真の沢を遡る その2



2010年6月16日 

f0194599_17194716.jpg


5:30 起床。雨がざあざあ降っている。夜通し止まなかった。タープは家で真ん中の縫い目だけ目止めしておいたのが良かったのか雨が漏ることもなく好調。天気予報では午前中は大雨。みんなでマルタイ棒ラーメン屋台とんこつ味で朝食。沢登りの装備を整え、雨具を着て撤収。

7:40 出発。隊長ズメリンを先頭に進む。
沢は昨夜よりかなり増水して濁っている。

f0194599_1721199.jpg


f0194599_17215621.jpg


20分ほど歩くと雨はあがった。このあとは時々パラパラ降ることもあったが、空に時折晴れ間がのぞいたりして、沢登り日和。すべてが美しい。

f0194599_17224415.jpg



倒木が道を塞いでいるのは少し上を走る真の沢林道と同じ。這いつくばったり、乗っかったり跨いだりして進む。

f0194599_17232778.jpg


f0194599_1724421.jpg


f0194599_17243741.jpg



滝は高巻きした。ほとんどの巻き道は右岸についている。一箇所だけヅメリンに上からロープで確保してもらって左岸を高巻いた。

f0194599_172539.jpg




f0194599_17261519.jpg




f0194599_17281361.jpg



遡るにつれ水量が少なくなってくる。尾根歩きなら頂上はまだか、まだかという感じだが、沢を歩いていると、遡行の終わりが近づいているのが残念に思えてくるから不思議だ。足はふらふらだけど、もうちょっと歩いていたい、終わって欲しくない感じ・・・・新鮮。

f0194599_17285144.jpg


f0194599_17291483.jpg


このあたりからカメラのレンズが結露してきた・・・

f0194599_1729379.jpg


13:20 荒川水源の碑 着

f0194599_17301253.jpg


ここから小屋まではあと一息。

13:40 甲武信小屋着
徳さんにビールご馳走になった。約束のイワナは献上できなかった。


一休みしたあとテント場にタープを張った。当初、遠藤、海野両氏もデポしておいた(?)テントでここに泊まる予定だったが、意外に早く着いたし、展示の準備も大詰めで忙しいのでこのまま下山するという。元気だな・・・。

f0194599_17305599.jpg


ヅメリンはさっそく小屋仕事。この日は小屋泊まりのお客さんが7人ほど。俺とイジルは明るいうちからまただらだら飲んで・・・小屋仕事の終わったヅメリンも交えてまた遅くまで・・・
[PR]
by mobydick67 | 2010-06-22 17:37 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(8)
Commented by 川上 at 2010-06-22 19:52 x
こんばんは!相変わらず緊張感と楽しさの有るレポートですね!!
なんだか無性に歩きたくなってきた。今週、来週と山歩き出来ないので、少し凹んでます。
Commented by at 2010-06-22 21:37 x
真の沢 美しくてステキなんですね。
一番上の写真 一瞬 野菜と果物(キャベツといちごとブロッコリー)に見えて おいしそう~って思ってしまいました。

いつか歩いてみたいです♪
Commented by よっちゃん at 2010-06-22 22:06 x
いや、真の沢に洞窟があるとは知らなかった・・・
やっぱ、きれいです。
Commented by mobydick67 at 2010-06-22 22:23
川上さん、とても楽しかったですよ。今度はみんなで行って滝上で宴会しましょう。
Commented by mobydick67 at 2010-06-22 22:25
晴さん、なんかすごいペースで甲武信詣でしてますね。

俺はとても人を案内する力量ないので、ズメリンにおねだりして案内してもらってください。

Commented by mobydick67 at 2010-06-22 22:26
よっちゃん、こんばんは。
洞窟??酔っ払ってる?
足の具合はどうですか。

真の沢林道もいいけど沢も美しくてとても写真や言葉では言い表せません。

いつか是非みんなで歩きましょう。

Commented by よっちゃん at 2010-06-23 07:33 x
酔ってたけど、パッパラパーにはなってなかったよ。
動画にあった。写真、とてもきれいに撮れてて、見てる
だけで行きたくなる。
皆が羨ましい・・・羨めしやー
Commented by mobydick67 at 2010-06-23 22:21
よっちゃん、洞穴のように見えたかもしれませんがただの窪みです。怨めしや~ってこわいなあ、もう・・・。その窪みから出てきそう・・・
<< 真の沢を遡る その3 真の沢を遡る >>