早春の奥秩父主脈縦走 その3



2011年4月1日

5:00 起床。まずは湯を沸かす。ついでに靴や予備のガス缶も温める。マルタイの棒ラーメン。練乳入インスタントコーヒー。体が温まったら撤収、出発の準備。

f0194599_22313597.jpg


6:30 出発。また今日もいきなりたっぷりの雪。水師への単調な登り。

f0194599_22321068.jpg


f0194599_22324114.jpg


7:20 水師。ここからも登りが続く。

f0194599_22325770.jpg


7:50 千曲川源流方面との分岐。このあたりからさらに雪が深くなる。

f0194599_22331544.jpg


f0194599_22333396.jpg


あともう一息だ。

f0194599_22341021.jpg


8:30 甲武信ヶ岳頂上。無人。快晴。

これまで歩いてきた奥秩父主脈。金峰と国師の間には南アルプス。

f0194599_2235041.jpg


天竺尾根の向こうに八ヶ岳。

f0194599_22352348.jpg


そのさらに向こうには北アルプス。

f0194599_22355913.jpg


富士山。

f0194599_22363283.jpg


ここから先はよく歩かれていてはっきりトレースがある。


9:00 甲武信小屋。雪の重み、地震の揺れにも耐えてしっかりと建っていた。

f0194599_22372488.jpg


f0194599_22374625.jpg


f0194599_2238634.jpg



あとは麓を目指して下山。木賊山、戸渡り尾根、徳ちゃん新道経由で。

f0194599_22383764.jpg


f0194599_2239883.jpg


f0194599_22392961.jpg



13:00 西沢山荘前着。無事下山。

f0194599_2240257.jpg



麓はもうすっかり春だ。山を歩けるのはありがたいことだと身にしみた。
[PR]
by mobydick67 | 2011-04-06 22:46 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(2)
Commented by 川上0号 at 2011-04-08 08:24 x
mobyさんお早うございます。雪の縦走、甲武信小屋の偵察とお疲れ様でした。
親子で山歩きうらやましい!先日のお約束、今シーズン中ぜひお世話になりたいです。(その時は酒を背負えばいいのですよね)
好きな言葉に「月並みこそ黄金」というのがあり
>山を歩けるのはありがたいことだと身にしみた。
そのとおりで、早く復帰したいです。
※自分もねばねば3兄弟の一員でよいのでしょうか?
Commented by mobydick67 at 2011-04-08 18:18
ゼロ号様

本来は偵察任務があったのですが、
震災で怯んでいるうちにガイドの山田さんに先を越され
ただの山歩きになってしまいました。

背負うのは煩悩だけでOKですよ・・・

「月並みこそ黄金」、慎ましいいい言葉ですね。
ついつい奇をてらってしまいがいちな自分への自戒の言葉として
覚えておきます。

ネバネバの次男はたしかH野さんだったと思うのですが、
もちろん0号様もゼロ男として一員ですよ。

うーん、ゼロって便利ですね!!
<< 楽園、黙示録、奇跡 早春の奥秩父主脈縦走 その2 >>