骨で遊ぶ

「生きる形」

f0194599_22302520.jpg


会期:2012年4月20日[金]-2012年9月1日[土]
開館時間:10:00~17:00 (入館は16:30まで)
会場:東京大学伊藤国際学術研究センター(本郷キャンパス)
入館料:無料


WEBでみた告知から予想したよりもこじんまりとした展示だったけど、なかなか面白かった。動物の骨をオブジェ化した個々の展示は、どっかの本で見たものによく似てるけど完成度は高い。

f0194599_22313264.jpg


f0194599_2232037.jpg



が、全体としてはすっちゃかめっちゃかで未完成、試行錯誤・・・・

f0194599_22335495.jpg


特に光ファイバーを使ったインスタレーションというか何だかよくわからないものは、下手な学園祭の出し物かアングラ芝居みたいだし・・・・

f0194599_22342949.jpg



一言でいうと混沌。でもそれが「生きる形」ってことなんでしょうか?そういえば監修者である死体解剖学者?遠藤秀紀の最新刊東大夢教授もなんだか表現が芝居っぽくて真面目なんだか不真面目なんだかわからない変な本。変な芝居うっているあいだに、かんじんな科学のほうがお留守になってしまってます。


会期はあと2日ですが、変なものが好きな人、骨マニアの方は是非!タダです!



それと以前見た本館のほうの展示。

常設展示
「キュラトリアル・グラフィティ――学術標本の表現」

f0194599_22401162.jpg


会期: 2011年10月17日[月]- 
休館日:月曜日(ただし、4月30日は開館)、5月1日
開館時間:10:00~17:00 (入館は16:30まで)
会場:東京大学総合研究博物館(本郷本館)
入館料:無料

こっちほうが展示の基本形に忠実で、まとりまりがあってコンセプトもわかりやすい。
現生人類(ホモ・サピエンス)の頭骨が縄文時代から江戸時代のものまで20体近く並べてあるのは壮観。
ただし、こちらは人骨がメインなので撮影禁止だそうです。



同じ骨でも動物の骨なら遊べるけど、やっぱ人骨はダメなんだろうな・・・
[PR]
by mobydick67 | 2012-08-30 22:51 | その他 | Comments(2)
Commented by 遠藤秀紀 at 2012-10-21 14:24 x
「生きる形」展に来訪くださいましてありがとうございました。展示を監督しました遠藤秀紀(東京大学総合研究博物館)と申します。時間が経ってしまって、いまページを拝見。私の展示、楽しんでいただけましたか。解剖を続ける自分の精神世界を広げてみたつもりです。展示は終わってしまいましたが、またこの先もさまざまな試みをしてまいりますので、どうぞご期待ください。拙著「東大夢教授」(リトルモア)で、展示を創る自分を物語に描きました。こちらもどうぞご笑覧ください。応援に感謝します。
Commented by mobydick67 at 2012-10-22 07:10
遠藤秀紀様 コメントありがとうございます!
「うなぎ展」以降、展示楽しませていただいてます。文系で科学方面はちんぷんかぷんの私も、いつも興味をかきたてられます。

本文にも書きましたように「東大夢教授」も読ませていただきました。「物語」には少し戸惑いましたが、昨今の国立大学法人の内側や、研究室の様子が少しわかったような、わからないような・・・・今後もさらなる健闘を祈ります!
<< 田部重治も踊れ踊れホイホイ!奥... 田部重治も踊れ踊れホイホイ!奥... >>