秋を追っかけて

10月に山を歩いていこようと休みをとったけど、天気が悪く、気分も乗らなかったため見送り、いつのまにか11月。里は秋爛漫だけど、山はもう秋というよりも初冬。初雪がちらついたとかなんとか・・・・逃げる秋を追いかけて奥秩父を歩いてきた。

2015年11月11日

3日休みをとって藪とか小屋とか楽しみながらゆっくり歩く予定だったけど、天気やらなんやらで1泊2日に。車なし都内生活者の王道、甲州西沢渓谷から。平日とはいえ、すでに紅葉の終わった西沢渓谷には人影がない。登山口の木々もすでに葉を落としている。

f0194599_1132308.jpg


f0194599_11331425.jpg


それでも針葉樹のなかにぽつりぽつりと散在する広葉樹はなぜかまだ少し赤い葉を残してがんばっていた。

f0194599_1133391.jpg


黄金色の唐松も上の枝に少しだけ葉を残す。

f0194599_11335238.jpg


なかなか威厳のある後姿。

f0194599_11342721.jpg


ザックはGRANITE GEAR nimbus meridian。20kg以下の荷なら背負やすく使い勝手のよいザック。

f0194599_11345977.jpg


とことこ登ってザレ場で見た富士は雲海に浮かぶ島のよう。

f0194599_11351799.jpg


甲武信と狂人。

f0194599_11353851.jpg


で、昼すぎに小屋について一服させていただき、いつもの場所にツェルト。

f0194599_11372676.jpg


f0194599_1137628.jpg


夜は美味しい酒と肴をごちそうになりました。小屋泊まりのお客さんは7人。ゆっくりできた。最近流行っているとのこれもいただきました。

f0194599_11394735.jpg


久しぶり、楽しかった。



2015年11月12日

翌朝はゆっくり7時に出発。武州秩父大滝川又をめざす。

笹平避難小屋手前のザレ場でもまた雲海富士。

f0194599_11401780.jpg


今回は使い慣れないカメラを持参して、設定を間違ってたようで画質が悪い。フレーミングが悪いのは誰のせいだ?

破風山ピークの手前でも雲海富士。

f0194599_11412440.jpg


破風歩道。来年はここと柳小屋を繋げてみたい。

f0194599_11424815.jpg


距離にして100mほど下ってみた。

f0194599_11431662.jpg


f0194599_11434233.jpg



古い杣の跡はあるが、下りだと広い尾根でルート間違えそうだから、柳小屋から尾根をつめて下りは青笹尾根がいいかなあ。でもここまできたら甲武信小屋に寄りたいし・・・・


雁坂嶺までの尾根からも雲海富士。

f0194599_1144847.jpg


で、いつものように孫四郎尾根でショートカット。

f0194599_11442082.jpg


あたりまえのことだが、倒木が増え、少しづつ荒れが進んでいる印象。何度も歩いているけどやはり最初は広い不明瞭な尾根なので1/25000とコンパス頼りに下る。

f0194599_11444786.jpg


きのこじゃないよ。

f0194599_1145137.jpg


仮称 孫四郎天平で一本立てる。

f0194599_11451823.jpg


そのまま尾根伝いに下ると、びっくり!最初の小ピーク前の鞍部にいつのまにかこんな看板が。

f0194599_11454546.jpg


え?ここが孫四郎峠だったの?なんとなくもう一つ下の鞍部、登山道におりるところがそうだと思ってたんだけど・・・・最近、雁坂小屋のご主人がいろいろ道の整備などに力を入れられていると甲武信で聞いたのでこれもその一つかな。いずれにしてもつぎの鞍部から右側に少し下って登山道に復活。

地蔵岩にも上がってみた。雁坂嶺から今下ってきた孫四郎尾根を一望。

f0194599_11471369.jpg


f0194599_1147255.jpg


あとは武州奥秩父らしい気持ちのいい道を川又まで下る。

f0194599_1147294.jpg


f0194599_11473966.jpg


意外に早くバス停につき予定よりも一本早いバスで秩父へ。強引に川上家に泊めてもらい、山でするはずの二泊目は雨の秩父で。正太郎とも一緒に呑めたし、酒、肴、つもる話し・・・ご馳走さまでした。楽しかった。

f0194599_1148696.jpg
















それで、山はいいなあ、以前のようにもっとたくさん歩きたいなあと思っていた矢先に、悲しい知らせが届いた。

11月28日、毛木平から甲武信を目指して歩いていた渡辺さん(ぼのぼのさん)が、途中で(おそらく心不全で)倒れて亡くなりました。渡辺さんはとても優しい、気どらない人で、私のような無礼な酔っぱらいでもいつも暖かく受け入れてくれました。ハンサムで山でもおしゃれでダンディ。下界で一献ご一緒させていただいたいたときは、仕事帰りでコート、スーツを着た渡辺さんの姿があまりにキマっていて、いい加減な格好をした自分が恥ずかしくなりました。酒席では、いつも見た目とギャップのあるおちゃめで絶妙な酔いっぷりで、見習いたいと思ってました。先輩、というよりも師匠のような人で、山に限らずいろいろなことを教えてもらいました。先日春の宴会でお会いしたとき、自分は心も頭もぼんやりざわざわしていてあまり喋れませんでしたが、今年定年だからこれからはゆっくり山、家族との時間を楽しむとおっしゃっていたのに。まだまだいろいろ教わりたい、手本にしたいと思っていたのに。

残念、悲しいという言葉ではとても足りません。


f0194599_11521692.jpg




渡辺さん、これからはゆっくり休んでください。ありがとう。
[PR]
by mobydick67 | 2015-12-05 12:02 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(4)
Commented by けん at 2015-12-08 07:10 x
真の沢のけんです。
破風からの柳小屋、一度は踏んでみたい杣道だと思っています。
もしかしたら、その時にばたりと会ったりして…


最後に渡辺さんの訃報、驚いています。
10月の最終日に甲武信小屋のストーブの前で午後2時から一緒にお酒、夜は台所に場所を変え消灯ギリギリまで「毎月一回は甲武信小屋に来たいと思っている」って笑いながら話していました。
「また来年会いましょう」が叶わぬ夢となってしまいました。
ただただ御冥福を祈るしだいです。
Commented by mobydick67 at 2015-12-08 18:08
けんさん、ご無沙汰です。
「真の沢のけん」ってカッコいい!
おれもただのモービーを改めて、「ナマクラ孫四郎のモービー」にしようかな。

もしも、もしも、このみちで会ったらびっくり!!!
是非こんな道でまたお会いしたいです。

渡辺さんのことは、まだ自分のなかでは気持ちがざわついて何も考えられません。
とにかく寂しいです。
Commented by しょーたろー at 2015-12-10 21:01 x
今晩は。無事ダンスも終わりました。また遊びに来てください。
※0号より
渡辺さんには、秩父で飲みましょうとお願いしていましたが、叶わぬこととなってしまいました。献杯
Commented by mobydick67 at 2015-12-10 21:24
おー正太郎、ごめん公演見にいけなくて。
また飲もうな。今度は少し濃いめのやつを。

ゼロ様、渡辺さんのとはほんとうに残念です。
<< 奥多摩 オネオネタニオネオネオネ 広、長浜、小坪、小須磨、仁方、広 >>