くも膜下出血顛末記 その1 出血

このブログではこれまで山、里、街での己の愚行の数々を晒してきたので、昨年末に患った大病についても備忘録代わりに書いておこうと思います。「患った」というよりは「襲われた」というほうが感覚としては近いのですが、表題のとおり昨年12月に私はくも膜下出血で倒れました。

2014年12月11日
都内で親戚が集まる機会があり、夕方6時から新宿の居酒屋で宴がありましたが、私は幹事だったため、めずらしく焼酎一杯程度しか飲みませんでした。2時間ほどで宴は終わり自宅に帰りましたが、その際甥や姪など若い人を中心に数人が私のマンションにそのまま来て、やれ飲み直そうかとみんながテーブルについて、乾杯しようとしたまさにそのときでした。それまで経験したことのないような頭痛に襲われました。また脚の膝から上が少し痺れているような感覚もありました。「経験したことのないような」といっても、そもそも宿酔以外で頭痛などほとんど経験したことがなく、後で本やネットで調べるとこの病の頭痛は「人生最悪の」と形容されていましたが、そのときはとりあえず頭がグラグラするような頭痛で何か尋常ではないものを感じましたが、最悪かどうかはともかく酒など呑めそうもないので、他のみんなに頭が痛いので悪いけどもう呑めないと伝えてベッドに行き、そのまま倒れるように寝ました。
 すぐ寝たかどうかはもう覚えてませんが、翌朝になっても頭痛は治っていませんでした。ただ、慣れか、頭痛が弱まったのか、全く行動できないような状態ではなく、3日ほど仕事は休みましたが、その後年末で忙しくなかったせいありますが、仕事もしていました。酒を飲んでみても治らず、いつまでたっても良くならないので20日には市販の頭痛薬を飲んでみたけどやはり治らず、ようやく24日のクリスマスになって病院に行きました。町医者では後で大病院に廻されると思って、区内の某大病院に行き、受付で頭痛と足の痺れが10日以上続く旨を伝えると脳神経外科を案内されました。そこで頭部CTと脚のMRIを撮ったあとに診察を受けましたが、いずれにも異常はないとの診断で心労のせいだと言われ、少し強い頭痛薬ロキソニンを処方されました。
 
2014年12月26日
それでも頭痛はひかず、実はこのあたりから記憶が曖昧であとは家族による事後報告をもとにした記録になりますが、26日にトイレで倒れて意識不明のところを家族が発見し救急車を呼び、先ほどの大病院に搬送されました。しかし搬送中に意識は戻り、搬送先の病院でも再度CTを撮ったりせず、やはり心労のせいだという診断でタクシーで帰宅しました。

2014年12月28日
翌々12月28日午前中、風呂で再度倒れます。家族によると26日前後から傍目にも不審な行動が多く、この28日もなぜか午前中に入浴しようとして、家族も注意していたようですぐに倒れたことに気がついたようです。再び119で救急車を呼びましたが、このときは意識不明で呼吸も浅く人工呼吸を受けながら搬送されたようです。また、理由はわかりませんが、今回は前回の通院と救急搬送で診察を受けた病院ではなく隣の目黒区の国立東京医療センターという大病院に搬送されました。ちなみに今こうやって普通にパソコンでキーボードを打ったり、朝走ったりできるのは、手術、治療をしてくれたこの病院の医療チームはもちろんですが、2度ともすぐに気がついて救急車を呼んでくれた家族と、すぐに駆けつけて適切な処置をして迅速に搬送してくれた救急救命士のおかげです。感謝しています。
 こうして病院に搬送後、脳神経科の集中治療室に運びこまれ、生命維持のための処置を受け、MRI、CT、頭部血管造影検査によってくも膜下出血との診断を受け、翌日即手術することが決まります。ただこのあいだも私は意識不明、呼吸不全で、家族は担当医から手術をしてもこのまま意識はもどらない、あるいは手術前に死亡するかもしれないと担当医に伝えられたようで、広島の実家や滋賀の妹に連絡して母や妹が急遽上京してきました。

うーん、こうやって改めて文章にしてみると、もうかれこれ退院後4ヶ月近くたつのですが、我ながら今こうやってほぼ普通に生活できていることが奇跡のようです。とりあえず今は五体満足です。
[PR]
by mobydick67 | 2015-05-04 18:10 | その他 | Comments(6)
Commented at 2015-05-04 18:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 皆野爺v(^^;; at 2015-05-04 20:50 x
先日KBSの新年会でこの話聞きましたが、お元気な姿を見れて良かったです。
引き続きご自愛下さい!

孫四郎尾根の話をいつかご教示下さいv(^^;;
Commented by づめ at 2015-05-05 04:50 x
自身の備忘録かもですが、書いてくれてありがとう。
いろんなチカラが、助けてくれたのですね。
まだいってもらいたくないです。
とにかくよかった。
Commented by mobydick67 at 2015-05-06 00:13
ふうろ姐さんありがとう。
また山で会いたいよ。会えるよね。
Commented by mobydick67 at 2015-05-06 00:15
巨匠、ありがとう。
孫は簡単だから地形図あればだれでも歩けます。
是非歩いてみてください。
Commented by mobydick67 at 2015-05-06 00:17
づめりん、ありがとう。
入院中もメールをもらってとても心強かったよ。
雪がなくなったら甲武信にいくので飲もうね。
<< くも膜下出血顛末記 その2 手術 やっぱり山はいいな >>