<   2008年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

銀塩とデジタル

修理から戻ったCONTAX T3ですが、以前一度レンズカバーの開閉ができなくなって修理に出しただけで、フィルム100本以上、かれこれ7,8年壊れもせず使ってきました。山にもフィルム2,3本と一緒に持って行き使ってきました。ときどきピントが思わぬところにあっていることもあるけどこれといった不都合、不具合もありません。ただ一点、フィルム撮影のコストパフォーマンスの悪さを除いては・・・。
水没を機に、デジタルカメラを導入することになりました。実は以前デジカメが出はじめた頃、リコーのrichoDC-2というコンパクトらしからぬ大きさのコンデジを大枚はたいて購入しましたが、画質はともかくそののデカさと使い勝手の悪さ(電池すぐなくなる、etc・・・)からほとんど使うことはありませんでした。今回いろいろネットで調べたり、店頭で手にとって操作してみたりして、山で使うことも考慮して防水モデルも検討しましたが、結局リコーのR-8を購入しました。5月の秩父縦走時に山に持っていき、予備バッテリーなしで400枚近くとれるバッテリーの持ちのよさに満足。ただT-3に比べるとレンズが暗いせいか、同じ感覚で撮っていると手ブレすることが多い。重い荷物を背負ったままの朝夕の撮影ではどうしても手ブレしてしまいます。ただこの辺は設定で感度を上げれば済むこと。おおむね満足です。こうして写真入りのブログも始めることができました。
今回、T-3が復活したのでまた久しぶりにフィルムで撮影してみて思ったのは、(いまさらですが・・・)やはりデジタルもよいが銀塩も捨てがたい!ということです。このへんのことは田中長徳さんが晴れたらライカ、雨ならデジカメでまとめていますが、今回二つのカメラを使い比べてみて改めてその指摘にウンウンと頷いてしまいました。その論旨に沿っていくとやはり山の記録にはコンデジ、趣味の撮影には銀塩ということになるのかな・・・・
[PR]
by mobydick67 | 2008-11-27 14:06 | 道具 | Comments(0)

銀塩カメラ

修理に出していたカメラが戻ってきました。テストに36枚撮りのネガ一本撮って、今日同時プリントに出して確認、問題ないようです。もっともコンデジ1台買えるぐらいの修理費がかかっているので当然といえば当然。
今年の4月にお祭り、三条の湯、雲取山、石尾根、奥多摩を二泊三日歩きました。1日目にテントを張った三条の湯で、早く着いたので小屋の少し上の沢で遊んでいました。水量もあまり多くなかったので、石の上を飛んで何度か沢を渡っているときズボンのベルトにカラビナでぶらさげていたカメラケースごとカメラを浅い沢の中に落としてしまいました。チャポン!と音がしてすぐ気がつき拾い上げましたがあとのまつり・・・。テントに戻り乾かし翌朝電源をいれてみたが、当然反応しません。
帰宅後修理に出すか迷ってそのままにしておいたのを10月に修理に出しました。約10日ほどで戻ってきました。基盤、レンズユニットなど中身はほとんど交換。値段は見積もりとって覚悟はしていたけど、カメラ定価の4割弱とられました。
f0194599_9275239.jpg


f0194599_928928.jpg

[PR]
by mobydick67 | 2008-11-27 09:28 | 道具 | Comments(0)

山小屋の本

山小屋の本を続けて読みました。
ほろ酔い黒百合―北八ケ岳・山小屋主人のモノローグ (山渓叢書 (1))
女たちの山小屋物語
山小屋の主人の炉端話
山小屋に泊まらずテント泊ばかりの私ですが、山での暮らしにには興味があります。
極力自力で山を歩く方法としてテント泊を選んでいる私にとって、スタンドアローンで山で生活する山小屋の人たちの話は大いに参考になります。
[PR]
by mobydick67 | 2008-11-26 17:31 | | Comments(0)

今日の二本

週末にコンボイ続・激突!カージャックをDVDで見ました。70年代のカーアクション2本立て、という名画座のような組み合わせだけどレンタル屋で近くにあったのでまとめて借りただけです。両方ともテレビ放映、レンタルビデオなどで過去に見たことはあったがずいぶん前なので細かいところはもう忘れてました。前者は監督としてピークを過ぎたペキンパー監督作、後者はスピルバーグの劇場デビュー作だが、何台もの車が列をなして走るという点で共通してるので、絵も自然と似たようなものになってる。ちなにも両作ともシネスコ。ただ続・激突のほうはシナリオ、演出、絵作り、編集共に凝っているのに対し、コンボイのほうは冒頭シーンこそ、おおっさすがペキンパーと思わせるが、話が進むにつれ演出はだれてくるし、なんでここでスローモーション(早回し)よ?というところがあったりと全体的にダラダラな印象。撮影当時アルコールの問題を抱えていたという話だが、それにしてもあのペキンパーが?という出来。では両方見終わってどちらが良かったかというとやはりコンボイなのだ。確かに続・激突はよくできているがなんか物足りない。スカスカ、ダラダラのコンボイのほうが良いのだ。もうクリス・クリストファーソンがむさ苦しい顔で笑っているだけなんだけどそれで絵になっちゃうんだよね。これがB級映画というものなのかなあ・・・
[PR]
by mobydick67 | 2008-11-18 16:46 | 映画 | Comments(0)

今日の一冊

この土日は天気がぐづついたため、サッカーもせず、山にもいかず読書してました。高橋洋の映画の魔を読み終わる。
この本には何も怖い話は書かれていないのだが、恐怖という概念に対する著者の執念は怖い!
ちなみに、先日家族で家で著者が脚本を担当した「リング」をDVDで鑑賞したのですが、テレビ放映時やレンタルビデオなどで何度か見ているせいか、最初に見たときほど怖くはなかった・・・
[PR]
by mobydick67 | 2008-11-17 18:16 | | Comments(0)

タイベック

ウルトラライト派の方たちの装備リストや、シェルター設営写真などに頻出するタイベックシート。
意外なところでこれを見つけました。ジェフリー・ディーヴァー の推理サスペンス小説ウォッチメイカー。このなかで犯罪現場などの鑑識作業をする際に鑑識官がタイベックのスーツを着るシーンが何度もあります。半身不随のライムを主人公にしたシリーズ既刊にも既出かもしれませんが、本作では何度もタイベックのスーツという言葉が出てきます。現実の鑑識現場でも使われているのかな?
[PR]
by mobydick67 | 2008-11-11 16:28 | 道具 | Comments(4)

今日の一冊

村上ポンタ秀一の自暴自伝 (文春文庫PLUS)。いやあすごい!のひとこと。キャリアがすごいのはなんとなく知ってたけど、若いころのクランプトンとの逸話などはもう伝説の領域でしょう。リードをとったポンタボックスもいいけどお勧めは山下達郎のSPACY (スペイシー)。とても30年前の邦盤とは思えないアレンジと演奏。
[PR]
by mobydick67 | 2008-11-11 15:58 | | Comments(0)

少年サッカー

今日は、暦の休日にとれた久しぶりの休みですが、近くの小学校で少年サッカーの審判(副審)をしてきました。
コーチ(なんちゃってコーチですが)もしているのですが、ここのところ仕事と重なり練習にほとんどでていないので、久しぶりにたくさんの小学生(ほとんど♂)と半日過ごしたけど、いやとにかくガキはうるさいなー。集まると特に。まあやつらは騒いだりいたずらするのが仕事なんだけど。
審判のほうもひさしぶりでちょっと旗振りミスもあったけどまあ80点くらいかな。ちなみに子供たちは試合に負けてしまったけど、あまり悔しそうじゃないみたい。
勝ち負けのあるものはやはり勝ちにこだわって欲しいな・・・天皇杯で鹿島に惜しくもPKで負けた帝京大の監督も試合前に、がんばったけど負けました、では何も残らないと言ってました。
俺は勝ちにこだわります! 
[PR]
by mobydick67 | 2008-11-09 18:59 | football | Comments(0)

山と音楽

山で聞きたい音楽ってなんでしょうね・・・
十年くらい前にNHKが百名山か何かの特番をBSでほぼ朝から晩まで生中継で放映したとき、確かボニージャックスがゲストで出ていて、雪山賛歌とかそういう歌を何曲か歌ってたけど、ちょっと違うだろう???という違和感を覚えたな・・・
その歌が良くないわけじゃなくて、なにかそこで歌われた歌がマス(集団)をイメージさせる曲が多く、単独行や2人、3人での山行とそぐわないかったからかな。
テントのなかでなかなか寝つけない夜にラジオを聴いていてそのときの気分にぴったりの曲が流れると嬉しいですね。
7,8年前、奥日光の女峰山に一人で登り、山頂下の避難小屋に一人で泊まったとき夜の11時ぐらいに、短波放送でリッキー・リー・ジョーンズの初期の曲が続けて5,6曲流れたときは、恥ずかしいけど心に沁みいったなあ・・・。
好きで家でもCDで聞いたりするのだがまた違う印象を受けたな・・・
みなさんはそういう経験ないですか・・・
[PR]
by mobydick67 | 2008-11-07 09:18 | ロックンロール | Comments(2)

今日の一枚

メーシオ・パーカーのアスを聞きながら電車で仕事場へ。
アルバム一曲目、のっけの「ビョ~ンン」というギターの音、これだけでもうFUNKです。メーシオのブロウやブラウン師匠の励ましの声もすばらしいが、このイントロ2秒だけでもうこのアルバム最高!!
そういえば写メールでここに投稿すると写真が寝たり、ひっくり返ってしまう・・・
[PR]
by mobydick67 | 2008-11-03 13:17 | ロックンロール | Comments(0)