからまただらだら飲んで・・・小屋仕事の終わったヅメリンも交えてまた遅くまで・・・
[PR]
by mobydick67 | 2010-06-22 17:37 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(8)

真の沢を遡る


甲武信小屋小屋番ヅメリンから、人に頼まれて真の沢を案内するので、良かったら一緒にどうかと声をかけてもらったので、お言葉に甘えて便乗させてもらうことに。

案内を頼んだのは未来美術家遠藤一郎という人で、墨田川をネタに面白いプロジェクトを企画中で、そのプロジェクトに参加している画家海野貴彦さんも同行。このお二人に私とイジルが便乗して、隊長ヅメリンと5人でパーティーを組んだ。


2010年6月15日

4:30 起床。
 
駅ではなぜか北斎が。溺れて海まで流されないようしないと・・・

f0194599_0483113.jpg



京王線車中でイジルと待ち合わせて、通勤客で混み合う電車を乗り継ぎ池袋へ。当初は急行を乗り次いで西武秩父までいく予定だったが、面倒になりレッドアロー1号で。

7:50 西武秩父着。天気予報ではあまりよくないはずの空模様がなぜか晴れ。待ち合わせの時間に少し遅れて遠藤さんと海野さんの乗ったド派手な車がきました。これに乗せてもらって一路登山口へ。

f0194599_049195.jpg


入川管理釣り場の駐車場に車を止め、身支度を整え、歩き始める。10:00。

f0194599_0492791.jpg



11:00 赤沢の出合い。トレランのひとが一人走ってきてここで折り返していった。ここから山道。

f0194599_0532484.jpg


f0194599_053573.jpg


f0194599_0545878.jpg


f0194599_0552397.jpg



13:30 柳小屋着。ヅメリンとはここで13:00待ち合わせと決めておいたが、まだ着いていない。おかしいなあ、何かあったかなと心配していると、13:45ヅメリン登場。前日の雨で沢の水量が多く思ったよりも時間がかかったとのこと。本来ならここから入渓する予定だったが、あまり状態がよくないので今日は真の沢林道経由で先へ進むことに。14:00出発。

f0194599_0555071.jpg



せっかくなので沢靴に履き替え途中林道から降りて千丈の滝下まで行ってみた。二段の立派な滝。

f0194599_0561252.jpg





16:15 千丈の滝上。ここからは今日の幕営地を探しながら沢伝いに進む。150mくらい進んだ所で良い場所があったので手分けして幕営準備。

f0194599_0564483.jpg


f0194599_05789.jpg



今日の屋根はMOSS VISTA WING。重いけどタープこれしか持ってないのでこれで4人寝て、イジルはツエルトで。ヅメリンの持参したツエルトをタープ状にして焚き火の屋根に。と準備を進めていると途中から雨がポツリポツリ。

f0194599_0572839.jpg



夕食はヅメリン特製カレー。つまみはハム、豚軟骨、アボガド、チーズ、スルメ等々。酒は焼酎、ウイスキー。

f0194599_057576.jpg




奥秩父の林の中、雨音、沢音を聞きながらタープの下に身を寄せて焚き火と酒、長い夜・・・・

 
[PR]
by mobydick67 | 2010-06-19 01:01 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(0)

家が遠い

f0194599_1251949.jpg

相模湖なう
[PR]
by mobydick67 | 2010-06-17 13:54 | Comments(7)

無事下山。

f0194599_11492334.jpg

無事下山して、いつものように飲んでいます。
[PR]
by mobydick67 | 2010-06-17 11:49 | Comments(0)

快晴

f0194599_7595069.jpg

秩父、快晴です。
日本人やめたつもりでしたが、やっぱり少し眠い・・・
[PR]
by mobydick67 | 2010-06-15 07:59 | Comments(0)

明日から・・・


梅雨入りですが・・・

明日、秩父側から奥秩父に入山します。

f0194599_944092.jpg

[PR]
by mobydick67 | 2010-06-14 09:05 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(2)