金峰山 南面甲州側登山道

表参道

金峰頂上から御室小屋を経て、林道経由で牧丘柳平へ。歩く人は少ない。林道歩きが長いため車かタクシーを使わないと難しい。南面なのに陰気な印象があるのはなぜ?



八幡尾根

金峰頂上西より南西方向に伸びる尾根。登山道でさえないが北杜市と甲府市の境界尾根で、札や杭、踏み跡程度はあるらしいが、藪漕ぎ必至。チョキより先は枝尾根がたくさん派生していて主尾根筋が不明瞭なのが気になる。あまり歩かれていないようだがググれば結構山行記を見つけることもできる。これもずっと林道にぶつかるまで降りてしまうと昇仙峡方面に向かわないとバスがない。途中チョキかその手前で西側の尾根を下り、リューゼンヒュッテ近辺に降りれば、林道少し歩いて増富温泉にでることができるか??


もう奥秩父稜線は冠雪しているらしい。

Combat Rock ☆THE CLASH

[PR]
by mobydick67 | 2010-11-18 17:31 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(2)
Commented by づめ at 2010-11-18 18:07 x
悩むね。

俺、お客様の忘れた地図しかないので、時を忘れて睨んでいると想像だけ膨らんでます。
その想像はいつも当てにはなりません。

良くも悪くも。



八幡尾根、冬に歩いてみたいね。
誰もいないだろうなあ。
Commented by mobydick67 at 2010-11-19 00:16
小屋に忘れものの地図しかないというのは・・・
聞かなかったことにしておきます。

歩いたことがある場所でも、ない場所でも、地図を見ていると心ときめくよね。

誰もいない、トレースのない雪道をまた歩きたいね。
<< お礼 国師ヶ岳 南面甲州側登山道 >>