冬の奥秩父縦走 ~その3~「恵比寿様が笹平にやってくる!」

2010年1月28日(木)

3:30 起床。朝食はコンソメスープスパbyヅメ。テントの中は生暖かく外に出ると曇天。今日は予報では午後から天気が崩れるらしい。

5:30 アイゼンだけで出発。実は幕営地はもうかなり東梓に近いところだと思っていたのですぐに着くと思っていたが、実際には全然進んでなかったようで東梓についたのは7:30。この国師~甲武信間はいつ歩いても遠い感じ。ま、それが大好きなんだけど。雪もすでに降り始めている。少ないと思っていた雪も東に進むにつれまた深くなってきたので、アルミワカンを着けた。今日はベルトを調整してアイゼンワカンに。

f0194599_057785.jpg


8:30 両門の頭。晴れてれば見晴らしのよい気持ちいい場所だが・・・

f0194599_0504470.jpg


9:00 富士見。ここまで来ると雪がけっこう深い。といっても50cm前後かな。難渋すると思って気合いを入れてきたが、ちょっと肩透かし。雪で白く染まりはじめた美しい林のなかを進む。

f0194599_051823.jpg



10:00 ミズシ。

f0194599_0512971.jpg



千曲川源流方面への分岐を経て甲武信への登りにとりつく。頂上直下のザレ場に出てあと10mほど登れば頂上というところで、右足ワカンの靴を載せるリングテープが切れる!あともう少しなのでそのまま登ろうかと思ったが、ぶらぶらして躓きそうであぶないので腰をおろして右だけワカンを外して手に持って上がる。何もこんなところで切れなくてもいいのに・・・。ちょっとまだワカンに慣れてないな。ときどき引っ掛けるし・・・。

10:40 甲武信ヶ岳頂上。なーんにも見えません。

f0194599_051542.jpg


11:00 甲武信小屋着。

f0194599_0573877.jpg



年末になんちゃってボッカにきたときとあまり雪の量が変わらない。今日の目的地は笹平避難小屋で時間に余裕があるので、水場まで降りて美味しい水を汲むことに。けっこう急で谷筋のため雪も多く降りるだけでも苦労する。水場周辺は下ががちがちに凍っていて危ないが、小屋番ヅメのリードでなんとか到着。夜に備えて水をたっぷり汲みまた小屋まで登りかえす。パトロール隊を自称しながら別に小屋の中に入ってみるわけでもない。というか・・・入りたくないんですかね、相棒は。

バンドのきれたワカンは細引きで修理できそうだが、もうここからはたいして距離がないので左足だけワカンをつけ、右足はアイゼンだけで笹平まで進むことに。意図せずワカンの効果を実験することになった・・・でまあどんな感じかというと、例えばアイゼンだけの右足だと膝まで埋まるところがワカンをつけた左足だと脹脛程度。アイゼンだと20cm埋まるところがワカンでは10cmくらいとまあ埋まるのが半分くらいで済む感じでした。我が身を呈して実験したデータです・・・

そんなこんなで、とりあえヅメに前を歩いてもらい、木賊山を巻いて進みます。木に雪がついてこの山行で初めて雪山らしい雰囲気になってきた。

f0194599_0582235.jpg


f0194599_0585428.jpg



途中、恵比寿様ことイジルさんに励ましのメッセージ(いや、ただの落書き・・・)を雪の上に刻みながら進みます。

f0194599_154456.jpg





14:00 笹平(破風)避難小屋着。昨年1月にもここを通りました。

昨年。

f0194599_121072.jpg




今年。

f0194599_122971.jpg



昨年秋に改装され屋根と外壁が新しくなり、中も以前は土間の方が広かったけど、板張りの床が広くなりました。以前ほどではないにしてもやはり雪が吹き込んで床が真っ白なので、備品のほうきで掃き落とします。ひさびさに広いところで荷を広げ、体を伸ばすことができる。

湯を沸かして茶を飲んだり、細引きでワカンの応急修理をしたりしていると、雪が止み、空が少し明るくなってきた。

f0194599_134632.jpg


f0194599_14522.jpg


そして15:30、とうとう恵比寿様がやってきた!美味しいものがたくさん詰まった袋(じゃなくてザックです)をしょってイジルさんが遥々来てくれました。夢で見た樽酒こそありませんでしたが(当たり前・・・)が美味しい芋焼酎や、おでん、キャベツなどを西沢渓谷から担ぎあげてくれました。感謝。で、さっそく明るいうちから宴会。主食は私の用意した焼きビーフン。

f0194599_16232.jpg


久しぶりの生野菜、豊富な酒。いい気になって飲んでいるいるうちにせっかく持ってきてもらったお酒も20:00くらいには底をつき、目つきが悪くなってきた二人が「酒まだ隠し持ってるだろ!!」と詰め寄っても、はじめはもう一滴もないと言っていた恵比寿様、じゃなくてイジルさんだが、しつこく食い下がる二人にあきれて、「明日別れるときに餞別がわりに渡そうと思ってたんだけど・・・」といってザックの奥から出したウィスキーを奪い取って、「やっぱりあるじゃないか、イジルさんってもしかして恵比寿様じゃなくてドラえもん?」とかおだてながら(?)、宴会再開。少しすると疲れたのか、呆れたのかイジルさんは先に寝袋に入って寝始めたが、それでもまだ寝ないで飲んで騒ぎ続け、寝袋のイジルさんに話しかけるバカふたり・・・学習能力ゼロ!操行ゼロ!



酔っ払って外にでるとオリオンの三つ星が見えた・・・

f0194599_164128.jpg



イジルさんは恵比寿様、で・・・二人は午前様でした・・・
[PR]
by mobydick67 | 2010-02-06 01:11 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(2)
Commented by kawakami at 2010-02-08 12:14 x
mobydickさんこんにちは。土・日は大変お世話になりました。いよいよ縦走記も後半ですね!膝お化けといいその他の裏話、面白くて涙がでてしまいました。まだ裏話ありそうですね。今後もよろしくです!!
Commented by mobydick67 at 2010-02-09 01:36
kawalkamiさん、週末、楽しかったです。もう先日の山行のこと忘れそうです・・・

またご一緒しましょう!「
<< 冬の奥秩父縦走 ~その4~「今... 冬の奥秩父縦走 ~その2~「酒... >>