奥秩父 山、谷、峠そして人・・・そして? 2

2012年5月4日

4時前に目を覚ましたが、外は雨がしとしと。ラジオをつけると今日も天気は不安定らしい。湯を沸かして茶を淹れ、朝食に定番となったスープカッペリーニを手早く作って腹に入れ、コーヒーで一服。何だか煙草が無性に吸いたくなる。岩屋の中は雨風を凌げるのでテントの撤収、パッキングもはかどる。5時になりさあ出発するかと思って手袋をつけたりストックを持ったりしていると、いきなり雨音が大きくなりザアザア降り。やり過ごしてから出発することに決め、もう一度荷を解いてコンロとカップを出してコーヒーをもう一杯。今度は練乳をたっぷり入れて甘めに。

f0194599_21454886.jpg


5:30、雨も小降りになったので出発。雨をやり過ごす間に今日歩くルートを検討しておいた。岩屋の前で二つの沢が合流しているがそのあいだの尾根にとりつくことにした。これを登って国師ヶ岳からほぼ真北に伸びる尾根に乗ろうと狙いをつけた。

f0194599_2146258.jpg


昨日よりは雪は少し締まっているので、うまくルートを見極めながら登るとワカンを履いていればひどく踏み抜くことはない。ただ、たまに踏み抜くとワカンが雪に埋まった栂の幼木にひっかかって鬱陶しい。

f0194599_21465550.jpg


6時過ぎに主尾根に乗った。ここは地図にも小ピークとして記されているので間違いないはずだ。積雪は1m弱だろうか。

f0194599_21472390.jpg


ここからコンパスを使って進路をほぼ真南にとりながら進む。地図にはない小さいピークを幾つか越えながら南下。2400mあたりから斜度も増し、栂の幼木に加えてシャクナゲが密生した藪が現れ、さらに積雪も増えて進み辛くなってくる。踏ん張りどころだ。積雪も優に1mを越える。

f0194599_21475763.jpg


f0194599_21512751.jpg


一度少し樹林の疎らな斜度がさらにきついところに出てそこを雪の中を泳ぐように這い登り、再度藪に突っ込んでそこを抜けると・・・・

f0194599_2151432.jpg


f0194599_21534688.jpg


7:45 国師ヶ岳頂上。

f0194599_21523567.jpg


唐突だけど、今回の岩屋林道歩きは、会ったことはないけど、2年前にこの国師北面の同じルートを同じ時期に歩かれそしていまは星になってしまったMOTO.Pさんのことを思いながら歩きましたよ。山の大先輩として、一度山でお会いしたかったです。

思ったよりも時間がかかった。行動食をとり、ここからは踏み跡を辿って甲武信のほうへ縦走路を進む。もう雪はうんざり。

f0194599_21532949.jpg


国師のタルを過ぎ、東梓の手前あたりでアクシデント発生。

f0194599_21541666.jpg


右のアルミワカンが真っ二つに。リベットが抜けたところは結束バンドで修理しておいたが、抜けかけていたリベットが幾つか完全に抜けて分離した模様。昨日ワカンを履いたまま強引に何度も沢を渡渉したのがよくなかったようだ。とりあえず手持ちの結束バンドで修理しようとしたが、バンドの幅がリベットの穴より若干幅広で入らないので、十徳ナイフのリーマーで穴を広げたりと結構手間取り、途中大弛峠方面からきた2組4人ほどに抜かれてしまう。修理完了して冷えた体に鞭うって再度歩き出すまでに30分以上かかってしまった。

せっかく直したワカンだが、両門の頭手前あたりで雪は一旦減ってくるので、アイゼンに履き替える。KAJITAXの10本爪、LXT-C10。途中ほとんど雪の溶けてしまった部分もあるが、面倒なのでつけたまま歩く。

f0194599_21544791.jpg


富士見あたりから再び増えてきた雪に難儀しつつ、

15:20 甲武信ヶ岳

f0194599_21551665.jpg


雨こそ上がったけど霞がかかって展望も金峰がやっと見える程度。急いで小屋に向かう。

15:30 甲武信小屋。残雪期とはいえ、かなり時間がかかった。いつもの顔ぶれ、徳さん、爪ちゃん、ワッキー。混み始めたテン場にテントを張り、好意に甘えて薪ストーブの前で冷えた体を温めながら徳さんの話を聞き、美味しい肴と酒をご馳走になり、新しい人たちと知り合い、たっぷり飲んだけどそれでも飲み足りなくて、甲武信小屋極北のさむ~い立ち飲みバーでまた遅くまで・・・・

そう、いつだって同じだ。

How Come / RONNIE LANE

[PR]
by mobydick67 | 2012-05-10 22:02 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(2)
Commented by hachi at 2012-05-13 21:55 x
昔の道は岩屋の前を流れる沢を行く道と、岩屋の前を通らない梓川本流を行く道があったと思います。今思えば30年前に私が歩いたときは岩屋の前を通らなかった様な気がします。

写真を拝見すると、岩屋の前を通りなるべく早く国師から北へ延びる尾根に乗る方が籔が深くなく良さそうですね。そのうちその尾根を歩きたいと思いますが、雪で隠された下は意外と大変かも知れませんね。
Commented by mobydick67 at 2012-05-19 10:44
古い地形図では本流沿いに進んで、トラバースしながら尾根に乗るような線が描かれてますが、
どちらかというと岩小屋前を通ったほうが現状では藪は薄いような気がします。

雪がなかれば薄い踏み跡が見つかるもしれませんね。
<< 奥秩父 山、谷、峠そして人・・... 奥秩父 山、谷、峠そして人・・... >>