冬の奥秩父縦走 ~その2~「酒飲みに来たんじゃないんだよ!!?」


2010年1月27日(水)

5:30 携帯の目覚ましで起床。高度があまり高くないせいもあるが、あまり寒くない。まずお茶を沸かして目を覚まし、アルファ米五目ご飯と味噌汁、コーヒーで朝食。身支度整えテント撤収。

7:00 アイゼンつけて出発。樹林帯の枝尾根を主脈のほうに向って登る。積雪は30cmほどか。トレース、踏み跡はしっかりついている。昨日日帰り下山中の登山者2名にもあったし、金峰には冬でもけっこう人が入っている。

8:00 砂払いの頭。
ここで樹林帯を抜け、稜線にでる。快晴。風も思ったほど強くない。八ヶ岳はもちろん、南北アルプス、浅間山、その他色々(いい加減・・・)、あ、それともちろん富士山も。でも、もうこの景色を前にすると言葉や山の名前は必要ない、と柄にもないことを言いたくなるくらい素晴らしい・・・

f0194599_23483328.jpg


f0194599_2348542.jpg


f0194599_23491241.jpg


f0194599_23493297.jpg


f0194599_23565489.jpg



9:00 金峰山 山頂

頂上の東側、賽の河原はお気に入りの場所。頂上からこちら側はトレースもない!!!

f0194599_23495576.jpg


f0194599_23501880.jpg




鉄山のほうへ向かう広い尾根に入ると、急に雪が増え股下まで雪に潜るので、アルミワカンを着ける。家でアイゼンワカンができるようにベルトを調整しておいたつもりだったがうまくいかないので、アイゼンをとってワカンだけ着けた。

f0194599_23503814.jpg



鉄山を巻き、朝日岳を超え、国師ヶ岳を望みながら大弛峠へむかう。

f0194599_2351240.jpg



13:00 大弛峠着。小屋は広いスペースが開放されていた。水場の水(流水)もちゃんと流れていた。

f0194599_23512541.jpg


f0194599_23514311.jpg



行動食で軽く昼食をとって休み、国師岳へと向かう。雪が深く、木道、階段にも70cm程度積もっている。

f0194599_23523419.jpg



前国師からは甲武信ヶ岳も見える。まだずいぶん遠いなあ・・・。前国師から国師への尾根道はさらに雪が深い。

f0194599_23525896.jpg



15:00 国師ヶ岳 頂上着。

f0194599_23534094.jpg



ここからは広い尾根を北北東へと降下する。雪が深く膝で雪を蹴散らしながら重力を味方にして下る。傾斜が緩やかになってくると何故か雪が減って場所によっては土が見えてるところもある。国師のタルを越えて少しいったところで17:00をまわったので、適当な場所を探し、樹林帯の中の鞍部にテントを張った。

f0194599_23541589.jpg



この日の食事当番はヅメ。メニューは豚汁。家で仕込んで煮詰めたものを湯で戻して食べた。う~ん、やっぱり冬は鍋!!酒も進む、といいたいところだが、前日飲みすぎたので反省して、いやそうではなくて、酒の蓄えが少ないのでやむをえずほどほどにして、午前様になることなく早めに?寝た?かな?・・・・で、明日合流予定のイジルさんが恵比寿様の格好をして樽酒を担いで上がってくる夢を見た・・・・
[PR]
by mobydick67 | 2010-02-05 00:04 | 奥秩父:山歩きと備忘録 | Comments(0)
<< 冬の奥秩父縦走 ~その3~「恵... 冬の奥秩父縦走 ~その1~「不... >>