真の沢を遡る


甲武信小屋小屋番ヅメリンから、人に頼まれて真の沢を案内するので、良かったら一緒にどうかと声をかけてもらったので、お言葉に甘えて便乗させてもらうことに。

案内を頼んだのは未来美術家遠藤一郎という人で、墨田川をネタに面白いプロジェクトを企画中で、そのプロジェクトに参加している画家海野貴彦さんも同行。このお二人に私とイジルが便乗して、隊長ヅメリンと5人でパーティーを組んだ。


2010年6月15日

4:30 起床。
 
駅ではなぜか北斎が。溺れて海まで流されないようしないと・・・

f0194599_0483113.jpg



京王線車中でイジルと待ち合わせて、通勤客で混み合う電車を乗り継ぎ池袋へ。当初は急行を乗り次いで西武秩父までいく予定だったが、面倒になりレッドアロー1号で。

7:50 西武秩父着。天気予報ではあまりよくないはずの空模様がなぜか晴れ。待ち合わせの時間に少し遅れて遠藤さんと海野さんの乗ったド派手な車がきました。これに乗せてもらって一路登山口へ。

f0194599_049195.jpg


入川管理釣り場の駐車場に車を止め、身支度を整え、歩き始める。10:00。

f0194599_0492791.jpg



11:00 赤沢の出合い。トレランのひとが一人走ってきてここで折り返していった。ここから山道。

f0194599_0532484.jpg


f0194599_053573.jpg


f0194599_0545878.jpg


f0194599_0552397.jpg



13:30 柳小屋着。ヅメリンとはここで13:00待ち合わせと決めておいたが、まだ着いていない。おかしいなあ、何かあったかなと心配していると、13:45ヅメリン登場。前日の雨で沢の水量が多く思ったよりも時間がかかったとのこと。本来ならここから入渓する予定だったが、あまり状態がよくないので今日は真の沢林道経由で先へ進むことに。14:00出発。

f0194599_0555071.jpg



せっかくなので沢靴に履き替え途中林道から降りて千丈の滝下まで行ってみた。二段の立派な滝。

f0194599_0561252.jpg





16:15 千丈の滝上。ここからは今日の幕営地を探しながら沢伝いに進む。150mくらい進んだ所で良い場所があったので手分けして幕営準備。

f0194599_0564483.jpg


f0194599_05789.jpg



今日の屋根はMOSS VISTA WING。重いけどタープこれしか持ってないのでこれで4人寝て、イジルはツエルトで。ヅメリンの持参したツエルトをタープ状にして焚き火の屋根に。と準備を進めていると途中から雨がポツリポツリ。

f0194599_0572839.jpg



夕食はヅメリン特製カレー。つまみはハム、豚軟骨、アボガド、チーズ、スルメ等々。酒は焼酎、ウイスキー。

f0194599_057576.jpg




奥秩父の林の中、雨音、沢音を聞きながらタープの下に身を寄せて焚き火と酒、長い夜・・・・

 
[PR]
by mobydick67 | 2010-06-19 01:01 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(0)
<< 真の沢を遡る その2 家が遠い >>