奥秩父の裏側を歩く 2

2012年10月7日

夜半にはかなり降っていた雨も朝には小雨になった。

f0194599_21354844.jpg


早起きして朝食を済ませコヒーを啜りながら、雨の中の撤収を躊躇っていたが、ラジオで天気予報を聞いても朝のうちは止みそうもないので出発することに。6:15 出発。雨なのでカメラはRX100 はジップロックに入れてザックのなかにしまい、スマフォ(104SH )で代用。

今日はこの唐松久保沢を源頭までつめる。

f0194599_213737.jpg


次第に狭くなり斜度も増す谷を30分ほど辿ると、水が岩の下に伏流する源頭と思しきところに着いた。

f0194599_2138610.jpg


源頭部を乗り越すと上には幅20m、高度30mほどのガリー。これは1/25000地形図にもよく目を凝らし見ると棒線で記されている。帰宅後調べたところ正式には「雨裂」記号というようだ。左側の樹林との縁を登る。

f0194599_2139299.jpg


ガリーを越え、苔むしたシラビソ林のなかを天竺平から富士見に連なる尾根を目指してつめる。

f0194599_2141471.jpg


が、あと尾根まで高度にして2、30mというところでしっかりとした杣道にぶつかった。道は尾根の下を稜線と平行するように続いている。

f0194599_21415150.jpg


せっかくなのでこれを富士見のピーク、南東方向に進む。しかしいくら進んでも道はいっこうに尾根に乗る気配はなく、かといって縦走路と交差するでもなくなんとなく縦走路の下を平行するように国師ヶ岳、南南西に方向を変え、そのうち下り始めた。

f0194599_21441991.jpg


途中に古い杭も残るが、道も途切れぎみで藪が濃く怪しくなってきたので見切りをつけて、来た道を戻ることに。

f0194599_214513100.jpg


少し戻って適当なところでやっぱりいつものように幼木の藪につっこんで登りつめると・・・

f0194599_2147298.jpg


8:10、主脈縦走路に出た。ここから富士見まで5分ほど。

f0194599_21481148.jpg


あとは歩き慣れた縦走路を進み、甲武信岳頂上へ。霧の上に頭を出したピークから紅葉が始まりつつある。

f0194599_21495417.jpg


f0194599_2150773.jpg


9:20 甲武信小屋。徳さん、ヅメちゃん、今井さんに加え、すーさん、ワッキー、晴ちゃんなど馴染みの顔が・・・

f0194599_215114.jpg


山旅ロガー、まあまあかな。

f0194599_22172417.jpg



いつもの場所にテントを張って、のんびりしているうちにいつのまにか天場も小屋もお客さんでいっぱいに。この日は小屋には90人近く宿泊したようだ。夜は美味しい酒、肴をご馳走になって遅くまで・・・・

f0194599_21514265.jpg




2012年10月8日

この日もお客さんが出発したあとコーヒーをご馳走になってゆっくり出発。なぜか前日下山予定の晴ちゃんが居残っていたので一緒に下山することに。9:20 縦走路を西へ出発。

秋の奥秩父。

f0194599_21531793.jpg


笹平。昨日までぐずついてた天気も回復傾向。

f0194599_21533886.jpg


今回はゆっくり歩こうと思っていたのに、晴ちゃんはすたすた先を行き、こっちはヒイヒイハアハア言いながらなんとか後ろをついて行く。侮ってました。すみません。

f0194599_21551597.jpg


11:30、雁坂嶺。せっかくなので孫四郎尾根をご案内。

f0194599_2156081.jpg


f0194599_21561884.jpg


藪女。えっ、ガール?

f0194599_2157352.jpg


f0194599_21572253.jpg



12:00 孫四郎天平。

f0194599_21574853.jpg


f0194599_2158833.jpg



ここで昼食をとり一服した後、コンパスと地図を頼りに薄い踏み跡が出てきたり、途絶えたりを繰り返す藪尾根を下る。最後は急な笹薮を下って・・・・

f0194599_220784.jpg



13:00、登山道に復帰。いつの間にか空模様が怪しくなっている。ここからは再びとばして歩く晴ちゃんに遅れをとらないよう何とかついていく。

f0194599_222763.jpg



15:00 川又バス停。途中孫四郎尾根で雁坂峠をショートカットしたとはいえ甲武信ヶ岳から5時間40分。恐るべし晴ぶー、じゃなくて晴ちゃん!

f0194599_22185839.jpg


このあとバスを乗継いで秩父に向かう途中、徳さんのお母さん山中時子さんが偶然バスに乗ってきてびっくり。お元気そうでした。また三峰駅で川上さん一家が迎えに来てくれていたのにもびっくり!感謝。


・・・・・ということで、またもや秩父川上家で楽しい時間を過ごし、なんだか浦島太郎なったような気分で亀ならぬレッドアロー終電で秩父を後に・・・・・
[PR]
by mobydick67 | 2012-10-15 22:21 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(4)
Commented by at 2012-10-16 19:59 x
モウビーさんのおかげで楽しい藪歩きができました。ありがとうございます。次回も、笹薮で滑って埋もれて、あははと笑う藪ガールを目指したいと思います。よろしくお願いします。
Commented by 川上0号 at 2012-10-17 17:07 x
お二人とも、お疲れ様でした。おかげ様で山に行かずとも楽しい
お話を伺うことができました。
こちらも無事龍勢祭りが終了したので、山へ行けそうです。では!!
Commented by mobydick67 at 2012-10-18 08:51
晴ぶー。楽しかったよ。次はあそこで宴会です。

でも、ガールを目指す???
Commented by mobydick67 at 2012-10-18 08:53
川上様 
またもや饗していただき恐縮、感謝です。

龍勢お疲れさまでした。
正太郎の勇姿が見れず残念です。いつか見学したいと思ってます。
次は宴会山行で!
<< 土曜日、小暮理太郎と出会う 奥秩父の裏側を歩く >>