35.903369,138.788127

久しぶりに山を歩いてきた。


2011年11月30日

奥秩父。いつもの場所。

f0194599_20494042.jpg


f0194599_2050755.jpg


いつもの人と、いつものようにたっぷり呑んだ。7ヶ月間、お疲れさま。




2011年12月1日

閉めた小屋を後に二人で小雨に煙る縦走路を東へ。

f0194599_20521754.jpg


f0194599_20524059.jpg



前から一度歩いてみたいと思っていた尾根、孫四郎尾根。

f0194599_20531559.jpg


斜度はない。藪もたいしたことはない。倒木はあるが、うんざりするほどではない。ただ、地図とコンパスを頼りに暗い針葉樹林の緩い尾根を外さないように歩く。

f0194599_20542521.jpg



35.903369,138.788127 H:2113m

f0194599_20545171.jpg


f0194599_20551334.jpg


一度は泊ってみたかった場所。予想以上に広い。まだ昼をまわったばかりだけど、雨は雪にかわりつつあるし、やはりここでテントを張ることにした。

f0194599_20554739.jpg


f0194599_20565962.jpg


f0194599_20571458.jpg



思ったほど気温は下がらず、湿った雪であまり積もらない。早くから飲み始めたので、宵の口には酒がなくなってしまった。



2011年12月2日

暗いうちに起きて、湯を沸かし、茶を淹れて、カッペリーニのスープスパで朝食。食後にコーヒと一服。小雪のなかテントを畳み、荷造りが終わった頃には少し空が明るくなってきた。

f0194599_20574592.jpg


広い台地の終わりからまた尾根を下り始めるが、針葉樹の幼木にシャクナゲが混じりはじめて少しづつ藪が濃くなり、斜度も増し、歩き難くなってくる。

f0194599_20583310.jpg


下ってきた尾根を振り返る。

f0194599_20584920.jpg


地図によると尾根の右、東側は土崖、左の西側は岩崖なので、なるべく尾根を外さないように藪を泳ぐように進む。尾根を忠実に辿って小ピークを2つほど越え、3つめを超えようとしたが、あまりに藪が濃くて尾根を辿るのを断念。右側に巻くと右手下方に登山道が見えた。ここで尾根から離れて登山道に出るとすぐ先に地蔵岩展望台への道標。ここからは薄っすらと雪が積もった登山道を緩やかに下る。

f0194599_20591142.jpg



川又のバス停まで出たが、次のバスまでかなり時間があって、寒くてとても待っていられそうにないのでそのまま秩父湖まで歩くことに。が、バスの経路が変わったことを確認していなかったため、さらに大滝温泉まで歩くことに。車道歩きにうんざりしてきた頃、やっとたどりついた温泉に逃げこむように立ち寄って体を温めた。氷雨のなかを凍えながら歩いているときにはビールのことなど念頭になかったのに、風呂からあがるとやはりとりあえず生ビール。そして熱燗。湯と酒で体をほぐしてから、宵祭りの秩父へと向かう。
[PR]
by mobydick67 | 2011-12-05 21:15 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(2)
Commented by ヤマレコ KURIRIN at 2012-09-22 22:40 x
こんばんは!雁坂嶺~孫四郎峠のレポ、酒に酔った勢いで勝手ながらヤマレコにリンクしてしまいましたスミマセン、御了承いただければ幸いであります、不都合ありましたら即時削除いたします。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-191381.html



Commented by mobydick67 at 2012-09-23 07:59
おはようごさいます!
リンクありがとうございます。

骨折から復活されたようでなによりです。9月の山行のレポ、楽しみにしてます。
<< 秩父夜祭に酔う 祭の夜が明けて >>