甲武信小屋年末ボッカ


年が明けて日も経ち、ほおっておくと鬼が怒る?ので今年も声をかけていただいて参加した恒例の年末ボッカのことを書いておこう。

2013年12月27日
当初は28日早朝東京発の予定だったけど、今年は雪が多くクリスマス連休の第一次ボッカも小屋までかなり時間がかかったらしく、急遽例年どおり川上村白木屋に前泊することに。夜、宿に到着するとなぜか徳さんが寝てて、ヅメリンと俺はまだ晩飯喰ってなかったので起きだした徳さんと3人でちょとだけ酒。早めに寝たはず・・・

12月28日
宿で朝飯食べて、身づくろいして宿の前で、車できたKやんとわっきーと合流。

f0194599_1534281.jpg


雪の梓川。

f0194599_153536.jpg


車で毛木平に向かったものの、駐車場手前あたりから雪が多く、車を梓山まで戻したり、なんだかんだで出発は8:30。

f0194599_154757.jpg


酒樽、ザックをみんなで交代で持ちながら歩く。歩き初めてすぐにアイゼン。クリスマスボッカのトレースが残っているけど、その上にさらに10~20センチ程度積もっている。今年でこの年末のボッカも4度めだけどこれまでで一番の積雪。

f0194599_1542712.jpg


f0194599_1543890.jpg


ナメ滝にも雪がたっぷり。

f0194599_1545066.jpg


それでも水源までは雪はそこそこで、久しぶりの雪歩きを楽しんだけど、水源からは吹き溜まりもありなんちゃってラッセル。

f0194599_155145.jpg


高度を上げて縦走路との出合い。ここまでくればあともう一息。

f0194599_1562348.jpg


最後のひとふんばり。

f0194599_1564653.jpg


頂上。

f0194599_157827.jpg


f0194599_1572311.jpg


13:30 小屋に到着。

f0194599_1574296.jpg


この日は作業はほどほどにして早めに宴会開始。すき鍋を肴に酒、酒、酒・・・人のデポした酒にまで手を出して遅くまで・・・

f0194599_159211.jpg


12月29日
朝ゆっくり起きて、鍋の残りで作った雑炊いただいて、ゆっくり作業開始。朝は冷え込んで外は-19℃。それでも薪を運んだり、雪をかいたりしていると体もあたたまって汗がにじむ。昼を過ぎると、日帰りの登山客やテント、小屋泊りの人々に混じってS嬢とはるぶーが到着。夜はS嬢が担ぎ上げたあんこう鍋、はるぶーがヅメリンの誕生日を祝ってケーキに舌鼓をうちつつ、はるぶーの落語なんてのも飛び出して、夜は更け、酒はすすむ・・・・


12月30日
朝ごはんをご馳走になって下山、西沢渓谷、山梨側の道はよく踏まれていて雪があっても快適。

f0194599_15102841.jpg


スピードも出て予定より一本早いバスに間に合って、バス停でこれから登るイジルとHピーに会う。



そんなことで今年もこれでよろしくお願いします!

f0194599_15111959.jpg

[PR]
by mobydick67 | 2014-01-17 15:15 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(3)
Commented by imalp at 2014-02-01 16:49 x
モウビィ師匠、こんにちはっす。
もう恒例になりましたね、年末の甲武信。いいですね。

ところで、暮れに小屋番時代の同僚と飲んでまして、
(彼は現役なんですが)ある話題で盛り上がったんです。
まあ、同業者っていうか、ご友人のヅメリンさんのダウンJK。
あのJKT、いつからお召しになってるんだろう、って。
彼は、Kというんですが一昨年と昨年の春とかに何度か
テント泊や通過客でお邪魔してるそうです。
Kいわく、その折にヅメリンさんのダウン、その馴染み具合というか
何というか言語化が難しいのですが、「おろしたて」の正反対です、
そのテクスチャーっていうかグラデーションっていうか
「ぜったい忘れられないっ」と、ものすごく印象深かったそうで。

ええ、そのことが酒の席で話題になりまして。
僕はこちらで拝見して同じような印象を抱いていたものですから
「写真でしか知らないが、古民具のような風合いは心得てる」と返答。
Kは感心することしきりでありました。おっと何の話でしたっけ。
Commented by mobydick67 at 2014-02-12 23:18
先輩、返事が遅れてしまいました。すみません。
おかげさまで毎年呼んでもらってこれがないと年が越せなくなってきました。

あああのジャケットですね!
俺が説明するのも変ですが・・・・
なんだか黒光りしてます、はい。
天然のフッ素加工というかワックスというか・・・・・よく水をよくはじきます。
バブーアのオイルドコットンではありませんが、独自の匂いもするとかしないとか・・・
数年に一度洗っているようですが、コーティングは剥げないようです。

山だとかっこいいんですが・・・

たまに下界で飲むときにこれを着てこられると・・・・・うーーん・・・・・・ですねえ・・・・
Commented by TrevorKr at 2014-05-27 08:11 x

I favor the different shades!

my website - http://journal-cinema.org/
<< 山で新年会・・・・・人生いろいろ 筆不精から脱出!―― 吉田の龍勢 >>