ゴールデンウイークは・・・


毎年GWは息子と奥秩父縦走が恒例。昨年は瑞垣山荘から金峰、国師、甲武信、雁坂、将監峠、飛竜、丹波天平を経て丹波までを3泊4日で歩いた。今年は、その時知り合ったイジルさんも一緒に三人で歩く予定。

コースは・・・

f0194599_17501523.jpg



登路はこの信州梓山と国師ヶ岳頂上を結ぶ岩屋林道ルートを検討中。現行の国土地理院1/25000地形図でもまだ消されてはいないが、大弛峠経由の林道が通じている今は歩く者はほとんどいない。荒れているはずだ。藪こぎも予想される。北面だから雪も結構あるだろう。ただすぐ東を並行して国師ヶ岳と甲武信ヶ岳を結ぶ縦走路が走っているので、いざとなったらそちらにエスケープできそう。甘いだろうか。天候に恵まれれば歩けそうだ。


ググっても資料は少ない。先日まとめて購入した奥秩父を特集した雑誌、本のなかでもこのルートに触れているのはこれだけ。


「奥秩父の山と谷 ―登山地図帳― 」 昭和33年 山と渓谷社発行

f0194599_17503723.jpg



50年前のガイドブック。現行のアルペンガイドシリーズにあたるもののようだが、書名に「谷」とあるように沢ルートもたくさん紹介されている。また現在では廃道となっている真の沢林道や孫四郎尾根ルートにも触れられていてなかなか役にたつ。手書きの図版も多く、ただ地形図上にルートを引いただけのものより直感的に頭に入りやすい。

f0194599_1751697.jpg




これとカシミールと山と高原地図を参考に、下山ルートを検討中。机上で計画練るだけでも楽しい。
[PR]
by mobydick67 | 2010-04-24 17:56 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(0)
<< 実家 春雪の十文字峠越えから甲武信ヶ... >>