畦地梅太郎と奥秩父

畦地梅太郎は奥秩父、そして山について次のように書いている。


山に考える

 わたしは、山へはいるまでは、まったく、おっくうな気持ちなんだが、いざ山へはいってしまうと、やっぱりきてよかったなと、いつまでも思うのだが、このごろのように、山がひとつの流行になってしまって、街でも、会社の机の周囲でも、どこそこの山へ行ったと、話しあうことが、お互いの自慢のようになってみると、わたしはつとめて、山へいくことをさける気持ちになってしまう。
 乗り物でも、山小屋でも、山を歩いてさえも、知ったかぶって、そして変に気取った人達が多い。それでなければ、おれは山を歩いて、自分をより人間的なものにたかめたんだと、いわんばかりに、おさまりかえっている人にも逢う。いやなものだ。

・・・・・・・・・・・・・

 わたしは、山は三〇〇〇メートルの雪線上もいいし低山もいいしどこでもいいのだが、たった一人で歩く原始林のなかなど、ことにすきである。
 もしろん、別の山にもいくらでもあることだろうが、秩父の原始林を一人であるくのはことにいいと思っている。

・・・・・・・・・・・・・

 秩父の山も、森林ばかりの山とはかぎらない。森林のない稜線を歩く場合もあるが、しかし、広大な森林帯の地勢の山だから、すぐ近くに、森林があるし、全体大森林におおわれた和名倉山が、いつでも目の前にあって、わたしの気持ちをよろこばしてくれる。
 こんなえらそうなことを書いても、秩父の山をそんなに知っているというのではない。ほとんどのところを知らないといった方が、たしかなことかもしれん。
 秩父の森林といえば、なんといっても十文字峠あたりだそうである。峠の平地がものすごい森林だ。森林といっても自然の生存競争とでもいおうか、ほとんどの雑木は姿を消してしまっている。日のめを見せぬ地表の下草はシダの類が多く、まったっくすがすがしいものがある。

f0194599_1938646.jpg


 秩父の山は、ものすごい森林のなかを歩くのに、少々飲み水に不自由するのじゃなかろうか。十文字峠越にしても、見下す深い森林の溪谷から、とうとうと水の流れる音をききながら、水にかつえて歩くなどなさけなくなるとういうものだ。これだけが欠点かもしれん。
 こんなに登山が盛んになったこんな日でも、秩父の山を歩く人は、大体に地味な人が多いようだ。山の人気は北アルプスや、谷川岳が、いまもなお独占している形だ。
 登山というものには、岩もあれば、雪もある。氷もある。もちろん森林もある。どれをやっても登山なんだ。そこに技術の差はあっても、山男の山に向かう精神の差があってはなるまいと思う。
 山男というものは、論理一点張りで山に向かうことだけでなく、いますこし、山に住む、動物的な、原始の感情と、感覚で、山に向かうということも考えてみたいものだ。



畦地梅太郎 山の出べそより



読むたびに身が引き締まる思いがする。初心に戻って、このような謙虚な気持ちで山を歩きたい。




でも、難しいなあ。
[PR]
by mobydick67 | 2011-05-09 19:39 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(2)
Commented by 川上0号 at 2011-05-10 13:03 x
mobyさん、毎度お世話になります。
>山男の山に向かう精神の差があってはなるまいと思う。
とても難しいことですね。
山を、「歩かせてもらっている。」考えはありますが、
>山に向かう感覚、
うーん。小屋で酒盛の事しか考えていないし。
反省します。
Commented by mobydick67 at 2011-05-10 22:10
0号様
 
そうですね、俺も歩いてるときは早くテント張って一杯やりたいなあと思ってます。

でも、畦地梅太郎も別に難しことばかり考えていたわけではなく、山で酒も楽しんだようですよ。
<< BAROCCO いびつな美しさ 十文字峠のはなし >>