奥秩父、晩秋、藪山のバーで・・・

秋も深まり、奥秩父のお山にはもう雪が降ったと聞いたので、友人たちとちょっと藪をこいで人気のないところで宴を楽しんできたよ。

奇しくも「山と溪谷 2012年 11月号の特集は「仲間と山へ」、岳人 2012年 11月号は「藪山岩山読本」だったので、リーダーではなくただの仮設バーのマスターだし藪山岩山ではなくなんちゃって藪山だけど、一応両誌熟読して予習して山渓×岳人コラボ企画に備えたよ。これで「PEAKS」の特集が「山でお酒を」だったら完璧だったのに・・・


2012年11月3日

西武池袋駅でイジル、Hぴー、晴ちゃんと集合し、レッドアロー始発乗って出発。が、小手指あたりで人身事故があり特急が所沢止まりに。ばたばた乗り換えて、なんとか西武秩父についた頃には川又経由中津川行きの始発バスはもう影も形もなかった。ここでよっちゃんと合流し、作戦変更して秩父鉄道で三峰口に向かい、そこから出る中津川行きに乗り満員のバスに揺られて川又に着いたのは、予定から一時間以上遅れて10:30。これは想定外。

f0194599_22514124.jpg


登山口から少し登った尾根に乗る手前の水場「水の元」の水量はちょろちょろ。いつもは登山道に溢れるほど流れているのに、これでは樺避難小屋側の水場で水が摂れるかどうか不安なので、ここから水を担いでいくことに。翌日の昼まで途中水場がないので一人2Lから4Lほど汲んでいっきに荷が重くなる。これは想定内だったけど、想定した以上にみんなの肩に重い荷が食い込んだようだ。


それでも登るにつれ紅葉の秋から冬枯れの初冬へと変化する道を楽しみながら高度を上げ、距離を稼ぐ。奥秩父、それも武州側はとびきりいいね。

f0194599_22523043.jpg


f0194599_22524427.jpg


f0194599_22525610.jpg


f0194599_22531170.jpg




もしも3時半までに登山道から離れる地点に着かなかれば藪はやめて、来た道を戻って樺避難小屋で泊ることにしようと決めておいたけど、みんなよくがんばったね。3:10、登山道を離れて笹薮にとりつく。

f0194599_2254195.jpg


鞍部に出て小ピーク一つ巻いたあとは、針葉樹林の中、尾根を進む。

f0194599_22545131.jpg



16:00目的地、孫四郎天平に無事到着。それぞれ手早くテントを張る。

f0194599_22551571.jpg




さあ、ここからは宴会。持ち寄ったつまみや鍋を肴にさむーい星空の下、盛大に飲む。飲み始めた頃は黄昏ていた人も、酒がまわってくると元気になり、話は弾む。弾みすぎてどこにいくんだろうと不安になるくらい弾む。巨人ファンは優勝のニュースにさらに酔う。マスターとしてたっぷり担いできた酒も気持ちよくなくなり、最後は甲武信小屋御用達のカレールーをたっぷり鍋の残り汁に溶かして作ったカレーラーメンで〆て、ごちそうさま。もう日付が変わる時間が近づいた頃にみんなそれぞれテントに帰って、おやすみなさい。気の置けない友とわいわい呑むのはいいね。





2012年11月4日

空が明るくなり始めた頃に起きてそれぞれ朝ごはんを済ませ撤収。

f0194599_2256869.jpg


7:00 出発。藪尾根をつめる。

f0194599_22563216.jpg




7:40 雁坂嶺。日本晴。富士山も南アルプス、なんでも見えたよ。

f0194599_2257710.jpg


f0194599_22572335.jpg


ここからはゆっくりごきげんに縦走路を東へ。しつこいけど、奥秩父はいいね。

f0194599_22575296.jpg


f0194599_22581399.jpg



北面の道には雪が残っていてすっかり冬気分だよ。

f0194599_2259851.jpg



11:00 甲武信小屋。前夜は小屋泊り100人を超えたそうだ。徳さん、爪ちゃん、今井さんと3人勢揃い。

f0194599_22593762.jpg


テラスで日向ぼっこしながら少し休ませてもらって出発。西沢渓谷へ。黄金色に輝く唐松の紅葉がまぶしい。何度もしつこいけど、奥秩父はいいね。甲州側も捨てたもんじゃないね。

f0194599_2312771.jpg


15:00 無事下山。けっこう疲れたけど、降りたら降りたでなんだか名残惜しいね。

f0194599_2324385.jpg



あとはお馴染みの隼温泉で垢を落として、馬刺しでビール。ニ皿も頼んだのに写真を撮ろうと思っているあいだにみんなの箸が伸びであっというまに・・・

f0194599_235776.jpg


さらに山梨市駅でわざわざ東京から出てきたツトピーと合流してお馴染みの歩成へ。ここでも煮込みとか馬刺しとか、鳥モツとか、豚カツとか・・・・

f0194599_2355950.jpg



酒はいいね。もちろん、山もいいね。








どっぷりだよ。
[PR]
by mobydick67 | 2012-11-08 23:13 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(6)
Commented by 川上0号 at 2012-11-12 13:02 x
>小手指あたりで人身事故があり特急が所沢止まりに。
マスター、お疲れ様でした。お誘い頂きましたが、お邪魔できず
申し訳ありません。
ただ3日は自宅でぶらぶらしていましたので、電話でもいただけ
れば、登り口までお送りさせていただきたかった。
ついでに一升瓶でも・・・
Commented by よよ at 2012-11-12 21:13 x
大変お世話になりました。

きつい時もあったけど、とっても良い思い出になった。
貴重な経験をさせてもらった。
また、やりたいねー。

それには、もうちょっと、面倒でない人間にならんとね。
Commented by mobydick67 at 2012-11-14 11:45
0号様
次の機会、楽しみにしてます。
その時は一升などといわず、一斗樽を担いでもらうので
よろしくお願いします。
Commented by mobydick67 at 2012-11-14 11:48
よよ様、楽しかったよ。

次は女性にはヘソ出しルックで働いていただいて、
ば◯あずバーにするのでよろしくお願いします。
Commented by at 2012-11-14 20:54 x
お世話になりました。
楽しい時間をありがとうございました。
また機会がありましたら、藪歩きご一緒させてください。

鍋、おつまみ、お酒 どれもおいしかったです。
ごちそうさまでした。

Commented by mobydick67 at 2012-11-15 13:05
晴様

こちらこそ肴ごちそうさまでした。

また声をかけていただければいつでもお供いたしますよ。
ただ次はバニーガールかヘソ出しを所望。

学芸会、もとい文化祭!でも、その歌声でお客様を悩殺してくださいね。
<< 夜、広島でぶらぶら 奥秩父、ちょっと藪、秋の宴 >>