カテゴリ:自転車( 75 )

イロメガネ


陽射しの眩しい季節到来。自転車にはもってこいの季節だけど、近視でスポーツ自転車に乗ってると色々面倒なことが・・・。コンタクトレンズだと風が強いと風圧でとれてしまったり、砂埃が目に入ってゴロゴロするし、クリアレンズの度付きメガネだと真昼や夜は問題ないけど、朝夕の陽の低い時間は眩しいし・・・。これまでは通勤時眩しいのは我慢して、クリアレンズ一つで済ませてきたけど、歳とってくると直射日光の眩しさや、黄昏時の光の急激な変化に目のアイリス(それと脳味噌)がだんだんついていけなくなってきて危ないので、対策を講じることにした。レンズ交換式スポーツサングラスは高いし、クリップオン式サングラスは以前山で使ったことがあるけど、使い勝手がよくないし、見え方もいまいちだし・・・と迷っていると、某安売りメガネ屋で度付き調光レンズ(カラーコントロールレンズ)の取り扱いが始まり、値段も普通のカラーレンズと較べてもそんなに高くない設定なので試しに買ってみた。


昨年の秋に購入して半年ほど自転車通勤時に使用。紫外線に反応して色が濃くなり、温度が低いとより濃くなり、高いとそれほど濃くならない。3月で気温13℃程度で快晴の日中だと3分もすれば、写真右眼くらい濃くなる。

f0194599_15273224.jpg


紫外線に反応して濃くなるのは早いが、暗いところに入って薄くなるのは遅いので、トンネル内などは要注意。今のところ慣れれば問題ない。先日甲武信小屋に行ったときに山で使えるかテストしてみたが、歩行時や作業持は当然まったく問題ないけど、トンネルと同様暗い小屋に入ってもなかなかもとに戻らないので少し不便でした。




フレームはスポーティなものではなく、大きめのウエリントンタイプを選んだ。ヒゲとメガネで、アローンでアダルトな雰囲気を狙ったのに・・・

Alone Again / BILL EVANS
f0194599_15294053.jpg



なぜかナードでむっつりスケベな感じになっちゃいました・・・

Eclectic Vince Guaraldi
f0194599_15303860.jpg





おかしいなあ。
[PR]
by mobydick67 | 2014-04-25 21:22 | 自転車 | Comments(4)

太陽、海、自転車

広島に帰省中、1日時間が空いたので自転車で少し遠出。なんでも広島はこの日で猛暑日連続16日目とかで、朝から照りつける太陽は容赦ない。

f0194599_11475026.jpg


いつものように音戸の瀬戸を渡船で倉橋へ。110円也。新しい橋もできたけど、廃止されることもなくなにより。

f0194599_1993115.jpg


f0194599_1119179.jpg


f0194599_11194373.jpg


渡った音戸の街は一歩路地に入ると古い町並みが残る。

f0194599_11192877.jpg


新しい音戸大橋をくぐる。

f0194599_1120087.jpg


30分ほどで早瀬大橋。橋からの眺めは絶景だけど高度感があってちょっと怖い。

f0194599_11202760.jpg


橋を渡って江田島に入ると、北へと西能美を目指す。

鹿川港

f0194599_11224452.jpg


f0194599_1123859.jpg


f0194599_11252747.jpg



一旦海岸を離れて才越峠を越えて島の西岸に出る。少し海岸を離れた県道から、海岸沿いの道に降りてみる。

f0194599_11285342.jpg


人も車もほとんど通らない海沿いの一本道。頭上の太陽から注ぐ陽光は厳しいが、優しい潮風が吹き抜ける。

f0194599_1130573.jpg


f0194599_11302051.jpg


途中ビーチに寄ってみた。サンビーチおきみ。お盆を過ぎたせいか誰もいない。もったいないような嬉しいような・・・・

f0194599_11303654.jpg


そこそこ勾配のある起伏を繰り返す県道に戻って、すこし走ると北岸に出る。海上には無数の牡蠣筏が浮かび、海岸には牡蠣の水揚げ場や加工所が点在する。

f0194599_11311694.jpg


f0194599_11313199.jpg


f0194599_11314571.jpg


高田港。

f0194599_11322334.jpg


昼前に中町港構内のお好み焼き屋で昼食。550円也。

f0194599_11332537.jpg


海岸沿いに江田島港を南下し、奥まで来たらV字状に北上。

で海上自衛隊幹部候補生学校。昔の海軍兵学校。

f0194599_11325345.jpg


ここから小さな峠を越えて江田島東岸へ。小用港からフェリーで呉へ。海上から見る呉湾は製鉄所、造船所、海上自衛隊基地港が並びなかなか見応えがある。

f0194599_11344418.jpg


f0194599_11345814.jpg




呉からは呉越え経由で広へ。途中かつて花街だったという朝日町をうろうろしてみるが昔の面影はない。ちなみに奥に写っている山が最近少年少女による凄惨な事件で一躍有名になった灰ヶ峰。小学生の頃家族で一度登ったことがあるなあ。

f0194599_11355730.jpg




船にも二度乗ったし、江田島に入ってからはほとんど車もいないしなかなかよいサイクリング。別に何があるわけでもく、工場や畑や波止があるだけだが、やっぱり海はいいな。

f0194599_11432935.jpg

[PR]
by mobydick67 | 2013-08-25 11:50 | 自転車 | Comments(2)

とりあえず自転車備忘録 2013

すっかり筆不精になってしまいましたが、あいかわらずです。自転車も通勤メインであいかわらず乗ってます。昨年末からパーツ替えたり、修理したり、なくしたりといろいろあったけど、書いてなかったのでここに備忘録としてまとめておきます。

昨年(2012年)11月、サイコン CC-RD300W ストラーダ ワイヤレスを帰宅時に甲州街道走行中、落としてしまいました。落として5分くらいで気がついたけど、夜の甲州街道で探す気力がなくあきらめました。その時点でおおよそ総走行距離19,700㎞くらい、後もう少しで20,000㎞だったのに残念。同じ物を購入しようかと思ったけど、購入時より値が上がっていてびっくり。1日の走行距離ならスマフォのアプリでも用が足りるので、今後はとりあえずサイコンなしでいくことに。

で、年末年始に消耗パーツを諸々交換。

タイヤ 
Michelin Pro 3 Race Tyreから
Michelin Pro 4 Endurance Tyreへ

f0194599_16501622.jpg


Endurance は3ヶ月使って目に見える傷はほとんどなし。Raceは持ち悪かったので耐久性のあるものに。Raceしないし。


ブレーキパッド
SwissStop Flash Brake Pads - Shimanoから
Clarks 55mm Replacement Padsへ

f0194599_1652596.jpg


かなり柔らかく、多少の雨でリムが濡れていてもよくきくが、摩耗が早い。安価だけどとても1年持ちそうにない。


その他に

チェーンを同じものSHIMANOシマノ 105 CN-5600と交換

トークリップストラップをナイロンから牛革製に。

f0194599_16532275.jpg


こうして消耗パーツを幾つか交換して、いや、やっぱり畳とパーツは新しいほうがいい、フムフム、と悦に入っていると、年明けすぐにSTIが故障。左フロント用が全く変速できなくなる。シフトワイヤーを新しいものに交換してもダメ。結局我楽に持ち込んで、見てもらってたけど、内部のギアが完全に逝ってしまったようで修理不可。いっそこの際シフトレバーやブルホーン+バーコンに替えようかとも思ったけど、結局左右セットで同じものの新品と交換。コンポのなかでも一番高いパーツで大出費。

実は・・・フレームの傷もかなり目立つようになったので20000Km走ったらフレームを青とかもう少し気のきいた色に再塗装しようと思っていたのに、その予算まるまるSTI交換にとられて、再塗装はお預けに・・・グッスン。
[PR]
by mobydick67 | 2013-04-07 09:06 | 自転車 | Comments(0)

船と自転車 3


大崎下島。ここまでくると幾つかの橋を経由して本土と繋がっている。島の南側を回る道へと向かう。

大長港

f0194599_894840.jpg



豊浜大橋

f0194599_8102558.jpg



大浜。以前通ったときにアイスクリームをごちそうになったおばあちゃんの店に寄ってみたが、閉店していた。残念。

f0194599_8104632.jpg




このあとは・・

豊浜大橋で豊島へ。

f0194599_81125100.jpg


豊島大橋で蒲刈上島へ。

f0194599_8115325.jpg


蒲刈大橋で蒲刈下島へ。

f0194599_8121854.jpg


安芸灘大橋で本土へ。

f0194599_8124716.jpg



と島と橋を繋いでとびしま海道経由で帰宅。


120km、8時間30分の船と自転車の旅。

f0194599_813589.jpg

[PR]
by mobydick67 | 2012-08-28 08:16 | 自転車 | Comments(0)

船と自転車  2


大崎上島に船で渡ってきたものの島内にこれといった目的地があるわけでもなく、目的ではないが最終的に島のほぼ反対南岸の明石港から大崎下島行きフェリーに乗るだけだ。船着場の観光地図看板を見てなんとなく左回りのコースをとってみることにする。

島の本州側、北岸は大きなスーパーやドラッグストアなどもあり、車の通行量もけっこうあるが、このように時間が止まってしまったところもある。

f0194599_23533627.jpg


f0194599_2354434.jpg


大西フェリーターミナル。この島にはたくさんのフェリー乗り場がある。蒲刈も子供の頃、橋で本州とつながる前はこうだったんだけどなあ・・・

f0194599_23553432.jpg


ここで折り返して南岸に向かう内陸の道に入るととたんに車が少なくなった。

f0194599_23545953.jpg



大串海水浴場。ビキニは・・・・ない。海の家のうどん400円が美味そうだったので列に並んだが、9人前とか6人前とかオーダーが入っていて遅くなりそうだったので諦める。いろいろ残念。

f0194599_23574375.jpg


ここから再びちょっとした峠を越えて、トンネルを抜けて坂を下ったところが明石フェリー乗り場。

f0194599_005098.jpg


次の船まで一時間以上あるので海沿いの道を北東に行けるとこまで走ってみることに。

30分ほどで四国へのフェリーが発着する木江港まで来た。立派な古い建物が現役で残る街。

f0194599_021139.jpg


f0194599_022941.jpg


f0194599_024821.jpg


引退したものも・・・

f0194599_032465.jpg


f0194599_034363.jpg


この町は再訪したいな。時間がなくなってきたのできた道を戻る。


12:40 明石フェリー乗り場。

f0194599_051925.jpg


港のまわりは小さな集落で、腹が減ったけど食堂どころか物を売る店もみあたらない。

f0194599_060100.jpg


腹が減ったので和解します。すいません、諸々許してください。

f0194599_063063.jpg



13:10発の大崎下島、小長行きのフェリーに乗り込む。こちらは車も3台ほど、乗客も少ない。

f0194599_071422.jpg


橋をくぐったら小長港。10分ほどのつかの間の船旅。

f0194599_074915.jpg


f0194599_083526.jpg



日差しは容赦なく照りつけてくらくらするし、このままずっとずーっと船に乗ったまま瀬戸内を漂っていたかった・・・・
[PR]
by mobydick67 | 2012-08-24 00:17 | 自転車 | Comments(4)

船と自転車

先週広島に帰省した折、ずっと地図と天気予報を眺めながらどこに行こうか考えていた。天気がいいのは16日の木曜だけ。あとは雨、雲マークで天気予報欄は埋まり、追い打ちをかけるように雷注意報も・・・・。帰省前の予報も同じようなものだったため、ロードバイクGHISALLO305を輪行で持ち帰ることは諦めたので、あまり長距離や山を超え峠を超えというような難路も無理。やはり島に行ってみるかと地図を見るが、近場の島はもう何度か走ったことのある道ばかり。でもそうやって地図を睨んでいるとひとつの事に気づき、そうすると頭のなかで自然にコースが組み上がった。


2012年8月16日

7:30、少し長い1日になりそうなので早めに家を出るが、昨日までの曇天がウソのような晴天、カンカン照り。実家を出発して国道185号に出たらあとは一路東へ。途中とびしま街道へ向かう安芸灘大橋への道を右に分けるが、そのまま真っ直ぐ。お盆で車も少ない。

f0194599_2015793.jpg


道は海の側を緩やかな起伏を繰り返しながら続く。途中そんな丘の一つから眼下に大きな造船所が一望できる。

f0194599_20155339.jpg


f0194599_20161797.jpg



今回の相棒は、この重くて鈍い電動アシストミニベロ。前の日にハンドルを廻し、サドルを後ろに下げて高くし、なるべく前傾姿勢がとれるようにしたが、いくら漕いでもスピードがでない。まあ急ぐ旅もないし、ちょうどよいかと割り切る。

f0194599_20174989.jpg



途中自転車を停めて、写真を撮ったりしながらゆっくり。

f0194599_20182669.jpg


道はローカル単線の呉線と並走。ついたり離れたり、交わったりしながら続く。

f0194599_20185589.jpg



9:30 竹原。ここは安芸の小京都と呼ばれ、古い町並みが残っている所謂美観地区があるけど、どちらかというとそういうのは苦手なのでパス。かわりに寂れた商店街を流す。

f0194599_20194670.jpg



ここから185号を離れて南に。少し行くと竹原フェリー乗り場。予想したよりこじんまりとしている。

f0194599_2022934.jpg


これが自動販売機に入っていると、ああ帰ってきたなあと思う。

f0194599_1315836.jpg



今日はここから船で大崎上島に渡る。地図を見ていて、東のしまなみ海道と西のとびしま海道に挟まれ、本州と橋で結ばれていない大きな島があることに気がついた。本州竹原ととびしま街道上の大崎下島とそれぞれ別の港と航路が結ばれていて、時刻表を調べると便数も多いので利用しやすい。橋で簡単に陸伝い渡れる簡便さもいいけど、やはり島といえば船。今回は船に乗らないと上陸できないこの大崎上島をメインにコースを組んでみた。


切符売場で切符を買おうとすると、サイクリングなら無料パスで割引のになるというので、住所氏名などを名簿に記載して発行してもらった。

せとうちサイクルーズPASS 

f0194599_20245857.jpg


これで自転車と旅客運賃で通常490円が380円に。そういえば地元紙中国新聞でも自転車で地域振興みたいな記事が連載中。自転車ブームに便乗するだけでなく末永く続けて欲しいと思う。


島と本州を結ぶ生活便であるフェリーに乗り込む多くの車が乗船した後で、最後に自転車と一緒に乗り込む。


30分弱の船旅。橋で渡るのとは違う別の贅沢。

f0194599_2026464.jpg


f0194599_20262854.jpg



10:40  大崎上島、白水港に上陸。船は踵を返して竹原港に戻っていく。

f0194599_20274498.jpg




さあ、これからどうしよう・・・・
[PR]
by mobydick67 | 2012-08-21 20:31 | 自転車 | Comments(0)

Missing Link

生物進化の話ではない、自転車のチェーンの話。かなり前にフィニッシュラインのチェーンクリーニングキットを購入したものの、クリーニング液が垂れたり、使用後にキット自体のクリーニングが必要だったりと何かと面倒で実は3度ほどしか使っていない。普段はウェスと汎用ディグリーザーとブラシで簡単に済ませてるけど、やはりキットほどは綺麗にならない。

そこで、これでチェーンをつないでみた。

KMC 10スピード用ミッシングリンク CL559R Tiゴールド

f0194599_18473267.jpg



普通にチェーン切りでチェーン1コマ分落として入れ替えるだけ。すぐ視認できるように金色のものにした。「新品のチェーンには新品のミッシングリンクを使用すること」と注意書きにあるけど、使い古したチェーンで試用。外すときに苦労するというレポもあるが、未使用の状態だとわりと簡単に外すことができる。チェーンは500mlのペットボトルにパークツールのチェーンクリーナー少量と一緒に入れて1分ほどシャカシャカ振って少し置いて、また振って・・と3度ほど繰り返して、底をカッターで切って取り出すとピカピカ、キット同様にキレイに汚れが落ちる。

f0194599_18501443.jpg


(名前が名前だけに)走行中外れたりしなければ、なかなか便利。

ついでにタイヤも前後を交換。やはり後輪のほうがずっと摩耗が早い(写真は交換後)。

前輪

f0194599_18524536.jpg


後輪

f0194599_18533418.jpg




暑いけど、ひーひー言いながら自転車通勤してます。
[PR]
by mobydick67 | 2012-07-23 18:55 | 自転車 | Comments(0)

自転車って本当にいいなあ

1ヶ月くらい前、帰宅時にリアディレイラーのシフトワイヤーがSTIのなかで破断。

f0194599_02542100.jpg


以前同じところで切れてときには、我楽に持ち込んでついでにブレーキワイヤーも一緒にすべて交換してもらったが、今回はインナーワイヤーだけを自分で交換してみることにした。近くのスポーツ自転車量販店に出かけてワイヤーカッターとワイヤーを購入。

ホーザン(HOZAN) ワイヤーカッター C-217

f0194599_0265313.jpg



SHIMANO シフトインナーケーブル ロード/MTB(Amazonの価格設定はおかしい!なんか勘違いしている模様・・・)

SHIMANO PTFE シフトインナーケーブル

f0194599_0271052.jpg


ワイヤーカッターはもっと安価なものが欲しかったが、これしか在庫がなかったので奮発して購入。よく切れ、切り口も綺麗でワイヤーのほつれもなく満足。ワイヤーは安価なものと高価なものをそれぞれひとつずつ購入。初めてなのでとりあえず安価な方から使った。

時間はかかったが、取説見ながらなんとか交換、調整。工具も手に入れたし、次はブレーキワイヤーや、アウターの交換も自分でやって、投資したぶんを取り戻そう。


また先日、少し前から自転車が欲しいと言っている息子と一緒に自転車でチャリンコ屋巡り。3軒ほどまわったうちの一軒はどちらかというと以前から自分のほうが行ってみたかった店。

一癖創作自転車屋 狸サイクル 

f0194599_030246.jpg


f0194599_0303711.jpg


たしかに一癖どころか二癖、三癖ありそうな店と御店主で、ガキの息子には少しハードルが高かったようだが、自分にはとても面白かった。納品前のキテレツな外観のママチャリ改造快速車にも試乗させてもらったりしてなかなか楽しめた。息子そっちのけで、自分のロードバイクのフレーム塗り替えの相談などもさせてもらったので、近々にまた立ち寄ってみたい。




こんな感じで自転車も楽しんでます。ロードバイクに乗り始めてちょうど3年。

積算走行距離:16533km

最近は自転車に乗ることそのものを目的にした遠出はほとんどしなくなったけど、通勤、お出かけの足として自転車を堪能中。
[PR]
by mobydick67 | 2012-05-30 00:37 | 自転車 | Comments(0)

bright lights, big city

これまで使っていたバイクガイの自転車用ライトが暗くなってきた(単に気のせいかもしれない・・・)ので、今年の年頭に自転車のフロントライト、リアライトを新調。

フロントライト

LEZYNE(レザイン) 充電式バッテリーライト MINI DRIVE

f0194599_2254731.jpg


LEZYNEのDRIVE三兄弟のなかの最小モデル。充電式。十分明るい。明るさ三段階のなかのMIDモードでも、街灯のない真っ暗な公園を十分走行可。ただし、電池の持ちはよくない。通常使っているLOWモードでカタログ値で3時間とあるけど、寒い時期に実際使ってみて2時間強というのが実感。充電池を本体に入れたまま、マイクロUSB経由で充電できるので面倒ではないけど、通勤片道約1時間なので二日に一回は充電が必要。専用電池なので切れても、乾電池と差し替えることはできない。頻繁な充電が面倒という人には、電池容量が大きい一つ上のお兄さんLEZYNE POWER DRIVEを勧めます。というよりも・・・・エネループなど汎用充電池が使えて、電池をわざわざ本体から取り出さなくても充電できる自転車用ライトを誰か作って欲しい。


リアライト

Blackburn Flea 2.0 USB Rear

f0194599_226541.jpg


これもかなり明るい。信号待ちしているときに、後ろに停車した自転車乗りのひとから「そのライト明るくてよく目立ちますねぇ」と声をかけられたこもある。クリップ式なのでつけるところが限定される。シートポスト等に固定可能なベルクロテープも付属するが、サドルバックとバッティングする。いろいろ試してみて、現在はメッセンジャーパックのバックルに着けて使用中。

f0194599_2262930.jpg


充電式電池の持ちもよく、カタログ値で点滅モードで11時間。ほぼ実感どおりで、週一の充電でも十分。USBから専用マグネット式充電アダプターを使用して充電。別に不満はないが、これも汎用ケーブル一本で用が足りるマイクロUSBのほうが望ましい。


Anthology / JImmy Reed



これら二つをメインにして、これまで使っていたバイクガイのセットをバックアップとしてかばんに入れてある。そんなこんなで、相変わらず自転車乗ってます。ロードバイクに乗り始めてもうすぐ3年、自転車通勤始めて4年。最近はもっぱら通勤、お出かけの際の移動道具になっていて、自転車に乗ること自体を目的にした遠出はほとんどしてない。まあ、それでも十分自転車を楽しんでます。

積算走行距離:16123km
[PR]
by mobydick67 | 2012-04-11 22:13 | 自転車 | Comments(0)

トークリップ導入

紆余曲折あったけど、結局ペダルごと交換してトークリップを導入。

f0194599_17394897.jpg


ペダル MKS GR-9(silver) 149g
MKS TOE CLIP STEEL with leather (size:M)  45g (固定用ネジを含む)
Zefal TOESTRAP (Black) 18g

計212g(片側)

ペダルの軸の芯からトークリップの先端内側まではMサイズで約80mm。右はこれまで使っていたMKS COMPACT PEDALとプラ製ハーフトークリップ 計154g(片側)。

f0194599_17481716.jpg


3mmアーレンキーを使用する付属のネジとナットでペダルとトークリップを固定。

f0194599_17402535.jpg


ペダルのクランクへの固定は6mmアーレンキーを使用。

f0194599_174195.jpg



今年の正月から使用し始め、まだ300km程度しか乗っていないけど、なかなか好調。最初は怖いのでストラップ緩めにしてたけど、ぴったりに短めにしたほうがストラップが撚れないし、足の位置がしっかり決まっていい。引き足効果を少し実感。具体的にはギヤにして1、2枚分軽い、というか踏み易い感じ。巡行時だけでなく、ト―クリップへの足入れに慣れてくるとスタート時の加速も早くなった。


f0194599_1746314.jpg




雨、雨、降れ、降れ~と願ったけどこうも降り続けると気晴らしに自転車に乗ることもできないなと勝手なことを思う宵の口・・・・
[PR]
by mobydick67 | 2012-01-21 17:55 | 自転車 | Comments(0)