春雪の十文字峠越えから甲武信ヶ岳へ

2010年4月17日

5:00 起床。窓の外を見ると、薄っすらと雪が積もり、みぞれが降っている。急遽、装備にアルミワカンを加える。電車を乗り継ぎ、8:50西武秩父駅着。空が晴れてきた。いつもはあまりさえない山容の武甲山も雪化粧でまるでアイガーのよう。今回は昨年7月に歩いたルートを季節を変えて逆に栃本~十文字峠~甲武信ヶ岳~西沢渓谷と2泊3日で辿る計画。

f0194599_0204072.jpg



いつもは混み合う秩父湖経由三峰神社行の西武観光バスも昨夜からの悪天候のせいか乗客は僅か5、6人。ひとり秩父湖で降りて、待っている川又行の秩父鉄道バスに乗ろうとしたが運転手がおらず、ドアも閉まったまま。困っていると道の向こうの売店のほうから運転手がやってきて、上中尾あたりで倒木が道を塞ぎ朝から運休中だという。もしかしたら復旧するかもと薄い期待を抱いて30分ほど待ったが埒が明きそうにないので歩くことに。

 10:30 秩父湖出発。隧道入り口の左にある細い路地のようなところを抜けると秩父湖ダムの左岸に出る。

f0194599_021573.jpg


そこから展望公園のほうに登っていくとバスの通る秩父往還に出る。少し進むと麻生の集落で、川又からここからまでは昨年冬に一度歩いたことがある。

雪に桜。見とれている暇はない。先を急ぐ。

f0194599_0212722.jpg




上中尾と光の村の間で巨木が倒れ電線を押さえ込み、その力で電柱がポッキリ折れていた。折れた倒木を潜って先に進む。

f0194599_0221031.jpg


f0194599_0222364.jpg




のどかな山里。

f0194599_023125.jpg


f0194599_0231841.jpg



秩父往還から望む和名倉山。大きい。

f0194599_024249.jpg




11:30 栃本関所跡着。バスで来るより1時間ほど遅れて到着。

冬景色に逆戻りした栃本集落。

f0194599_0244055.jpg




12:00 登山道入口着。パンで昼食。

f0194599_024598.jpg




雪の積もった杉林の中をトラバースして進み両面神社、東屋を通りすぎて、そろそろ北に向かって高度をあげてもう一つ上を走る林道に出るはずだが、いつまでたっても道は登りにならない。テープがあるのでそのまま進んできたがいくらなんでもおかしいので500mほど引き返したが、雪で登りに取り付く地点がよくわからないのでの強引にそこから杉林のなかを直登すると本来の登山道と林道との交差点の30mほど西よりの地点に出た。

f0194599_0253245.jpg


植林地では林業用のテープと登山道を示すテープが紛らわしい。もっとも趣味で山に登る登山者の分際で文句など言えない。ここからは杉林の中のつづら折りの道を登り尾根に詰める。いきなり雪がたっぷり。もちろんトレースはない。

f0194599_0261048.jpg


14:00 尾根に出る。積雪は30cm前後。踝から膝下の壺足。アイゼンをつけなくても歩けるが、湿った重い雪の中、膝を上げて歩くのでスピードが出ない。

f0194599_0264445.jpg



道は尾根の上、南面、北面につけられているがやはり北面は雪が深い。白泰山の北面を巻くあたりになると高度もそこそこ(1700m)あり膝上まで雪に埋まるようになったので、アルミワカンを装着。少しましだが、湿った雪がたくさんついてとても重い。

f0194599_027889.jpg


16:30 白泰山避難小屋(二里観音)着。雪が着いて歩きにくいのでワカンを外す。のぞきからは奥秩父武州側の谷が一望できた。日が長いのでもう少し先に進むことに。

f0194599_0273225.jpg



17:00 を過ぎた頃からテントを張るのに適した場所を探しながら進み、17:20 ちょうど良さそうな鞍部を見つけここを今晩の仮宿と決める。整地してテントを張る。

Big Agnes Copper Spur UL1

f0194599_0284432.jpg


テント内を整理して落ち着いたらひとりワインをちびちびと。肴はミミガー、チーズ、メザシ。焼酎。夕食はアルファ米白米にレトルトのうなぎを湯煎したものをのせたうな丼。

f0194599_029626.jpg



風もなく静かな夜。疲れたし、明日はさらに長い一日になりそうなので早めに寝た。
[PR]
by mobydick67 | 2010-04-21 00:38 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(8)
Commented by yabukogi at 2010-04-21 14:29
血まるぷですこんにちは。
いまだにプラティパスにワインを詰める勇気がありません。
だから度数の高いウイスキーを持って行くのだ、
という根拠にはなりませんが。
奥秩父早春賦、続きが楽しみであります。
Commented by 川上 at 2010-04-21 18:15 x
いや、二瀬ダムから登山口まで1時間30分とは、すごいですな。
今更ながらmobydickさんの脚力に驚かされました。山行における
お酒の運び方、参考(ダジャレか)になります。紙パックか瓶のまま
背負っていたもので。これからのパッキング、考えてみます。
Commented by mobydick67 at 2010-04-22 06:53
血まるぷさんはやはりウィスキーですか。私はそっちまでいくとバッカスに飲み込まれてしまうので自制してます。でも重いので水で薄めるアルコール50%くらいのワイン原液とかあればいいなあと思います。
Commented by mobydick67 at 2010-04-22 06:57
川上さん、こんちは。紙パックは私もそのまま担ぎ上げますけど、瓶のままですか!川上さんなら中身飲んだあと瓶までバリバリ喰っちゃいそうですが・・・。
Commented by 酔っ払いよっちゃn at 2010-04-22 10:45 x
うちらは、縦走時はいつもスピリタスです。
ところで、和名倉は登ったことありますか。
一度行ってみたいのですが、できればピストンでなく
秩父の方へ抜けるルートで。でも地図上だと点線なんですよね。
Commented by mobydick67 at 2010-04-23 00:58
よっちゃん、スピリタスって飲み物じゃないよ・・・あれは燃料です・・・。
和名倉未踏です。アプローチ悪いので縦走の帰路にやはり秩父湖のほうに抜けたいですね。
Commented by づめぽん at 2010-04-23 07:37 x
先日はお疲れ様でした。そしてありがとう。

ワインにつまみ、そして小屋の仕事と大変助かりました。

シーズンで小屋番交代ごっこするぅ?
Commented by mobydick67 at 2010-04-23 09:05
づめぽん、こちらこそお世話になりました。

わたくしはそういうプレイは遠慮しておきます。お客様で結構ですよ。テントですけど・・・。

昨夜、悪役商会の方と綿密な打ち合わせをして、GWの予定もほぼ決まったので、また追ってご連絡いたします。
<< 春雪の十文字峠越えから甲武信ヶ... 秩父駅 >>