追憶の真ノ沢林道-----SHINNOSAWA REVISITED Ⅰ

なかなか続けて休みがとれず、前回8月の山行から悶々とすること2ヶ月。不意に遠方に出張の仕事がキャンセルになり、2連休がとれそうになったので、えいやっーと3連休にしたのはもう休みの4、5日前。奥多摩主脈環状縦走?自転車と山を組み合わせたイッテキマスカエッテキマスロン?妄想が頭のなかでぐるぐる・・・

ぐるぐるぐるぐる・・・・真ノ沢林道だ。そう真ノ沢林道。これまで単独で登ったのが一度、即席パーティーで残雪のなか四苦八苦して下ったのが一度。いずれも真の真ノ沢林道とは程遠い藪漕ぎ山歩きになってしまい、とても「真ノ沢林道を歩いたことがある」とは言えない体たらく。今度こそあの道を歩いてみたい。


2013年9月27日

前日帰宅が12時をわまり、買い出しも行ってないし、冷蔵庫をあさって食えそうなものを集め、押入れのなかの装備をかき集めてパッキングが終わるともう3時半。少しだけ寝て起きて、なんとか西武池袋駅に辿り着き、飯能で乗り換えられない症候群の発症が恐ろしいので奮発してレッドアローに乗って、西武秩父にちょっと早くついたので秩父の友達に会って、少し元気をもらって、秩鉄に乗り、三峰口からバスに乗って、川又に着いたのが10:30。ここのところの週末の悪天が嘘のような好天の下、入川に沿って歩き始める。

道でない道、真ノ沢林道の一人歩き。ちょっと不安なので、ザックはもうくたくたになってしょうのはやめようと思っていた古い相棒OSPREY ZEALOTをが今回の旅の友。

f0194599_9135145.jpg


扇屋さんの養蜂場。ここのハチミチは旨いよ。

f0194599_9141857.jpg


いつ見てもほれぼれする佇まいの火の見櫓。

f0194599_9181068.jpg


f0194599_9184167.jpg


夕暮キャンプ場、前田夕陽の歌碑。

f0194599_9185415.jpg


森林軌道跡を歩く。

f0194599_919873.jpg


f0194599_9192764.jpg


照りつける日差しはまだ夏のようだが、吹き抜ける乾いた風はもう秋の匂い。

f0194599_919553.jpg


赤沢谷の出合から沢をいったん離れて尾根を巻く。

f0194599_9201316.jpg


f0194599_9202799.jpg


いろんなキノコが土、倒木、苔から湧く。

f0194599_9205810.jpg


f0194599_9211190.jpg


f0194599_9212929.jpg


f0194599_9214144.jpg


再び入川の沢音が近づいてくると柳小屋は近い。

f0194599_9215851.jpg


f0194599_9221335.jpg


f0194599_9222530.jpg


14:00 柳小屋。バスを降りてここまで誰一人会わない。

f0194599_9225630.jpg


先日このあたりを直撃した台風のせいか、小屋前の沢床の土はえぐられ倒木が積み重なる。この先大丈夫だろうか?

f0194599_9231652.jpg


f0194599_9233124.jpg


股の沢林道との分岐から真ノ沢林道に入る。

f0194599_9234454.jpg


しばらく尾根をまっすぐ詰めて高度をかせぎ、小さな鞍部から右に巻く。

f0194599_9254791.jpg


16:00 千丈の滝上。渓相が一変していて驚く。

f0194599_927169.jpg


左岸側にあった苔むした幕営適地は流れに抉られ、ほとんど河原がなくなり、左岸側に流れが寄った分、右岸側にガレた広い河原ができていた。ただ土が抉られて岩が露出し、倒木が折り重なっているので幕営には適さない。いつもより少し水量の多い沢を靴を脱いで渡渉し、先に進む。

f0194599_928312.jpg


少し高巻いたところから見た滝上100mほど上流の渓相も一変していた。

f0194599_9284963.jpg


沢床の土がすべて抉りとられ、あの苔むした素晴らしい楽園は失われ、大小の砂岩が露出し、ところどころ真新しい倒木が積み重なる殺伐とした沢になってしまっていた。

f0194599_9294891.jpg



それでも谷側の土と苔、広葉樹が残った沢岸に今夜は泊まることにした。天幕はファイントラックツエルトⅡロング。

f0194599_92923100.jpg


沢の水を汲み、テントに入り失われた苔むした楽園のことを懐いながら呑む。あのような渓相に戻るまでどのくらい時間がかかるのだろう。

f0194599_9301378.jpg


前夜ほとんど寝ていないので、マルタイラーメンのヒガシマル カレーうどんスープ仕様のカレーラーメンで〆て早々と寝袋に入ると、ふかふかの腐葉土の極楽ベッドのおかげであっというまに寝入ってしまった。
[PR]
by mobydick67 | 2013-10-03 09:34 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(8)
Commented by 皆野の爺(^^;; at 2013-10-03 11:32 x
ご無沙汰です(^^)/

真ノ沢 Revisited Ⅱが楽しみです(^^)v

今度の土日でまた飲みに行く予定ですv(^^;;
Commented by mobydick67 at 2013-10-03 22:11
皆野様
ご無沙汰してますねえ。
今年の龍勢は観戦予定のなのでスケジュールがあえば是非秩父で一献願います。
Commented by よよよ at 2013-10-04 22:05 x
さすがだねー!
これぞまさしく、一人山行。

思い出すよ。

落ちたこと・・・
Commented by いま at 2013-10-06 08:30 x
ちわっす。ザッツ奥秩父。
朽ち果てたレールが道型に残ってたり犬釘が打ってあったり、
たまりませんなあ、こういう人間の営みの痕跡。

昔からあったんでしょうね。古い時代の苦労が偲ばれますよ。
寝床にしようと思ってアテにしてた河原が消えてた、とか。
ござ一枚、蓑ひとつで野営したでしょうから、
ふかふかの苔の褥はありがたいものだったんでしょうね。
そんなこと考えながら秩父の谷の底に眠る夜、また味わってみたいっす。
Commented by mobydick67 at 2013-10-07 08:56
よよよ様

そんなことがありましたねえ・・・
落ちたり、転んだり、流されたり、泣いたり・・・

いい思い出です。
Commented by mobydick67 at 2013-10-07 09:02
いま先輩

こういう古い今は使われなくなった道を歩いていると、
人の力の小ささ、傲慢さ、そして儚さをひしひしと感じます。
歩かせもらっている、とか
泊めてもらっている、さらには
生かしてもらっている、
と、いつもより少しだけ謙虚な気持ちになる、そこが魅了ですね。
おー、ちょっとかっこつけすぎました・・・




Commented by みねりん at 2013-10-15 23:19 x
はじめまして。奥秩父の興味深いルート、以前から拝読させてもらってます。7月に真の沢林道を単独で歩きましたが、千丈の滝上はだいぶ変わってしまったのですね、ちょっと残念ですがまた歩いてみたいです。
Commented by mobydick67 at 2013-10-16 08:46
みねりんさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

自然の力で一変した風景もまたいつか元にもどるのでしょう。
もしかしたら沢のほうも倒木が一掃されて歩きやすきなってるかもしれないので、
また来年にでも歩いてみたいなあと思ってます。

今後もよろしく御願いします。
<< 追憶の真ノ沢林道-----SH... 魂 >>