古い雑誌 ~ 岳人 昭和31年(1956年)4月号


奥秩父関係の古い本や雑誌、地図を幾つか入手したので少しずつ紹介していこうと思う。


岳人 昭和31年(1956年)4月号 秩父特集

f0194599_2183510.jpg


図を幾つか無断転載させてもらう。

奥多摩概念図
f0194599_2191769.jpg


奥秩父概念図
f0194599_2110072.jpg



気になるところがいくつか。

f0194599_21102449.jpg


例の孫四郎尾根道は途中分岐して柳小屋に通じていて、その尾根を乗り越すところが孫四郎峠。この柳小屋~孫四郎峠の間には荒川小屋という小屋があったことがあるらしいが、それがいつ頃のことかはわからない。

国師ヶ岳から梓山方面へ抜ける道がある。国土地理院の現在の1/25000地形図にも残っているが、どうやら廃道化しているらしい。




余談だが、こういう古い雑誌は広告も面白い・・・

f0194599_21105385.jpg


これは今のMinamiスポーツかな・・・
[PR]
by mobydick67 | 2010-03-19 21:20 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(3)
Commented by 酔っ払いよっちゃん at 2010-04-14 10:23 x
突然ですが、例の孫四郎尾根は分岐して、一方は柳小屋方面に続いていますが、もう一方はどこに抜けるのかわかりますか?
Commented by mobydick67 at 2010-04-15 09:03
よっちゃん、それは実際にあるいたよっちゃんに聞きたいのですが・・・上の概念図は里の位置関係が適当に書かれているのであまりアテにできないので、あくまで推測ですが・・・孫四郎峠は尾根上の地蔵岩のちょっと上標高2000mあたりで、そこから旧荒川小屋を経て柳小屋に行く道が昔はあり、孫四郎峠より下は尾根の東側を巻く現在の樺避難小屋、雁道場を経て川又にいたる道と同じだったのかな?孫四郎峠より上は、雁坂嶺へ尾根伝いに行く道(よっちゃんが去年GWに歩いた藪?)と、東斜面をトラバースして雁坂小屋、峠へ抜ける現在の道があるのかな?ついでに言うと黒岩尾根の旧国道は一時廃れていて、再整備されたのは20年前くらい。だから引用した概念図にはありません。

徳さんとか山田さんとか昔のことを知っているひとに聞いてみたいですね・・・

今週末、また奥秩父に入山しようかと思ってますけど・・・何か天気イマイチでんがな・・・



Commented by mobydick67 at 2010-04-15 09:13
追記:昔読んだ本でよく覚えてないんですが、雁峠小屋を管理されてた方が書かれた本(書名忘れました・・・)と山渓からでてる「奥秩父、両神の谷」という沢の遡行ルートを紹介した本にこの川又と奥秩父縦走ルートを結ぶ道(沢)のことがいくつか書いてあったような記憶が・・・確か山田さんの岳人連載にも何度か触れられていたような・・・すいません、記憶があいまいです。手元に他にも資料(古い雑誌など)があるのでまた調べてみます。また今年は是非実際に歩いてみます。その時はよっちゃん、ガイドよろしく!
<< 山の歌 ~Marvin Gay... ♪♪ 山の歌 ♪♪ ???? >>